2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 大河「功名が辻」最終回 | トップページ | 松井大輔始動!! »

2007年1月14日 (日)

大河「功名が辻」総括

…えらく尤もらしいタイトルなんかつけちゃいましたが(汗)。
この1年、飛び飛び乍らも大河感想を書き綴って参りましたので…作品全体を通しての感想、もついでに少し語ってみたいと思います。
 
 
…さ程歴代の大河を見尽くしてはいない身の為、あんまり大きな事は言えないのですが…。今大河に関しては、主役2人の起用がピタリと当たっていたと感じましたね。
千代役の仲間由紀恵さんは、旬の女優さんでもあり。又彼女の持つ嫌みっ気のない女性らしさが、「内助の功」という押しつけがましくなり易い役柄を絶妙なバランスで見せてくれてたと思います。
正直千代という人物自身の描写には、演出過多と見受けられる部分も少なからずあり…出しゃばってんなーと感じた事も数知れませんが(苦)。この程度の心証で抑えられたのは、結構仲間さんの持つ爽やかさのお陰に拠る所もあった気がしますね。
体当たりな演技も上手く生かされていて、通して微笑ましく見守る事が出来ました。
 
 
そして賢妻に支えられる夫・一豊役の上川隆也さん。この方の実力派な演技は本当良かったと思いますねー。
最初の頃は特に、やや上がり気味の仲間さんを上手くリードしてくれてる感もあって。役柄は妻に引っ張られる夫でしたが、リアルの方ではちゃんと相手を引っ張っていたみたいです(笑)。
変に思い入れを表現しようとせずに、しかし役に没頭している姿勢。個人的には、主役の演じ方はこの位アクがない方が好きなのでとても好みだったです。
穏やかな表情や柔らかい声音も、凡庸な夫(ここではね)を表現するのに良い効果をもたらしてくれたと思いますし!!適任だったと思いますね。

他には前田吟さん&武田鉄也さんの従者コンビ、香川照之さんの六平太、成宮寛貴君の豊臣秀次や中村橋之助さんの石田三成なんかが個人的に好きな傾向と合っていました。
細かい所では菅井きんさんの泥臭くも深い母親役、印象深かったですね。
山村美智さんの悪どさ満点な大蔵卿局も結構ツボにはまってました(笑)。
 
 
これだけ役者さん的には面白くなる要素があったとは思うのですが。話の方が…底が浅いと言うか何と言うか、やや感情的な盛り上げに力を注いでいる面が見え隠れしたのが気になりましたかね。
や、面白くなかった訳では決してないです。特に吉兵衛のシーンとか、後半部の秀次切腹から先暗雲立ちこめる天下情勢、の場面とかではかなり食い入る様に見ておりましたし。
只描写・展開のポイント、がどうも掴み難かったかな…。妙に史実を意識した演出があるかと思えば、突然「だってドラマじゃん」的な開き直った爆弾展開が繰り広げられたりと、イマイチ腰が据わってない感を覚えたりもしてしまいました。
何でもかんでも山内夫妻のお手柄、っぽくもなってたしなぁ…。そこ迄しないと盛り上がらない素材だったとも思えませんけれど。
 
 
それから「女性達の戦国」を意識し過ぎたのか、却ってその力みが肝心の女性描写を浅くしてしまってたのも勿体なかった気がしますね。(参考過去記事はこちら)
千代さんの気配りを通り越しておせっかいな部分とか。ねねさんのプライドの高さだけが際だった描き方とか…。
「魅力ある強い女性」を描くのに「現代人から見ても」という感覚を付加しようとした為、何処か時代背景にそぐわずぎくしゃくしてしまった所があった様に思えます。
そこら辺は変に力を込めず、「自分」を持った凛と立つ女性像をもっとさらりと描いて良かったんじゃないかなーと。「魅せよう」とする演出者の思いがどうも色濃く見えてしまってたのは少し残念でしたね。
 
 
まぁ私にしては珍しく(…?)、色々苦言も呈してしまいましたが…。最後なんで、この際言いたい事言っておこうと思いましてね(爆)。
全体としては、メロドラマ的要素も多分に含みつつ…「夫婦大河」特有のこってり感が抑えめであったという点で、かなり口当たりの良い出来に仕上がっていたと思っています。
ホームドラマ色は強かったですが、明るくて微笑ましくて、それはそれで楽しませて貰いました。
 
 
さー、これにて大河「功名が辻」に関するレビューは完結とさせて頂きます!!
毎回毎回気付けば長々…な、取っつき難い感想記事の数々でしたが(汗)。お付き合い下さった皆様、本当に本当に有難うございました。
今期の「風林火山」も引き続き感想を綴っていきたいと思いますので、又目に留まる機会がございましたらどうぞ宜しくお願い致します(ぺこり)。

« 大河「功名が辻」最終回 | トップページ | 松井大輔始動!! »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/4918448

この記事へのトラックバック一覧です: 大河「功名が辻」総括:

» 貫地谷しほり 風林火山 掘り出し物だね [http://aruarukeywords.livedoor.biz/index.rdf]
貫地谷しほり 風林火山 掘り出し物だ ストーリーが進むにつれてますます人気でますね 間違いなく [続きを読む]

« 大河「功名が辻」最終回 | トップページ | 松井大輔始動!! »