2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« やっぱりロナウドは泣いちゃいましたね… | トップページ | 3位決定戦:ドイツ×ポルトガル!! »

2006年7月 9日 (日)

ドイツW杯 公式ソング

早いもので、熱狂の渦に包まれたドイツW杯もあと2試合を残すのみとなりました。
そんな差し迫った時期ではありますが、今大会の公式ソングの話を。

実は各局の気合い満々のタイアップ曲を差し置いて、一番胸に響いているのがこのオフィシャルソングだったりしてます。
私、スポーツイベント系の応援ソングは、適度な緊張感のある曲調が好きなんですね。最近のだとアテネ五輪の「栄光の架橋」(ゆず)が大ヒットで。後トリノで使われた平原綾香の歌(ごめんなさいタイトルど忘れ…)も、聴いていく内に透明感ある壮大さが心地よく感じられて好きになりました。
その意味で、今大会の公式ソングは非常に私の琴線に触れるメロディを持っていたのです。

先ずは静かな出だし、しかし歌詞には曲全体の核となるメッセージ性が既に表れていて。それからサビのステレオコーラスで盛り上がり、もう一度静寂を取り戻して…そこで最初と同じメッセージを、力強く伝える。「夢」を持ち続ける事…。
その後ラスト迄一気にサビで駆け抜ける流れに、とても激しくて爽快な躍動感が感じられて。聴く度胸が高鳴るのを覚えます。
コーラスとヴォーカルの重なり方が、又心地よい盛り上がり方なんですよね。勢いに溢れてる中、何処か凛としていると言うか…まっすぐに「夢」追う者達へのリスペクトが感じられて、引き締まるものを感じます。
お祭り騒ぎを思わすはじけ方と、張り詰めた世界を思わす緊迫感が同居している様な曲。この交わり方がたまらなく好きです。

正直な話、今回各TV曲が打ち出した応援ソングにはあまりグッとくるのがなかったのですが…(TOKIOのやミスチルのは結構好きでしたけどね…後スパサカで使われてたGLAYのも)。この公式ソングは本当お気に入りです。いそいそとCD買いに行っちゃいました(笑)。

タイトルは「Celebrate the Day」。同じものがひとつとしてないそれぞれの「戦い」を讃えている様な、良いフレーズですね。
祖国に歴史的瞬間をもたらした日、亡き友に捧げた歓喜の日、そして栄冠を目指し互いの全てをぶつけ合った日…我々はそれらどの「日」を胸に刻み、思いを馳せるのか。全ての「日」が出揃う瞬間は、もうそこ迄来ています。
 
 
この曲も収録されているCDはこちら↓
 


Various Artists / Bmg TV(2006/06/05)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

« やっぱりロナウドは泣いちゃいましたね… | トップページ | 3位決定戦:ドイツ×ポルトガル!! »

「サッカー」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/2561688

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツW杯 公式ソング:

« やっぱりロナウドは泣いちゃいましたね… | トップページ | 3位決定戦:ドイツ×ポルトガル!! »