2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 「アイシールド21」第17巻 | トップページ | 大河「功名が辻」第5回 »

2006年2月 5日 (日)

大河「功名が辻」第4回(再)

何とか今日の本放送の前に見終わりました…。
なんやかんやありましたけれど、やっとこ山内夫婦の誕生です。そして六平太の静かな切なさが胸に刺さる回でした…。
 
「千代殿を、好いておりまする!!」…やーっと言えましたよこの男!!(笑)一豊様頑張った!!その場で聞いた瞬間の千代の表情が、驚きつつも心底嬉しそうでこちらも嬉しくなりましたね☆思えば本当紆余曲折な道のりでした…一豊様の気が利かないばっかりに(笑)。ようやく想いの通じ合った2人にほっと一安心です。…今度はちゃんと本人に向かって言ってあげて下さいね一豊様(笑)。
 
そうなると、人知れず辛い想いをしているのが六平太な訳でして…。千代をひっそり見守る事しか出来ない彼が、ほんの少しだけ見せた切なそうな表情はたまらなかったです…。
祝言に立ち合う事すら出来ず、じっと空を見上げる六平太…胸が締めつけられますね…。
これから彼はきっと、千代の幸せだけを願って傍に居続けるんだろうなぁ…。数少ないカットでしたが、存在感のあるシーンでした。
 
それにしても、ここ迄持ってきた半兵衛の尽力は凄まじいですね!!彼の後方支援あっての2人…つか、一豊様の告白だと思いますよ!!(笑)んーとにこの人、戦以外の事は誰かが背中を押す…どころか、蹴っ飛ばしてくれないとどうにも出来ない人なんですね…甲斐性ないなぁ(笑)。
まぁこれからは千代さんのバックアップがあるんで平気ですか…と思っていたら、予告見ると千代さんもドジっ子!?良妻の鑑とされる迄になるには、彼女もまだまだ一苦労ありそうです…。
 
そしてついについに…!!千代の持参金話が出てきましたね〜☆あの有名な逸話につながる伏線なだけに、どう描かれるか注目してたんですが。不破夫妻の温かな気遣いが伝わるほんわかエピソードで和みましたね。戦乱の中唯一無事だった嫁入り道具…という設定も、今後の展開へのスパイスになってくれそうで期待しています。
 
…もう1時間もすれば、続きが始まりますね(笑)。
この興奮そのままに、楽しみたいと思います!!

« 「アイシールド21」第17巻 | トップページ | 大河「功名が辻」第5回 »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、三味線屋です。TBもしました。

第4回も六平太、半兵衛ともに哀愁が伝わってきてよかったですね。祝言の日のふたりの心境を考えると切なさがつたわってくるいいシーンでした。

持参金の話は重要な伏線ですね。いいシーンでした。
それ以上に津川さんの髪の毛が気になり集中できませんでした(笑)。

三味線屋さん

こんばんは。
コメント&TBどうも有難うございます!!

第4回の六平太…本当哀愁漂ってましたね…。
ほんの僅かだけ目を伏せたシーンが本当切なくて…!!見ていて辛かったです。
秘めたる想いを胸に、これから千代をどう支えていってくれるのか…彼の男振りに期待したいです~。

津川さんの髪の毛…!!私も実は気になってました!!(笑)コントじゃないんだから、みたいな(笑)
私だけじゃなかったと分かってほっとしてます(笑)

それでは。ご来訪有難うございました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/619563

この記事へのトラックバック一覧です: 大河「功名が辻」第4回(再):

» 功名が辻 第4回『炎の中の抱擁』 [三味線屋始末帳]
功名が辻、第4回。 燃える稲葉山城で一豊と千代はついに永遠の愛を誓った。 そうきたか大河ドラマって感じのお話でした。 正月SP時代劇「風林火山」のときも似たようなことを書きましたが これは戦国時代ものというよりまさしく大河ドラマという感じでした。 もちろんいい意味でも悪い意味でもですが・・・。... [続きを読む]

« 「アイシールド21」第17巻 | トップページ | 大河「功名が辻」第5回 »