2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 大河「功名が辻」第26回(今更) | トップページ | チェルシーはA・コール狙いですか…? »

2006年7月25日 (火)

あ、桃太郎侍…

…なぁ〜んとはなしに、TVつけてましたら今日が初回だったんですね、桃太郎侍…。気にはしてたもののすっかりノーチェックだったモンで(汗)、偶然に助けられた形で初回を観賞する事となりました。

…うん、放送前主演の高嶋政宏さんは「旧作とは全く別物、と受け止めて頂きたい」と仰ってましたが…成程その方が賢明なんでしょうね(爆)。気にしていたのはなんと言っても「高嶋版」桃太郎だったワケなんですが、いざ始まったら気になったのはゲーム音楽風味なBGMの方でした(笑)。モダンに軽快なタッチを意識したのか…スーファミ時代のRPGで、良くボス戦の時こういう音楽流れてた気がしますよ(笑)。普段の語り口は割と現代語調なのに、キメシーンでだけ古風な言い回しなんもちょいぎくしゃくしてたかなぁ〜。

ま、こんな些細な点にこそ引っかかってはしまいましたが。時代劇としては、なかなか楽しませてくれる要素が盛り込まれていると思います。周囲のキャラ立ちもしっかりしてましたし、背景の事情も人物達が自分からあれこれ喋ってくれたんでよぉく飲み込めました(爆)。そして肝心のシナリオの方も!!王道パターンなれどそこにある魅せ所でちゃんと人物描写を怠ってなかった感じで、そこは結構良かったんじゃないですかね〜。新生桃太郎だからってんで、妙な色気を出さなかった辺りには好感触。
前述したキャラ1人の語りで物語がするする進んでいく都合の良さは…ありますものの。八丁堀や大岡越前の様に「ノルマ」が謎解きという訳ではないので、まあまあアリの範疇なのではないでしょうか。

何だかんだで高嶋さんの「桃太郎」姿に馴染む迄には、いくらか時間が必要そうですが。のっけではなかなかのニートぶりを見せてくれまして(笑)、気持ちの程は伺えます。もう少し回を重ねれば…あの肩に力入った感じも取れるのかな、少しは。

中村雅俊さんの次郎長も大して馴染めないままキャラと展開の面白さで結構見ちゃってるんで(でも最近は科捜研に心奪われがち…)、こちらも暫くはチャンネル合わせそうな予感です。取り合えず次回は話が面白そうなんで見てみますですよ。
…感想書くかは別ですけど、ね(笑)。

« 大河「功名が辻」第26回(今更) | トップページ | チェルシーはA・コール狙いですか…? »

「時代劇」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。
気になりましたよね、あのBGM(^^;
お約束の展開があるのは好きなので、
また見ると思います。
何でも、慣れ、ですよね(笑)

つと様

ご来訪有難うございます~。甲子園遂に開幕しましたね!!私も見てましたが応援校は残念ながら敗退してしまいました…。

BGM、不思議な感じでしたよね(汗)。随分時代劇離れしていたので何だか耳についてしまいました…。
いつかは…慣れるんですよね、きっと。慣れます…よね(願望)。

私も話自体はお馴染みの要素満載で楽しかったので、又見てみようかなぁ~と思ってます☆
何気にヒロミの立ち位置がオイシそうで気になっていたりします(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/2801654

この記事へのトラックバック一覧です: あ、桃太郎侍…:

« 大河「功名が辻」第26回(今更) | トップページ | チェルシーはA・コール狙いですか…? »