2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« うはぁ~ベッさん… | トップページ | 大河「功名が辻」総括 »

2007年1月14日 (日)

大河「功名が辻」最終回

やっとですね、新大河「風林火山」の初回を見る事が出来たのですよ。
それの感想記事…を上げる前に、ずっとうっちゃってしまってた前大河「功名が辻」の最終回感想をざざっとさせて…頂きたいと思います。
本当、今更の更な話でスミマセン…。
 
 
さて遂に迎えた最終回。一豊の最期、そして共に歩んできた千代さんの晩年…を描いた話でした。
…そして一豊本人はいなくなったにも拘わらず、無理矢理にも大坂の陣迄描ききって見せましたね(爆)。
 
山内一豊を描く作品であった中で、どうしても大坂の陣が終わる迄の描写(そしてそれに伴う淀殿らの人物描写の細かさ)が必要であったのかは何とも言えません、かね。絶対に必要な展開でもなかった気がします…。
お陰で話もかなり差し迫ったこの時期に、思い出した様に秀忠を出す羽目にもなってしまった様で(沈…)。
しかし、ま、戦国の世を一区切りつけるのにはここらが一番丁度良いとは思いますので。物語全体を落ち着かせる場所として、この位置を選んだのかもしれませんね。
 
 
一豊の最期、夕暮れの中千代さんの傍らで眠る様に…のシーンは、やはり美しかったと思います。
正に「添い遂げた」という言葉が相応しい夫婦の姿でしたね。
人の命が尽きる直前の、ゆらゆらとした…か細い残り火とでも言いましょうか。その妙にゆったりとした時間を、芸達者の上川隆也さんが見事に見せてくれた気がしました。
千代さんの描写の方も、「静寂」「空虚」「慟哭」と気持ちが変化していく様を焦らずに見せてくれてて良かったです。静かに傍らから「いなく」なって、暫しぼうっとして、やがて溢れ出す感情…連れ合いを亡くすというのは、実はこういうひっそりとした哀しみなのかもしれませんね。
 
 
夫の最期を見届けて後、髪を下ろし尼となった千代さん。京で静かな余生を過ごす…筈だったと思うのですが、下手に土佐にいるよりも忙しい日々が待ってたってのはどういう事なのでしょうか(苦)。
 
 
その忙しさの根源は…出家して尚天下動静を探る意欲盛んな高台院、でありましたねぇ。
うーんここにきて又も、ねねさんの描写が司馬先生の価値観と微妙にズレてしまってるのは何とも心残りであります…。ここ最後の2、3回でやたら意地の悪い部分が出てきちゃってた気がしましたよ、ねねさん。
史実うんたらの話はこの際抜きにして、一応「原作・司馬遼太郎」と掲げている以上は…物語内での人物描写についても、も少し原作を尊重してくれても良かった気がしてます。あんまりに行き過ぎたマイナス要素を調節する…場合ならまだしも、どうせ幾通りもある歴史上人物の描き方のひとつ程度なのですから、ねぇ。
わざわざ最初の頃に「司馬氏の原作を尊重して"おね"は"ねね"とします」なんて断っていたもんですから、余計…!!(苦)
 
 
それからまるで彼女の配下の者みたいにあちこち顔を出した千代さん。ついには家康と淀殿の仲介役、迄買って出ちゃってました…。
加藤清正や藤堂高虎を差し置いての説得シーンをかっさらった千代さんの存在って……!!(愕)
それこそねねさんにあれだけリアルを追及した(んだと思うんですよねぇ)というのに、ここにきて又例の「ご都合的」展開を見せつけられたのは何だかげんなりきちゃいました…。せめて一豊の存命中、功名を求め突き進んでいた「夫婦」を演出する為の手法、迄に止めてて欲しかったな。
 
 
と、最後の最後、何だか欲張っちゃったのかなーって部分が強めに出てしまったのは…少し勿体ない気もしてしまいましたがね…。
それでも一豊渾身の最後の号令とか、意外な程に家康らしい貫禄を見せる様になった西田敏行さんの演技とか、最後役者さんの力で引っ張ってくれた見せ場も多々ありました。
いよいよ晩年を迎えた千代さんが、亡き一豊に「もう良い、と思われましたら、迎えにきて下さりませ」と語りかけた台詞も良かったですしね!!

 
作品全体として…の話は、思ったより最終回の感想が長くなっちゃったので(爆)。別記事にて語りたいと思います。

« うはぁ~ベッさん… | トップページ | 大河「功名が辻」総括 »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/4917833

この記事へのトラックバック一覧です: 大河「功名が辻」最終回:

« うはぁ~ベッさん… | トップページ | 大河「功名が辻」総括 »