2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 「相棒」が遂にDVD化!! | トップページ | カウンタ設置 »

2006年9月 2日 (土)

難易度の高い曲:「You're Beautiful」/James Blunt

ふっ…と、思い立ったネタです。カラオケ等で意気揚々と歌うぞ!!と意気込んでは見たものの、予想以上に表現が難しくてあららら?と首を傾げた曲達を勝手に選考していこうというこの企画。
とか言っておいて、別にこの後のネタストックがある訳ではないですけどネ(沈…)。気まぐれっす、ハイ。

んで、一応第1回…のお題は。確か春先…辺りに大ブレイク起こったjames bluntの代表作、「You're Beautiful」で。むっずかしかったのです…惨敗。

耳に切なく残る旋律。情景が目に浮かぶ叙情的歌詞。
聴いていくらもしない内に、他の名曲達と同様「絶対今度歌おう!!」との気持ち高まる素敵バラードでありましたー。
結構流れもスムースだし、忙しくないしで、一寸歌詞さえ乗せられれば直に歌える様になる、と高を括ってたんですね。

しかーし、です。なかなか自分の思う様に表現出来ない…。
確かに歌詞を音楽に乗せるのはそう難解でないのです。だけど何度合わせても、あの情感が表せなくて…。声がぺたーんとなってしまい、導入部からの奥行きある心理表現には程遠い出来…にしかならないのでした…。哀。

何気なく淡々と歌っている様に思ってたのですけど、実はその中で静かな感情の機微を紡いでいたのですよね…。視点を変えて再聴してみると、声質も含め思いもよらなかった彼の味の複雑さが感じられて、いやはや奥深いです。
聴いた時の心理状況とか、後年月の流れによっても、受け止め方が変わってくる味かもしれませんね。そういう意味では聴き込み甲斐ありそうな…少し間を置いて、又聴いてみたくなりました。

後ね、やっぱこの感情↓

『I will never be with you』

コレ、多分実感した事ないと綺麗に表現出来ないんだろうなぁ~(泣笑)。

全体の中で、非常に胸に響くフレーズです。ラスト2行の詞は絶品ですよ…。

因みにこの部分、購入したCDについてた邦訳『君と付き合うことができないなんて』(木村麗子訳)という表現とは、私の感じたイメージは少し違ったのですがね…。もっとwillには自己の「意志」としての部分が表れている様に感じたのですが。
かつて心通わせた相手の姿を雑踏の中で見つけ、変わらぬ輝きに一瞬目を奪われ…でもどうして良いかは分からなくて。何故なら『I will never be with you』。ここがwillであった所に諦めとは又違う、何処か自らに言い聞かせ気味でもある彼なりの「決意」を感じられる気もするのですけど。どうなんでしょ。

んなワケで初回にふさわしく(?)、見事に手の届かぬハイレヴェルな楽曲へ捧ぐ「負け犬の遠吠え」でありました…。えぇもう歌い込みの段階で打ちひしがれたのでカラオケデヴューの夢は泡と消え去りましたよ!!(涙々)
オトナの音楽って、易くはないんだなぁ…。玉砕。 
 
 
 
※文中『』内はJames Blunt「You're Beautiful」、並びに木村麗子氏の対訳より抜粋しました。

« 「相棒」が遂にDVD化!! | トップページ | カウンタ設置 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/3288889

この記事へのトラックバック一覧です: 難易度の高い曲:「You're Beautiful」/James Blunt:

« 「相棒」が遂にDVD化!! | トップページ | カウンタ設置 »