2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« ドラマ「太閤記」第3話 | トップページ | ばーすでーけーき。 »

2006年11月21日 (火)

福岡太宰府天満宮!!

福岡太宰府天満宮!!

更新が止まってしまってた間は、九州福岡へ旅行に行っておりました。
つか、本当は旅先でちょこちょこ携帯更新したいと思っていた、のですけど…。スミマセン、睡魔に勝てなかったとです(汗)。ぐふ。
 
 
んで今、行ってきた太宰府天満宮の写メをアップしてみました〜☆
学問の神様で有名な神社、という事で、やはり合格祈願の絵馬や学業成就の御守なんかが勢揃いでしたね。シンボル?のうそもかわいかったー。
太鼓橋も何故だか多くて面白かったですよ。もう本当何処にでもあるの。鯉用みたいな小さい池の上にすら(笑)。
 
が、かと思えばやけにケアの細かい恋みくじもあったりで(笑)。気が利いてるのか何だか良く分からない助言に、思わず縛らず持ち帰ってしまいましたよ…!!
どんなかってもー、獅子座か乙女座でO型で同い年又は1歳差の卯歳若しくは寅歳の南西か東にいる異性なんて何処で見つかるんですかー!!(爆)設定が細か過ぎですよ!!
まーでも結構おおらかな部分もありまして。魚座のA型でなければまぁ平気なんじゃないのー、ってカンジの様でした。ってどんな妥協ですか。
 
 
近くには博物館系の施設も一杯で。やー天候と時間にさえ恵まれてれば、是非たっぷり堪能したかったですけどねー。
それでも境内にあった菅公歴史館と宝物殿は、良心的拝観料の割に興味そそられる品々がたくさんで楽しめました!!
宝物殿に、何でか坂本龍馬のピストールが飾られてましてね…!!いやぁー胸が高鳴りましたよ。
写真撮れないならせめてポストカードでも…!!と気付いたのは帰路にてでした(沈)。無念。
 
けどー本当、楽しかったです♪『太宰府戦国史』なぁんて本もしっかり買っちゃいましたしね〜☆(悦)
応仁の乱〜秀吉による平定・関ヶ原、辺り迄を網羅してくれてる様。正に好みドンピシャ。龍造寺と岩屋城戦の項が気になる。
 
 
帰り道では梅ヶ枝餅をば食べ歩き。やわらかお餅とあっつあつあんこが冷えた身体に染み渡ります…。
日持ちしなかったので土産にはしませんでしたが、ん〜又味わいたいス♪焼きたてを☆
 
 
他には福岡城行きも目論んでいたのですが、時間の都合で断念ー。お、思い立つのが遅過ぎました…。
今度天気の良い頃にでもリベンジ致したく。
 
 
後心残りを挙げるなら。乗ったバスの中で隣だった男性2人組の会話、
 
「な〜、あいつ誰だっけ。サッカーの海外で活躍してる奴でさ、オシムが結構期待してるの」
「誰?森何とかって若いの?」
「ん、とは違ってさ」
「何だろな、中村俊輔?」
「っあー。もだけどそれじゃなくて」
「じゃ高原?」
「あっ違う(即答)」
 
…というやりとりに、「それって松井大輔ですかね?」と言ってあげられなかった事でしょうかね…(何さそれ)。
何か凄くもどかしげに話す様を横目にしてたら、こっち迄むずむずしてきちゃって…!!一緒だったまこしゃんにも、「言ってあげても良かったんじゃない〜?」と言って貰えたのですけど、でも単に会話を横聞きしてるだけの赤の他人ですし…声掛けるには躊躇いが。
何より、自信満々に口挟んで違ってたら赤っ恥ですよねー(大汗)。いやでも9分9厘松井大輔だよあれはきっと…(最早願望入ってる気が)。
 
 
そんな旅路でありました。
又何処かの史跡に行きたいな。

« ドラマ「太閤記」第3話 | トップページ | ばーすでーけーき。 »

「歴史散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/4259329

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡太宰府天満宮!!:

« ドラマ「太閤記」第3話 | トップページ | ばーすでーけーき。 »