2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« よーうやく今期初「相棒」…!! | トップページ | 今度のテレ朝時代劇は… »

2006年10月27日 (金)

慶次郎縁側日記3 第3話

今日は北海道でのラストゲーム…もしかしたら悲願の日本一を達成出来るかもしれない試合…。
で、8時になりました。
 
慶次郎始まるなぁ…チャンネル回そうかな…。試合は手に汗握る好展開だけど、小心な自分にはドキドキが強過ぎるのもあるし…。
結局は先週見逃しちゃったので今日こそ!!との思いもあり。8時を10分位回ってからNHK時代劇へ路線変更しました。
終わってから再度野球に戻し、歓喜の瞬間には間にあったのですけどー。あのままチャンネル変えずに見ていたら、もっと違った感動があったのかもとも思いましたね。
 
 
そんな「もっと違った『何か』があったのかも」という思いが、今宵の慶次郎のテーマです。勿論ドラマはこんなみみっちい世界の話じゃありませんでしたけどね(当たり前)。
 
 
今回のメインは、慶次郎にとって女房にも等しい(!??)佐七の話。
いつもろくに身の回りの事が出来ない慶次郎を、あれやこれやと世話しているのがこの佐七なのですが…そんな日々が嫌になり、1日暇を貰って街に出ます。なぁんかこの辺の心境、古女房のリアルに近いよなぁ(笑)。
何処へ行くでもなくふらふらしていた先で、ふと出会った老いた女郎3姉妹。慣れない女郎遊び(一応ね)に色々へまをしつつも、自然と互いに意気投合していきます。
その内に姉妹がぽつりと洩らした身の上話、「本当は私ら"4人"だったんだよ…」こうして過去に思いを馳せる内、佐七と姉妹達は夢の様に浮かれた、夢の様に儚いひとときへ身を投じてゆくのです…。
 
 
3姉妹の長女(確か)を演じてらしたのは、淡路恵子さん。偶然にも先週末「茂七の事件簿 新ふしぎ草紙」をビデオ引っぱりだして見ていた私は…思わず高橋英樹さんとのコラボを密かに期待してしまいましたが!!今回関わったのは完全に佐七の方でしたね〜。
ともかく彼女を筆頭に、長い人生を歩んで老境に差し掛かった人々の悲哀がひしひしと伝わってきました。
 
女郎に身をやつす事となる少女時代の決意、末妹の悲劇、そして復讐…。順に振り返りからからと笑う彼女達からは、奥にしまった暗く湿った世界も見えてしまった気がします。
それでも日々を必死で、只必死で生きてきた彼女達。これみよがしな苦労話はしませんでしたが、その乾いた笑いから歩んだ道の壮絶さが伝わってくる感じがしましたね。
 
 
そんな彼女達が夢見る、「あっち側」の世界…。遠く海の向こう岸か、更に果てか。何があるかは分からない、けれど「何か」が、あるかもしれない世界…。
考えても詮ない事とは知った上で。姉妹達は、そして佐七も、姿すら見えぬ「あっち側」の世界へ憧れを募らせるのです…。
 
 
けれどやっぱり、そんな桃源郷の様な「あっち側」の世界なんて…存在しないんですよね。
違う場所で暮らせば、違う人達と出会えて…当然歩む人生も違ってくる。振り返る人生の長短を別にして、それぞれの岐路ですれ違った「あっち側」の世界を、つい思い描いてしまう事は少なくないと思います。
 
だけどその先にあるもの。それはやっぱり…別の誰かに出会って、別の困難を乗り越えて、生きていく自分。
そして人と人を比べる事が出来ない様に、どちらの出会いが有益か、どちらの人生が幸福か…なんて事も、比べる事は出来ないんですよね。土台が違う世界なのだから、比べ様がない。
何処で生きても、それが「人」である限りは、苦楽の差なんてたかが知れてる。海を見つめて、「向こうから見れば、私達が『あっち側』なんだよ」と呟いた長女の言葉は…胸の奥に沈む様な余韻を残しましたね。
 
 
それでも憧れの「あっち側」を追い求める者、幻想を振り捨てて今歩む人生に向き直る者…。最後は両者の選択を、切なさを交えて描いていました。
 
 
第1話の様に突き刺さる苦悩とは又違い。じわりじわりと浸食される様な憂いが伝わる話でしたね。
改めて感じたのは、この作品は「生きる」姿をどんな場面でも描こうとしているんだなぁ…という事。次はどういった「生きる」様を伝えてくれるのか。興味は尽きないです。

« よーうやく今期初「相棒」…!! | トップページ | 今度のテレ朝時代劇は… »

「時代劇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、おいらのブログにもコメントいただいたので、遊びに来ました。

「佐七=慶次郎の女房」、って。
確かにそうですね。

なるとさん書かれているように、「あっち側」ってのに、じ~んと、きてしました。

ヤスオウ様

こんばんは。
ご来訪有難うございますー。

「あっち側」の世界…頭の中では虚しい逃避と分かっていながら、それでもきらきらした瞳で向こう岸を見つめる三姉妹が切なかったですよねぇ。
人生ってのに逃げも隠れもしていないんだな、って爽やかさを感じて、瞳が潤んでしまいました。
本当に毎回内容が濃くて、1週間の楽しみになってます~。

あ、お返事で頂いた斬九郎の話!!好きですよ~☆
私も飛び飛びにしか観ていないので、先月の専門チャンネルをいそいそと…。BSフジは観られないのですが、やってるんですか!!くう…っ。
又渡辺謙さんの時代劇も観たいですねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/3968439

この記事へのトラックバック一覧です: 慶次郎縁側日記3 第3話:

« よーうやく今期初「相棒」…!! | トップページ | 今度のテレ朝時代劇は… »