2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 慶次郎縁側日記3 | トップページ | 昨日の浦和-川崎!! »

2006年10月21日 (土)

たずね本。[解決済]

ここ何週間か、無性に読みたくなって捜してるのですけど一向に見つからない本があります…。
…失踪場所は、自分の部屋(爆)。嗚呼…。
 
 
 
しかし不思議だ。何処捜しても出てこないんですよー、読みたくなった、
 
 
柴錬版ちいさこべみたいな設定の本(謎)。
 
 
…確かその本も、行き場のない孤児達を独身男がわんさか抱えて養っている、という内容だった…筈。
只柴錬らしく(?)、その役割を担う男の職業はお侍でっす。
 
んで、立場は同心。なもんで話の流れも子供達を通したふれあい…というよりも、事件が起こってそれを追っかける捕物帖的な方向、になるんじゃないかなぁ。ましてや柴錬ですし(って何が)。
や…だって確か冒頭から、「春をひさぐ」なんてぇ表現が出てきた気がしましたよ(妙に鮮明な記憶)。
って、買った当初数頁パラ見しただけの印象ですけどね。主人公の同心も典型的でないにしろ、人情路線でいくには若干斜に構えていた感じがあったなぁ。
で、子供らも大分物分かりがよい様子。元気は元気なんでしょうけど、身の回りの事を自分達で分担して行ったり、生活が苦しくなったら自分から働きに出たり…。扶養される立場乍ら、自立した集団生活を行っている風でありましたね。
 
そして主人公の剣の腕は滅法立ちます(確か)。そこはやっぱ柴錬ですから(何なんださっきから)。
 
 
…こんな内容の本なのですが、見当たりません(爆)。
や、確かに買った筈なんですけど…なんですけど、こうも出てこないと、立ち読みしただけのを買ったと思いこんでるんじゃないかなんて疑念にも駆られてしまうんですよね(汗)。ありえん事でないだけにコワイ。
只、今回は導入部を少しばかり読みかじった覚えもありますし…部屋の中でごろごろしつつパラ見していた記憶もあるのですけど…。うーん何処いったんだろー。
 
 
…こんな話をここでするのもナンですね(汗)。スミマセン…日記な話で…。
一寸あんまり見つからないんで気持ちを整理したくなったので、ついここに…。又気を取り直して本の山当たってみるかぁ。
 
これで本当になかったら。…買うのもやむなし、ですかね。…タイトル何だっけか(致命的)。

----------------------------------------------------

10/22追記。

見つかりました!!

本の厚さとカバーの書店名の記憶を頼りに捜しまして!!無事発見致しましたよ!!
書名は『貧乏同心御用帳』(柴田錬三郎)、講談社文庫です~。
割と厚めなんで、これから暫くの就寝前のお供になりそうです♪うふっふ。

« 慶次郎縁側日記3 | トップページ | 昨日の浦和-川崎!! »

「歴史・時代書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/3907157

この記事へのトラックバック一覧です: たずね本。[解決済]:

« 慶次郎縁側日記3 | トップページ | 昨日の浦和-川崎!! »