2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 大河「功名が辻」第10回(再) | トップページ | 1〜2月に読んだ本・買った本。 »

2006年3月25日 (土)

大河福島正則情報!!

今回の大河の舞台は戦国時代。個人的にかなり思い入れのある時代なので、ストーリーと並び登場人物の顔振れも密かな楽しみだったりしてます。
 
以前に福島正則が出るんだー!!と知り、思わず大はしゃぎした事がありましたが(過去記事はこちら)。
ネットサーフィンしてましたら、更に詳しくおいしい情報を目に致しました…!!
大河での福島正則の役所について、の記述みたいです。以下抜粋。

福島正則:嵐広也
秀吉の血縁にあたり、一豊よりも若い世代の武将。賤ヶ岳の戦いで七本槍の筆頭にあげられる活躍を見せ、論功行賞により禄高は一豊を上回り、一豊は出世競争の中で若い世代に抜かれて行く焦燥を覚える。秀吉亡き後、家康と三成を二つの極として政治地図が展開する中で、反三成派の急先鋒となり、その間に入った一豊が苦慮することとなる。

この役回り、原作ではどっちかゆーと加藤清正が担っていた気がしたんですよね(特に序盤)。要所要所で一豊と接触したり、言葉も交わしたりする中互いに敬意を払っている様子で。
大河では正則との話に軸が置かれるのかなぁ…。一寸想像してみると、正則の方が聞き分けなさそうなのでドラマ的には数倍盛り上がるのかもしれません(失礼な)。
もう少し秀吉が出世したら清正と共に登場しますかねー。楽しみです☆憎めない良い役に描かれてると良いな…。
 
そして上記の太字部分ですよ…!!「一豊が苦慮」ですって!!石田三成と福島正則の間で!!
どう頑張っても歩み寄り様のない(と言うより正則側に歩み寄る気がさらさらない)この2人…大河の温厚な一豊様の苦労が目に浮かぶ様ですよ(笑)。
小山会議で共に大きな影響を諸侯に与えた2人、と言う所と絡めて両者の関係を描くのでしょうか。まだ先の話でありますが、どうなるのか気になる所ですねー。
何となくですが、正則は一豊みたいなタイプ嫌いじゃないと思います。
一豊も、正則みたいなタイプ…悪気はない人なんだろうな、とは思いそうな気がします(微妙な言葉のニュアンス)。
 
ネタ元となったサイトはこちらなのです…が。ネタバレ要素が所々あるので、気になる方は心した方が良いかもしれません。
史実の人物はともかく、創作キャラの去就についても触れてしまってるってのは…良いんッスかねぇ…。

« 大河「功名が辻」第10回(再) | トップページ | 1〜2月に読んだ本・買った本。 »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/1162158

この記事へのトラックバック一覧です: 大河福島正則情報!!:

« 大河「功名が辻」第10回(再) | トップページ | 1〜2月に読んだ本・買った本。 »