2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 大河「風林火山」第1回 | トップページ | 「遠山の金さん」第1話 »

2007年1月15日 (月)

かっ、「華麗なる一族」…

いやぁ~一寸した事があって、今宵の大河を生で見逃したんですよね。
で、BSの再放送待ちの間、軽い好奇心でこの「華麗なる一族」初回を見てみたんですよ。
 
 
いやすっかり熱中してました。

 
 
えーと正直、単に華麗なる一族達の親兄弟愛人入り乱れた愛憎劇がメインだったのならば、そう私がのめり込みはしなかったと思うのですが(苦)。
ですが経済改変・技術革新を絡めた骨太な「日本」の姿にも結構触れてくれてるみたいで、そこの辺りに強い関心を抱いたのでした!!


戦争の残した傷が漸く癒え切った頃、日本は瞬く間に「復興」から「成長」へと進化を遂げてゆきます。
「復興」の為に注がれた烈しい熱意が、「成長」を促す為に大きな要素となる勤勉さと融合した時…いつしか日本は高い技術力を誇る、世界の大国にも比肩しうるだけの大きな存在へとのし上がっていったのでした。
こうなってくれば、今度は周囲の国々が黙っていない訳で。それ迄「あの荒廃から良く立ち直った」と感心させられるだけだった日本が、猛烈な勢いで駆け上ってくる…「上」にいるつもりでいた欧米各国らは徐々に恐れを抱き始め、日本を自らと同じ土俵で戦う「好敵手」として認識し始めるのです。
 
 
それ迄後輩を見守る様に甘い扱いをしてくれた諸国が、これからは容赦なく「日本」という国の産業を押し潰しにかかってくる。自分達の立場が危ぶまれぬ様に――。
そんな荒波の中で、「日本」を守り抜く為には。世界に比類なき技術力を生かし、それを「武器」にして世界と「戦って」ゆかなければならないのです。
戦後の新たな「戦い」の幕開け、とも言えそうな時代ですね。
 
…しかし日本国内で、こういう危機感を抱いている人間は実はとても少ない。
特に国内の産業復興に邁進し、故に確固たる地位を築く事となった立場の者程…皮肉な事に世界に迄その目が及ばず、今では自らの保身ばかりに労力を割く日々です。
そんな強大な富を守る事が最大の関心事である「一族」の中に…守るべきは個々の財産等ではない、日本の「未来」である、との高い志を抱く人物が現れた時。壮絶な「闘い」の幕が切って落とされるのです…。
 
 
原作は未読です。が、聞けば主人公が原作とは異なっているとの事。
なんで中身について比べる事は出来ないのですが、この「日本の歩むべき道」に迄スポットを当てた作品展開は、個人的にとても良い方向性を見せていると思っています。
そこにしかと骨格を成した人間ドラマが合わさるのを思うと、益々重厚で味わい深い作品に仕上がってくれるんじゃないかと。
かなり内容の濃いドラマになりそうで、一気に今季お付き合いしたい!!と思わせてくれましたね~。
 
 
只ま、主人公のキ××クについてですが…スミマセン、まだどーしても役に対して演技が軽い様な気がしちゃってます(汗)。
重々しく見せよう見せようと頑張ってる感じはあるのですが、やっぱり台詞の端っこに「だから~」ってなキ××ク節が出てきちゃったり…自身の色が抜けきってないんでしょうねぇ。
まぁこれは、この人の個性…だとも思うので。個人の嗜好に判断が委ねられる部分だと思います。そういう事にしておきましょうよ(誰に向かって)。
…個人的にこの役、上川隆也さんとかが演じるの…見てみたかったな…。うーん一寸カタさが勝ってしまうだろうか。
 
 
親父役の北大路欣也さんには注目してます!!あっくどそうで、楽しみー!!
後はギバちゃんとの友情描写が気になるなぁー。
 
 
…こんな感じで、実は見せ場っぽい親父側の正妻vs.愛人の仁義なきバトルとか長男と愛妻と昔馴染みを巡る微妙な軋轢とかについては結構どうでも良かったりしてますが(おいおい)。力強く「世界」に挑む日本人の姿を描いてくれるのに、期待を寄せているドラマです☆
天邪鬼な私にとって、この路線でのヒットは結構伏兵だったかも…。大河に続いての、日曜の楽しみが増えそうな予感です。
…キ××クの視聴率神話に一役買ってしまうのは、ちいっとばかし不本意ですがね(やっぱり捻くれてんなぁ…)。

« 大河「風林火山」第1回 | トップページ | 「遠山の金さん」第1話 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
鉄平役はキ××クより上川隆也で・・・が、
同じ意見でしたので、コメント書いてます。

白い巨塔、大地の子も同じ山崎豊子作品なので、上川くんにしたら似てしまうかもしれませんね。
西田さんの演技は、白い巨塔と同じだったように感じましたし。

原作、とても面白いので、是非読んでください。太陽神戸銀行の合併がモデルらしいですよ。

yoko様

初めまして。
コメント有難うございます!!
配役への印象について、キ××氏へは映画等でも昨今評価が高まっていたので…同意して頂ける方がいらして、とてもホッと致しました(笑)。

あ、確かに上川さん、「大地の子」や「白い巨塔」にも出演されてましたねぇ…。確かに路線的にも似た感じになっちゃいそうな。
でもこういう重厚な人間ドラマにはうってつけの役者さんですよね、本当。
個人的に今回のドラマでは、北大路欣也さんとの対峙シーンがこの人だったら違う迫力を見せてくれただろう…と感じてしまいましたので;つい思ってしまいました(^^;)

わ、長々とレス申し訳ありません…!!この辺で失礼します。
原作本のオススメ有難うございました!!早速本屋で探してみます…!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/4933357

この記事へのトラックバック一覧です: かっ、「華麗なる一族」…:

» 「華麗なる一族」、視聴率がスゴイ! [電撃ニュース(芸能とか)@YUICHI ]
「華麗なる一族」、ダントツの初回視聴率「華麗なる一族」がダントツの初回視聴率を獲得してます!今クールの新ドラマ初回視聴率では、井上真央、松本潤主演の『花より男子2』(1月5日放送)が19.4%、NHK『風林火山』(1月7日放送)が21.0%と高視聴率をマークして...... [続きを読む]

« 大河「風林火山」第1回 | トップページ | 「遠山の金さん」第1話 »