2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 坂東眞砂子著『善魂宿』 | トップページ | 大河「功名が辻」第35回 »

2006年9月 3日 (日)

4月(…)に読んだ本・買った本

鬼も呆れて笑う気失せる半年前の話ですよ。思えば月単位で無節操読書録をまとめてみようかな、と思い立ち…すっかり3月で止まってました(汗)。たまったもんだー。
今更月毎にまとめてもなぁ、どうしよう…とは思いましたが。一括するとなると一寸ガサはるハンパな量たまっちゃったんで、遅れながらも順繰りに…やっていこうと思います。
お暇で気が向いた時にでもお付き合い頂ければ、と…。相変わらず閲覧者様に優しくない長文ブログでスミマセン(汗)。

んでは、まず4月期の読み終えた本から。一段下がった段落(引用形段落使用)が、個人的ひとこと感想です。

●藤沢周平著『消えた女 彫師伊之助捕物覚え』 新潮文庫 書籍情報:アマゾン bk1

実は藤沢周平のシリーズものではダントツで好きだったりしてます!!全3作…もっと見てみたかったな…。こちらはその1作目。
元岡っ引きの伊之助が、かつて世話になった老人に行方知れずの娘の捜索を頼まれ手がかりを追う…という、中編位の?ミステリ話です。
大江戸ハードボイルド…と銘打たれてはいますが、さして気負う事なく、通常の捕物ミステリとして楽しめる作りだと思いますね。主人公伊之助は確かに独りの孤独な捜査を続けていくのですが、彼を突き動かしている「情」が…要所要所で薄暗い作品展開に「色」を添えていて、最後迄引き込まれる流れになっています。個人的には全3作品中、この効果は今作が一番上手いと思う。
ミステリ要素も結構びっくり…ですよ!!掴めそうで遠のいていく、じりじりもどかしげな展開が飽きさせないです。その表現方法が又、何度読み返しても溜息が出る秀逸さ…。
いずれ長文で感想書きたいです…(私的メモ)。つか、金曜時代劇あたりでやってくれないかしら。

●坂東眞砂子著『善魂宿』 新潮文庫 書籍情報:アマゾン bk1

…この方が猟奇と官能の世界を生業にしている、と知ったのはこれを読んだ後でした…(汗)。あたたかそうなタイトルとは裏腹に、中身はおどろおどろしい迄の人間の「生」と「性」に満ち溢れていましたよ…。
あまりに本能的で、ぞっとする描写なのですけど…同時に目が逸らせないなにがしかの迫力めいたものが伝わってもきます。
人間の生暖かい息遣いが伝わってくる様な、そういう生々しさのある作品。

更に詳しく語った長文感想はこちら

●司馬遼太郎著『功名が辻(三)』 文春文庫 書籍情報:アマゾン bk1

朝鮮出兵、秀次の失墜、秀吉の死と家康の台頭…。目まぐるしく起こる情勢とその中での山内夫妻の立ち回りが、とにかくばばばばーっと勢いに乗せて描かれています。
年月が経った分、夫婦共々落ち着きが増してきた為か…際だった夫婦クローズアップの場面は少なく、より歴史サイドに重きを置いた展開になってますかね。
その中でちょちょっと両者、見せ場も作ってます。関ヶ原前の一豊は名演説だったんじゃないかな~。大河での演出が楽しみだ!!
因みに六平太も漸く再登場ー。色々魔が差しちゃってます(意味深)。

●内田康夫著『幸福の手紙』 新潮文庫 書籍情報:アマゾン bk1

浅見光彦シリーズのひとつ。名前だけは聞いた事あるシリーズで興味持ってたので、本屋でふと思い立ち購入&読了致しました。どれが第1作か分からなかったので、適当にフィーリングで1冊選んでみました(又か)。
中身はまぁ、こういう作風のシリーズなんだ~…と感じ取れたって位の印象でしたかね。主人公・浅見光彦の人となりを知っていると更に楽しめるであろう、割かし読み易い普通のいちミステリの様でした。
しかしタイトルの意味が分かる作中のシーンは良かったです。哀しい結果でしたけど、この気持ちは綺麗でしたね。
この後見つけたシリーズ第1作『後鳥羽伝説殺人事件』は良かったです!!光彦さんの人物像もかなり良く伝わりますし!! 

 
…他、買った本。こちらは羅列のみでー。

◆佐々木譲著『天下城(上・下)』 新潮社
     …黒頭巾でハマった佐々木譲ー。
『時代小説 読切御免 第一巻』 新潮文庫
     …購入後意外と手が伸びない…。
◆諸田玲子著『お鳥見女房』 新潮文庫
     …読了!!オススメッス☆長文感想はココ
◆藤沢周平著『橋ものがたり』 新潮文庫
     …読了。珠玉の連作集でした…。
◆宇江佐真理著『あやめ横町の人々』 講談社文庫
◆遠藤周作著『日本紀行 「埋もれた古城」と「切支丹の里」』 知恵の森文庫
◆東ゆみこ監修/造事務所著『「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス、アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで』 PHP文庫
     …簡潔な紹介文と美麗イラストで取っつき易いです♪

さ、4月がようやっと終了です。後は5、6、7…(指折り数えつつ)。
感想書くのにえっらく時間かかってしまうからいかんのでしょうね…。や~好きな作品程表現するのが難しいッス。

« 坂東眞砂子著『善魂宿』 | トップページ | 大河「功名が辻」第35回 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/3304424

この記事へのトラックバック一覧です: 4月(…)に読んだ本・買った本:

« 坂東眞砂子著『善魂宿』 | トップページ | 大河「功名が辻」第35回 »