2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« サラリーマンNEO!! | トップページ | ヘアーバトン。 »

2006年4月22日 (土)

遂に入手!!『NHK時代劇の世界』

少し前の話になりますが、ようやっと念願の『NHK時代劇の世界』を入手する事が出来ました!!一時は発売延期の憂き目にもあいましたけれど…(過去記事はこちら)。
待ち望んでいた分期待も大きかった訳ですが、更にその上をいく充実した内容の本でした…。
 
先ずは驚きました、本当に全ページカラーで…!!歴代作品リストなんかは白黒でまとまってんのかな〜と思ってましたら、いやぁ〜カラー写真で拝めるとは!!写真に大小の差はあれど、過去作品への興味も本購入の動機だった私としてはウハウハでした☆
是非作品見てみたいと思ったのも色々ありましたねぇ…これを機に、再放送かDVD化してくれんかな。
密かに時代劇化希望してた『本所しぐれ町物語』が、既に放送されてたとは知りませんでした…。2001年って最近じゃん!!不覚だ…。
清兵衛さんが石倉三郎って所に、予想外故の興味を感じて期待してたり。どんなだったのか気になるー。明らかに、"八丁堀"の磯貝さんとは違うんだろうな(笑)。
 
こうやって作品の変遷を見ていくと、その方向性の変化も窺い知れて興味深いものが。
昔は鞍馬天狗の様な怪傑ものや捕物話の様に、見終えた後スカッとする作品が目立ちますよねー。善悪や明暗の差がくっきり分かり易く、故に「痛快」な印象を与えてくれる内容が多い様にも。
対して今は、より誠実派・人情派になっている感じが…。己の信念を曲げず、器用でなくても真っ直ぐに生きる姿や、じわっと胸に染みる人のあたたかさ…を感じさせる作品が増えてきた気がします。時代の求めるものが反映されてるんだろうなー。どちらにもそれぞれ違う魅力を感じるのが面白い。
 
で、最大の見所であろう豪華企画が、「ペリー荻野 トーク7番勝負!」。聞き覚えのある語呂(笑)の企画に協力してくれたは、NHK時代劇への貢献度も高い7名様〜。
登場順に高橋英樹、内野聖陽、上川隆也、沢口靖子、内藤剛志、村上宏明、仲代達矢…。書き並べただけでも、広く役者としてその能力を高く評価されている方々ばかりでドキドキ。7人7様の興味深い裏話が聞けました〜。
 
その中で、個人的に面白かった話を2つ程。
まずは上川隆也さん…今は何と言っても、大河「功名が辻」話がタイムリーな役者さんですよね。インタビューでもやはり話題は、大河撮影現場でのあれこれへと。
で、千代役の仲間由紀恵さんとの共演についてご本人が仰るには…何と何と彼女とのシーンは、ほぼ1発OKでやってきてるらしいんですね〜。他の出演者さんとは細々打ち合わせを重ねるそうなんですが、仲間さんとのシーンだけはお互いそれっ!!とやって見せた形がそのまま上手く機能していくという。
上川さん本人も「不思議な関係」と表現されてる通り、きっと無意識にウマが合うんでしょうね。大河本編で山内夫妻から感じる人間らしい立体感は、お2人のこういう関係が伝わってくるからかな〜ともふと思ったり。
 
それから内野聖陽さん。の、このやりとり。

ペリー どうも風の噂によると、来年あたり、またまた時代劇に挑戦されるようですが(笑)。
内野 ああ、どうもそうみたいですね(笑)。 
[本文より抜粋]

…始めコレ読んだ時は、「ふ〜ん又NHK時代劇やるんだー…しかし、"(笑)"の意味は何だ?」程度にしか感じなかったのですが。…のです、がー!!アレですよコレって来年のあのアレの事だったんですよね…!!(過去記事はこちら)これ読んだ後メディアの発表聞いて、ようやっと真意が分かりました…!!(遅)
来年大河の山本勘助…本当今から楽しみです。NHK時代劇では「蝉しぐれ」「秘太刀 馬の骨」にて主演され、内容も人物像も全く異なる2作品を見事演じ分けた御方であるだけに…より一層期待が高まりますね。 
 
A4版というデカ版な上、全Pカラーでお値段何と\980(昼間の通販か)。色々な贔屓目を抜きにしても、結構良心的な価格なんじゃないですかね…。
普段TV関係の特集本は滅多に買わないのですが、コレは取り寄せて迄入手した甲斐あったなーと思えるボリュームでした!!

『NHK時代劇の世界』 書籍情報はこちら→アマゾン bk1

« サラリーマンNEO!! | トップページ | ヘアーバトン。 »

「時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/1500671

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に入手!!『NHK時代劇の世界』:

« サラリーマンNEO!! | トップページ | ヘアーバトン。 »