2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 大河「功名が辻」第8回 | トップページ | やっぱヒデさんて「ニッポンのお父さん」だよなぁ…@ボスニア戦 »

2006年2月27日 (月)

ミッチー龍馬見ました〜。

及川光博が坂本龍馬を演じるというTBSの噂の特番「歴史ミステリー 龍馬の黒幕」…ちゃっかり見てみました。のっけから龍馬がウィンクしてくれるという斬新な作り!!(笑)しかしまぁ思ってた程のキャラの浮きはなく…随所にミッチー独特のテンションを感じつつ、そこを龍馬のネアカさとさりげな〜くブレンドさせてる風でしたね。全てを達観した快活さを持つ龍馬というよりは、明るく純真で好奇心旺盛…といった龍馬像の様でした。
注目していた土佐弁も、結構バリバリ使ってましたね!!方言の出来不出来については地元の方に論議を譲るとしますが…。
全体の感想としては…ドラマじゃない分さほど気にはならなかった、て所ですかね。
 
内容はと言うと、まぁ良くある龍馬異説と言いますか…龍馬が諸藩の間を奔走した影には、外国人武器商人によるバックアップがあった…という説を軸に話を進めていました。何処の藩にも属さぬ下級武士の龍馬がどうやって諸候の信頼を得、遂には薩長同盟という革新的な出来事の立役者となったのか…この謎に迫る1つの説を紹介してましたね。
まぁ確かに階級を重んじる武士社会の事、龍馬には何かしらの後ろ盾があったと見るのが現実的なんでしょうけどね…。それでも個人的には、やっぱり龍馬自身の先見の明もあったんじゃないかなぁと思っております。つか、単なる一龍馬ファンとしての希望ですが(笑)。あののびのびしつつも1本芯の通った姿勢は、彼本来のものだと思ってますよー。でなきゃどんなに大物が裏にいたって、当時も今もここ迄人の心を動かしはしないと思うのです…。
真相はともかくも、やっぱり何にも縛られず自由に生きる姿…が、龍馬には似合う気がします。
 
最近は戦国時代にどっぷりではあるのですが(進行形)。こういうちょっとした事がきっかけで、歴史への興味って膨らんでゆくんですよねー。キリがない…でも苦ではない(病)。
実は龍馬って小説では余り触れた事ないんで…一寸今度探してみたいなぁと思いました。龍馬と中岡がカッコ良い話が良いなぁ(贅沢)。

« 大河「功名が辻」第8回 | トップページ | やっぱヒデさんて「ニッポンのお父さん」だよなぁ…@ボスニア戦 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/857149

この記事へのトラックバック一覧です: ミッチー龍馬見ました〜。:

« 大河「功名が辻」第8回 | トップページ | やっぱヒデさんて「ニッポンのお父さん」だよなぁ…@ボスニア戦 »