2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« デスノ実写映画!!のキャスト。 | トップページ | 取り急ぎ本能寺感想。 »

2006年6月 8日 (木)

やっと見ました背負い富士!!

先週見逃しちゃったんです…。今週こそは!!と密かな決意を胸に…見てみました。
明るく笑って泣ける、なかなか素敵な仁侠記ですね!!

原作の『背負い富士』は割と次郎長の人情エピソードに的を絞った作風であったので(だから最後になって思い出した様に黒駒の勝蔵がお目見えしたりとかも…)、そのイメージだとオムニバス形式でおくる次郎長一家の人情劇になるのかなーと思ってたのですが。結構がっちり彼の生き様を辿ってくれるみたいですね…。
子役(青年期もか)で1話まるまる使ったのは、蝉しぐれ以降あまりなかった様にも感じます(失念してたらゴメンナサイ)。結構気合い入れて次郎長の生涯を描いてくれるのかも。

話の方も、世間一般に知られる次郎長物語がベースみたいで。まだまだ若くてヘマばっかりの次郎長を、中村雅俊さんがコミカルに演じてくれてます!!
大物になるだけの器は備えてるんだけど、如何せんそこに詰まった色々なものを使い分ける力量がまだないんですよねー。かっとなりゃ手も足も出るし、後先考えず行動して後々後悔する事もしばしば。それが彼の生きる世界すらも変えてしまうのですが…。
そんな荒波に揉まれ、傷付き後悔を重ね、そこからひとつずつ何かを得ては前に進んで…やがては東海一の大親分へと名を馳せていくのですね。
只修羅場をくぐり抜けた数の問題だけではなく、その中で学び取った事を教訓として次のステップを踏み出していったのが、人間的にも箔のある男と名高い次郎長の原点である様に思います。

後さりげにツボだったのが、EDのちびまたたび4人衆(笑)。もこもこ歩く姿がかわいいよ!!うわぁ和む〜。

今回見た印象では、明るいタッチで描かれる成長物語に割と好感を抱いておりますー。中村さんの雰囲気はまだ「頼れるアニキ」の域を出ていないので、当代一の大親分としてのイメージにはまだ何とも言えない所もありますけれど…。とにかく元気な世界観が気に入った!!
来週以降もぽつぽつ見ていきたいなーと思ってます☆石松も…早く成長して暴れまくってくれー!!

« デスノ実写映画!!のキャスト。 | トップページ | 取り急ぎ本能寺感想。 »

「時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/2133973

この記事へのトラックバック一覧です: やっと見ました背負い富士!!:

« デスノ実写映画!!のキャスト。 | トップページ | 取り急ぎ本能寺感想。 »