2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« ドラマ「太閤記」第1話 | トップページ | ドラマ「相棒」第5話 »

2006年11月 8日 (水)

ドラマ「太閤記」第2話

続いて第2話の話。ちと帰宅が遅れてしまったので、約10分遅れでの観賞となりました。
TVつけたら映ってたのは、藤吉郎が竹中半兵衛を口説いてるシーン(断られる方の)。て事は、半兵衛の噂や登場シーン、両者の出会い…がその間に描かれたんですかね…。
 
 
今回はこの半兵衛の獲得、それに墨俣一夜城〜「秀吉」となる迄、のお話でした。前回よりもがむしゃらな勢いは大分抜けて、優等生的な藤吉郎の描写が目立った展開でしたね。
墨俣築城へのプレッシャーのあまり、切腹の夢に迄うなされてしまう藤吉郎…そんなに思い詰めるキャラだったとは…。
そして於市様があんなに猿を信頼するなんて!!又そうさせるだけの、藤吉郎の誠実で落ち着いた姿勢。所謂百姓あがりの泥臭さ、みたいなのはあんまり感じないですね、今作。
 
なだけに、今後どうしても出てくる彼の良心的矛盾点を、どう描いていくのかが気になるトコロ。後半生の暴走迄は描かないにしても、その前だって結構スレスレの所を渡っていきますからねー。どんな路線に持っていくのか。
今回も早くも、墨俣での蜂須賀党の犠牲に涙する藤吉郎の姿が…。更に於市様からは「そなたの妹君は、私の代わりと思って好き合った人の元へ嫁がせる様に」と言われたりもして、伏線と見て良いなら張り方が興味深いです。
ここ迄の感じだと、善良で真面目な秀吉のサクセスストーリーって色合いが強いかな。気の強くないチャングム系(何だそりゃ)。
それはそれで安心して見てられますので、先が楽しみな所であります。脇役達の個性もその分目立ちますしねー。
 
 
で、方向こそ違えど、信長の描写にもある一貫した部分が見え始めた気がします。ずばりそれは「非情」さ。
露骨に酷薄な態度とは又違う…本当に必要以上の情を挟まない「冷たさ」って感じ。まぁまだ2話目なので先は分かりませんが、今の所は「今のって優しさなの!?ねぇ?」とか、「御屋形様って実はツンデレなんじゃね!?」とかに当たる演出は、まず出てないんじゃないですかね(ツンデレ…)。微かに於市様の野遊びを命ずるシーンで、やっぱり気にかけてるんかなーって雰囲気があった位で。
故に半兵衛の、「信長は才知ある者にはあたたかいが、凡庸な人間には冷たい」という台詞が、やけに現実味を伴って聞こえますー。
 
信長に関しては、この先1回位は、人らしい情をかける姿を見てみたいですねぇ。本当、そんな多くなくて良いんで(しつこいです)。
更にそれがあんまり強くなくて僅かな心の揺れって感じだったら尚良い(注文も多いです)。
 
 
ところで、ねねちゃんとの新婚生活!!2人きりのシーンこそ少なかったですが、彼女はやっぱりしっかり藤吉郎と歩みを共にしてましたね☆
出しゃばる事なく、本当に悩んでいる時にさっと知恵を見せる辺りが良いなぁ。脳ある鷹はってやつですよ。
大河の表現と混同してしまって恐縮ですが、正に「2人で築き上げた」と呼ぶにふさわしい藤吉郎の人生を感じ取れますね。
 
 
それから…え?小六ですか?やっぱりカッコ良いですよ(即答)。…誰も聞いてないけど主張させて貰いマス…。
「大名にしてやる」との誓いを守る事を、信長を敵と憎む思いよりも優先させた小六。眼光鋭い決意の表情が凛々しかったですねぇ。
藤吉郎から「侍に取り立ててやる」と言われた事を信じ、命を賭して秀吉を助け…仲間を喪った蜂須賀党、一寸切なかったです。号泣する藤吉郎を見つめる小六の眼差しが良かった!!
 
彼らの助力を無駄にすまい!!と、その功績を信長に伝え…ようとした秀吉でしたが。その反応はにべもなく…話すらさせて貰えませんでした。
墓の前でうなだれる藤吉郎…これから彼は、こんな現実とどう向き合っていくのかなぁ…。
 
 
何だか人物語りばっかになってしまいましたね;私情だらけですみませんです。
来週も又見るつもりですよー。犬も食わない夫婦喧嘩、に期待。犬も、ね(希望的観測)。

« ドラマ「太閤記」第1話 | トップページ | ドラマ「相棒」第5話 »

「時代劇」カテゴリの記事

コメント

なると様、コメントありがとうございました。

村上版信長様はどうも剣豪っぽく見えてしまうのですが。
それもまたちょっと笑えます。
太閤記だけどちょっと新しい感じで行くぞ。
という意気込みは感じられるのですが
ことごとくはずしている感じが
また笑えるのです。
ま、あんな秀吉を信長様は愛さないのでは。
だってあれじゃあ光秀なんだもの。
とキッドは単純に思うのですが、
ここはもはや爆笑です。
時代劇はあまりとりあげないのですが
また遊びに来てくださいね。

キッド様

こんにちは。
認証制をとっている為、お手間を掛けさせてしまい申し訳ありませんでした…。

>村上版信長様はどうも剣豪っぽく見えてしまうのですが。

全く同感ですー。初回の地蔵斬りのシーンなんて、目つきはすっかり十兵衛でしたね(笑)。
キッド様がブログで仰っていた通り、村上さんにはもう少しインテリ型の武将を演じさせても面白い気がします~。
特に三成は見てみたいかも…!!

あ、今回の秀吉、言われてみれば確かに光秀っぽいですね~。
細かな事にあれこれ気を回す辺り。短気な信長が良く黙っててくれるモンです…。

それでは。是非又お邪魔させて頂きます~!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/4108070

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「太閤記」第2話:

» 知らないなら知ってる人に聞けばいいぞな。(星野真里) [キッドのブログinココログ]
ねねの星野真里である。セリフは標準語だが、どうせ、11.5%↘*9.1%ぐらいの [続きを読む]

« ドラマ「太閤記」第1話 | トップページ | ドラマ「相棒」第5話 »