2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 3月に読んだ本・買った本。 | トップページ | 「名奉行!大岡越前」第1話 »

2006年4月17日 (月)

大河「功名が辻」第15回

久々な気がする大河感想。前回は本当に、(再放送も含め)素で見逃してしまいまし、た…。
その為、見てない分話が食い違う所が出てしまうかもしれませんので、何卒ご容赦下さい…。

400石取りの身分となって、一豊も千代さんも自然と貫禄がついてきた様に思えましたねー。一寸前迄のおっかなびっくり事に接する姿勢が大分少なくなってきた気がします。
家臣も増え、屋敷も大きくなり…少しずつですが、2人の夢が近づいている様子が窺えました。

そんな山内家のこれ迄を支えてくれたひとりである祖父江新右衛門が、何と冒頭で隠居の許し乞いを…。原作よりも一足早く、第一線から退く意志を決めた様です。揺るがぬ気持ちを察した山内夫妻は快くそれを受け入れ…ますが同じく古参の後藤吉兵衛は、複雑な表情を隠し切れぬ様子でした…。

長らく苦楽を共にした同胞の隠居は、覚悟はしていても寂しさは募るもので。かく言う吉兵衛も体は衰え、説教は長くなり、耳も遠くなっている…。いずれ訪れる老いの境地を前にして、尚も毅然と立とうとする吉兵衛に哀愁を感じ切なくなりました…。
しかしまだまだ現役続行する気はマンマンで!!若武者達と口論しつつも、まだまだ元気な吉兵衛です!!少しでも長く、彼の長話が聞ける事を楽しみにしてますよ(笑)。

そしーて六平太!!ろくへーたがこんなにいっぱい!!これ迄草葉の陰や天井裏でお仕事していた六平太が、遂に食客として山内家に仕える事となりました!!
原作であった、山内夫婦2人きりで「六平太を雇っても良いんじゃない?」と話した途端畳の裏から姿を現すあのコミカルシーンもちょっぴり期待していたのですが、彼の登場シーンてんこもりだったので六平太ウォッチャー(笑)としては嬉しい限りの回でしたよ☆相変わらず千代さん大切にしてる所も見せてくれて、更に悦です♪

んな感じで何処か底知れぬ雰囲気漂う六平太ですが。こう見えて結構さっさと山内家臣団に馴染みつつある様です。
まずのっけに鉄砲の腕前を披露し、若い衆から一気に一目置かれる存在に。更に「お局様には気に入られとけ」ってな新人OLの基本通り(OLじゃねぇ)、年長格の吉兵衛を持ち上げる事にもぬかりはありません(…え?吉兵衛お局様?)。流石草の者…と言うべきか、気さくさすら感じさせる六平太の変わり身ぶりに目を見張る思いでした…。

そんな飄々とした抜け目ない六平太も、千代に対しては熱い気持ちを見せてくれます…。思えば初回の彼の様子からしても、実は結構心の中に激しいものを持っている男なのかも知れませんね。
「おれが一豊の盾になろう」という言葉は…千代への想いからなのは勿論ですが、一豊個人に対する好感も少しだけ垣間見える様な気がしました。一豊に家臣になる動機を問われた時言った「山内一豊という男に惚れたからだ」という理由も、あながち全く心にもない台詞ではなかったのかなぁ…と思ったりもしてます。

まぁこのままなら何事もなく話は進んでいくのでしょうが。現れちゃいましたよあの小りんが…。
やって来たのは当然一豊への執心からで、お陰で一豊様は1人ホラー映画をやる羽目に(笑)。あの一豊様の心は、もう動きそうにないよなぁ…これからどうするつもりなのか。
時に今回、六平太の小りんに接する姿勢が、何だかお兄ちゃんっぽく感じられたんですけど(笑)。無邪気な妹を窘めつつも最後は仕方ねーなーと折れちゃうカンジが…保護者チックに見えなくもないです。六平太がさばっとしてるからかな?

戦を知らせる法螺貝の音で幕を閉じた今週の大河。
次週タイトルは「長篠の悲劇」、です…。「悲劇」って…えぇえ!?

« 3月に読んだ本・買った本。 | トップページ | 「名奉行!大岡越前」第1話 »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/1434584

この記事へのトラックバック一覧です: 大河「功名が辻」第15回:

» 功名が辻 第15回 [ななさんにトラックバック(仮)]
大河ドラマの前にあったCM、 長谷部瞳さんが出演してますね。 {/shootingstar/}オープニング 戦国時代、妻は尊重されてたそうです。 ねねの反対により秀吉は政策を変更した ことがあるらしい。 淀君が家康に勝ってたら奥様天国?な 国になってたのか{/eq_1/}。 {/shootingstar/}本編 岩倉新衛門?が隠居します。 千代の相談相手になるとか。 鉄矢は今日も語るなぁ〜。 夜泣き{/ase/... [続きを読む]

« 3月に読んだ本・買った本。 | トップページ | 「名奉行!大岡越前」第1話 »