2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« チェルシー開幕戦・監督ウォッチング | トップページ | 「瞬き」/つばき »

2006年8月24日 (木)

米ドラマ「SUPERNATURAL」第1話

シェアブログiceblueに投稿
先日ここでも話題として取り上げた米ドラマ「SUPERNATURAL」。(過去記事はこちら)
あれから地味に各所で検索かけてみた所、最近DVD化された洋画「ファイアーウォール」の中に、第1話が収録されている事を知りました。

借りてきちゃいました(はぁと)。

…スミマセン完全に目当てはドラマの方だったでス…(汗)。10月迄なんて待ち切れないですし!!それに何よりホラー・怪奇系かなり苦手な私が、果たして兄弟へのキャラ愛で何処迄耐え得るだろうか、というのも早めに知っておきたかったのでした(超正直)。

で、第1話見ての感想。いやぁ〜なかなか興味深い展開で、一寸先が気になっちゃいましたよ!!確かに悪霊ド迫力だったり、時折血糊がお目見えしたり、神出鬼没な怨霊に心臓バクバクだったり…もあるにはありましたけど。少なくとも1話ではそれらの出現はそう唐突でもなかったので、心の準備万端で臨む事が出来ました。
ドラマなのもあってか、それ程恐怖描写が細かくなかったのも助かりましたかねー。何より、家の旧式TVが暗部を殆ど再現してくれない為肝心の怖そうな部分は良く見えずに済みました(意味ない)。
それと、観賞時間を夜8〜9時にしたのは我乍ら賢明でしたね(笑)。最初夜中の12時とか考えてたもんな…良かった寝られなくなる所だった…。

この回は、全ての発端となった「母の怪死」から始まります…。
弟サムが産まれて間もないある夜、兄弟の母が突如天井に張りつけにされ炎上する…という、謎の死に見舞われます。不可解な現象を解き明かさんと彼らの父は悪霊ハンターとなる道を選び、幼き兄弟もその手ほどきを受けるのでした。
そして事件から22年後…弟サムはごく普通の大学生として、穏やかな日々を送っておりましたが。ある夜突然、長らく疎遠になっていた兄ディーンが彼の前に現れて、「親父が行方不明だ」と…。平凡で平和な人生を望んでいた弟でしたが、未だ怪奇現象を「狩る」仕事を続けていた父の失踪、生来自分に頭を下げた事のない兄のたっての頼み…を前にして断り切る事は難しく、不承不承乍ら父の足取りを追う兄に同行するのでした…。

やっぱり兄弟の名迷コンビぶりは良かったでス!!手がかりを見いだすや何処からともなく溢れ出る自信を頼りにばんばん動き出す兄と、適当にほったらかしつつあんまり行き過ぎそうな時には兄へのどつきも侍さぬツッコミ屋弟!!たぁのしいですよ〜☆
怪奇現象がテーマの作品なので随所に息詰まる不気味さが出てくるのですが、適当なタイミングで兄弟の名珍場面に切り替わるので、全体通しリラックスした状態で見る事が出来ました。
典型的な"頭より先に手足が動く"型の兄ですが、これでも弟の聡明な頭脳をかなり当てにしているのですよ!!「お前の力が必要だ」と信頼をおいているのですよ!!その想いを背に受け、いくつかの関連ピースが揃い始め弟の頭脳が動き出そうとした矢先!!に兄はポリスに連行♪(…)さぁさ、これからどんな名珍(特に珍)シーンを見せてくれるんでしょねー、この2人。

しかし所で、主に兄の担当と耳にしていた、女性とのロマンス方面についてですが。今回見てる限りだと、寧ろ弟の方に縁がありそうな感じでしたが?(笑)普通に彼女もいたし…。
物腰柔らかな弟ですし、結構絵になりますよねー。
この先(恐らく)出てくる兄の時は、何処迄サマになってくれるのか…今回の兄を見てる限りは、何とも言い難いですが(滅)。やはり女っ気はスパイスとして適度に欲しい所なので、そちらも楽しい展開あるのを期待してます☆(期待の仕方がズレている…?)

父を、そして兄弟をこの道に引き込む引き金となった、母の変死。
父と兄は、正に目の前で最愛の妻・母の身体が炎に包まれる様を目撃する事となったのですが…弟はまだ歩く事もままならぬ赤ん坊であった為、母の悲劇については全く記憶にないんですね。だから話で聞いて知ってはいても、頭で「悲しさ」と判断している感じで。実感が湧くのどうのと言うより、何だか遠い世界の出来事の様に捉えている節があった様です。
この兄弟の微妙な「実感」の差異が、やがて兄は父と共に悪霊狩りの世界に足を踏み入れる事を決め、弟は普通の暮らしを求め大学進学の道を選ぶ…という選択に現れたのではないかと。
更に兄には、母と共に業火に包まれた我が家から、幼き弟を抱えて逃げた記憶も残っている訳で。その弟の口から弾みとはいえ父を「死んだ人間は戻ってこないのにこんな事…」と言う言葉が出た時…凄く怒ってましたけど、凄く淋しそうにも見えたんですよねぇ。
仕方のない事だとは承知で、又そう思える事が弟の望む「平穏」な人生に繋がるであろう事は、勿論承知で。でも何か、淋しいなぁ…という気持ち。一寸したいざこざのシーンで兄のそんな雰囲気を少し感じたりもしたので、ちょっぴりその姿が切なく思えました。
でも何だかんだで弟も…素直で良い子ですよね〜♪兄もちゃんと分かってて、喧嘩の後はからっといつも通り、って対応がとっても優しかったです!!色々危なっかしいけどやっぱり頼れるあんちゃんだなぁ!!

…あら、気付けば兄の話ばっかりしてましたよ。えーえーそーですよ兄好きですもんねー私(開き直り)。
DVDセル&レンタルは、10/20開始…です。自分メモも兼ねて、ここに書き留めておきます…。

« チェルシー開幕戦・監督ウォッチング | トップページ | 「瞬き」/つばき »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/3186355

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドラマ「SUPERNATURAL」第1話:

« チェルシー開幕戦・監督ウォッチング | トップページ | 「瞬き」/つばき »