2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 忠臣蔵強化週間。(を、主張するだけしてみる…) | トップページ | ドラマ「相棒」第9話 »

2006年12月 5日 (火)

池波正太郎著「決闘高田の馬場」(『武士の紋章』収録)

忠臣蔵強化週間、先ずは堀部安兵衛の作品から!!
…って、のっけから微妙に討入り話とズレててスミマセン(汗)。
 
 
剣の達人として、そして勇猛果敢な武士として、赤穂浪士の中でも人気の高い堀部安兵衛。彼の名を一躍世に知らしめたのが、実はこの高田馬場での決闘でした。
当時「中山安兵衛」であった彼がこの出来事をきっかけに評判が高まり、浅野家家臣「堀部」弥兵衛の養子となって浅野家に仕え…吉良邸討入りにて再び名をあげる。言ってみればこの流れの土台に当たる短編ですね。
話の雰囲気としては、同著者の長編『堀部安兵衛』をぎゅぎゅっとコンパクトにした感じかな。これだけでも十分安兵衛の頼もしさと人間臭さが楽しめる作りになってます!!
 
 
武士としても人としても皆の尊敬を集めていた堀部安兵衛ですが、彼も始めっからそう出来た人間ではなかった訳で…。欲に身を任せ、流れに身を任せて、「志」なんかとは無縁の怠惰な日々を過ごす時代があったのですね。
朱に交われば、の言葉通り、連れの素行の悪さに感化されてしまってゆく安兵衛。何となく楽で、楽しい方へと流される日々…。
けれども。そんな生活の中でも、彼の内の内には「このままじゃいけない」と叫び続ける固い芯があって。その想いを持ち続けていたからこそ…彼はすんでの所で、「けだもの」に成り果てる事から逃れられたのです。
 
 
『「けだものと人間の境は紙一重じゃ。一度この世に生を受けたからには、いずれ死ぬ身じゃ。
武士たるものは、けだものに成り下がって死にたくないの」』
(池波正太郎著『武士の紋章』/新潮文庫 「決闘高田の馬場」より抜粋)
 
 
ギリギリの…本当にギリギリのところで踏みとどまった安兵衛を見て、静かにこう語りかけた老人・菅野六郎左衛門。
彼との出逢いが、安兵衛にとっては運命とも呼べる──大きな転機をもたらすのでした。
 
 
もうね、流石は池波先生!!菅野老人のストイックさがとにかくカッコ良いんですよ…!!
己の信念に背く事なく歩む生き様と、安兵衛に注ぐ厳しくもぬくもり溢れる情愛。菅野老人に対するこれらの描写が、短い物語により大きな深みを与えてくれてますね。
凛とした古武士を書かせたら天下一品の池波先生、見事です〜!!この菅野老人の人物描写があるからこそ、更正〜決闘迄の安兵衛の真っ直ぐさが映えるんだと思いますね!!
 
 
その安兵衛の心理描写も素晴らしいです。特に序盤の流れ流され…けれど最後の一線を前にしてバッと我に返る、この瞬間。「人間」が戻ってくる感じが鋭く伝わってきて、非常に好きですね。
対称的な道を歩んだ男・中津川祐見(この作品では「祐範」になってます)の、最期の台詞も興味深いです。踏みとどまる事を考えなかった男が、最期に残した言葉──。前述した菅野老人の台詞も暗示的に響いて、印象に残りましたね。
 
 
この作品でのメインは彼ら3人と、後はお仙という女性位ですが。他にちらりと顔見せするのが…堀部弥兵衛!!
やがて安兵衛と義父、ひいてはそれ以上の深い絆で結ばれる人物もこの話にご登場で☆シーンは僅かでしたが、剛胆さと茶目っ気が同居してる感じで良かったですよ♪
堀部父子スキーとしては、何気に嬉しいシーンでした〜。
 
 
長編『堀部安兵衛』の方では、安兵衛の荒れ方がこれの比ではないですね…やっぱり。
なだけにそんな彼が変わってゆく様も、よりドラマティックで面白いです。
この話もいずれしたい…!!
 
 
 
…と、先ずは短編作品から語らせて頂きました。
この話が収録されてる『武士の紋章』は、他にも黒田如水とか滝川三九郎とか真田兄弟とか…己らしさを貫いて生きた男達が沢山描かれてますので、そういう世界がお好きな方にはオススメの短編集です〜☆


池波正太郎著『武士の紋章』 書籍情報はこちら→アマゾン bk1

« 忠臣蔵強化週間。(を、主張するだけしてみる…) | トップページ | ドラマ「相棒」第9話 »

「歴史・時代書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/4435877

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎著「決闘高田の馬場」(『武士の紋章』収録):

» 堀部安兵衛 [http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf]
堀部安兵衛情報満載です! [続きを読む]

« 忠臣蔵強化週間。(を、主張するだけしてみる…) | トップページ | ドラマ「相棒」第9話 »