2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 「俊輔+10」&「デルピエロ+10」のCM!! | トップページ | 「八丁堀の七人」第6話 »

2006年2月20日 (月)

大河「功名が辻」第7回

大河「功名が辻」第7回。タイトルは「妻の覚悟」です。隠しタイトルは「六平太の隠密ファイル」です(ありませんそんなの)。
 
えぇもぅ、1週間待ち望んだ甲斐がありました!!忍びの六平太完全始動ですよ〜☆浅井側に組する立場ではありますが、波に乗る織田方の勢いを消させぬ為…と言うより千代の為(深読み)、小谷に従軍していた一豊への接触を図ります…!!
 
思えばこの2人、まともに言葉を交わす程のコンタクトってこれが初じゃあないですかね。予想通り事態が飲み込めず目をぱちくりさせる一豊様…全く分かり易いです(笑)。当然ですけどこの様子じゃあ、彼が半兵衛の庵にいた坊さんと同一人物だとは気付いてないでしょうねぇ…。
そんな彼には構わず、言うべき事だけを告げはたっといなくなる六平太。静かな身のこなし、天井裏で耳をそばだてる様子、お得意の変装…短い間に(六平太的)見所満載で大興奮でしたよ!!
これから本格的に一豊に接近していくんですかねぇ…暫くは千代の幸せを密かに願いつつ、ぶっちゃけ一豊本人はどうでも良い位の姿勢で接して欲しいです(だから深読みだっての)。
 
…あーと、話自体のメインはこちらではなく(笑)、タイトルに見られる戦国女性の信念を描いています。男衆が戦に出払い、留守を任されるは山内家2人の戦国妻…そんな彼女らの"覚悟"がテーマでした。
この話で、千代にも貫禄あるどっしりした構えが身についた様に見えますね。今迄も聡明さの片鱗は見せていたものの、まだどこか落ち着かぬ風であったので。どんなに手を尽くしてもどうにもならない悲劇を乗り越え、ラストで一豊らの出陣を見送る千代…徳次郎と共に、一回り成長した彼女を見た気がしました。
 
あ、そう言えば一豊様、於市様からの言伝はちゃあんと千代に伝えたんですかね?何だか慌ただしくて、コロッと忘れてそうなんですけど…。欲しいものは力押しで手に入れるジャイアンの様な於市様、雷落ちても知らんぞー(笑)。
 
於市様と言えば。長政との夫婦ぶり、回を重ねる毎に様になってる気がしますー。今回は長政の男気も見られ、芯の強い夫婦という印象を受けました。山内家とは全く異なる夫婦像…こちらも注目したいですね。
 
そしてー注目と言ったらお玉サン!!です!!細川忠興が目に入れても痛くない(何か違う…)、ガラシャ玉子の初登場です!!迷子になっていたちびっこお玉を千代が保護し、明智家迄送り届けてましたね。
成人するのはもう少し先かな…関ヶ原前の壮絶な見せ場を期待してます!!
更に光秀妻と一豊妻の接触が…共に良妻の鑑と賞される2人、ツーショットは何だか興味深かったですね。
 
来週は、一豊の武功の中でつとに有名なアノ話!!ですね!!
最近久々に持ち前の男振りが表に出てきた一豊様(失礼な!!)、荒々しい合戦模様を期待してます☆
そして久々家康登場…あぁ、すっかり忘れこちらの動きも見逃せないですねー。

« 「俊輔+10」&「デルピエロ+10」のCM!! | トップページ | 「八丁堀の七人」第6話 »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

>「六平太の隠密ファイル」
総集編で是非とも観てみたいですね。いっそのこと六さんを主人公にして金曜時代劇あたりで放送してほしいです!

>関ヶ原前の壮絶な見せ場を期待してます!!
成人した玉子は長谷川京子さんでしたっけ?どんな死に様をみせてくれるのでしょうか?そういえば、忠興は誰が演じるのでしょうか?

三味線屋さん

こんにちは!!
六さんの密偵模様、本当普通に時代劇の主役張れそうなカンジですよね~。毎週見られたら夢の様…。
正月の「新撰組!」土方外伝好評だったみたいですし…味を占めて今大河でもやってくれないでしょうかNHK…。

そう言えば忠興のキャストって未発表でしたね…。
玉子の長谷川さんは割と早めに出てましたが。やはり今回は「女性の大河」色が強いのでしょうか…。
こちらの夫婦ぶりも沢山描いてくれたらと思います~。

なると さん

こちらこそはじめまして。

非常に丁寧なコメント痛み入ります。
やはり、現代の親は私も含め、親としての自覚や覚悟が足りないなぁ・・
と、反省させられましたね。今回は。

いつもは半分、おちゃらけて大河を語っていたのですが、今回は正座して書きました(笑)。

来週は、影のうすい?家康登場ですか。
楽しみですね!

今後もよろしくお願いします。
また語り合いましょう!

「感動創造」様

こんにちは。ご来訪有難うございます!!
感動創造様の的確に的を射たご意見、本当に共感致しました…!!
確かに今回の大河の様なシーンって、「パパママ」ではイマイチ締まらない気がしますね。
「父上なんかおらぬ!!」の台詞でも、何だか親への隠れた敬意を感じさせる様な…言葉ひとつで内面迄感じ取れるって、何だか不思議ですね。

感動創造様のブログ、しっかりした考えをお持ちでとても納得させて貰いました…。
又お邪魔させて頂きますね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/770218

この記事へのトラックバック一覧です: 大河「功名が辻」第7回:

» 第7回「妻の覚悟」 [TOSUのブログ]
放送当日は、仕事の為録画予約をしていましたが、 帰ってから再生すると… めちゃくちゃ映りが悪いじゃないですかぁ どうしてだーーー 思わず停止して、現在の総合テレビをつけたのですが、何の変わりもなくきれいに映っているし… そんなため息交じりの、視聴で....... [続きを読む]

» 功名が辻 第7回『妻の覚悟』 [三味線屋始末帳]
一豊が出張中のため夫婦漫才はお休みの今回。 六さんが密偵らしさを発揮したのと細川藤孝が再登場、 浅井親子の微妙な関係もみれてなかなか面白かったです。 [続きを読む]

» 功名が辻第七回〜妻の覚悟〜父上・母上の呼び方を復活させよ! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
今回の大河は、真面目に語りたい [続きを読む]

« 「俊輔+10」&「デルピエロ+10」のCM!! | トップページ | 「八丁堀の七人」第6話 »