2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 取り急ぎ福島正則(大河)感想。 | トップページ | 感想めも。[11/4追記] »

2006年10月31日 (火)

司馬遼太郎の「功名が辻」読んでたら

何か無性に「関ヶ原」読みたくなってきたなぁ…。
 
 
丁度読んでるのがその辺り、ってのも大いに手伝ってまして。ふと読みかけだった「関ヶ原」を、今度は読破したいと思ったのですー。
 
まだ上巻しか読んでないですが、面白いのですよ。関ヶ原。
島左近が先ずとにかくカッコイイ…!!
そして主の三成がとてもかわいい(え?)。
「へいくゎい者」と周囲から囁かれ、良い味方にも恵まれてるけど敵も多い三成。彼の理想主義に過ぎる姿勢に歯がゆい思いを抱きつつ、その澄んだ志を愛し忠誠を誓う左近とのコンビがとても素敵なのです。
つか、石田家家中の面々が皆三成大好きなんだな!!ってのがありありと伝わってくるんですよ!!締まる所は締まって、でも信頼感から生まれるアットホームさが何となくあって。
そういう雰囲気が好きだなぁ。
刑部も良い奴だしさ…本当良い友人に恵まれてるよ、三成…。
 
 
確か上巻読み終えた後に続きがなかなか入手出来ず(下巻が…又か)、そのままフェードアウトしてしまったもので…。今度は見かけたら即!!買っておきたいと思いますね。
よぉし今度は頑張るぞー。
 
 
あ!!帚木蓬生の『国銅(下)』はようやっと見つかりましたよ…!!
こちらも余韻が風化しない内に読んでおこうっと。
 
 
今宵は「功名が辻」最終巻を読み耽ります。
ドラマ感想は…今週中には何とか…。

« 取り急ぎ福島正則(大河)感想。 | トップページ | 感想めも。[11/4追記] »

「歴史・時代書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/4015310

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎の「功名が辻」読んでたら:

« 取り急ぎ福島正則(大河)感想。 | トップページ | 感想めも。[11/4追記] »