2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の5件の記事

2007年2月22日 (木)

キリ番…

現在サイドバー設置中のブログ来訪者様数カウンタ……
 
 
…こないだ、初めて自分でキリ番踏んじゃいました。
 
 
 
それが4444(爆)。
 
 
 
おぉう……。

2007年2月16日 (金)

新田次郎著「まぼろしの軍師」 (『武田三代』内収録)

何とも味わい深く、静かな感情がずしりと響いてくる作品でありました…。
 
 
武田信玄の名軍師、として、今や広くその名を馳せる山本勘助。
何となく聞いた事あるなー位のも合わせれば、相当の人々に知られている人物ではないでしょうかね。今年は特に"旬の人"としても又。
ところが彼の人物像について…は、実は謎とされる所が多く。『甲陽軍鑑』という書物にその存在が記されてはいるものの、他に確固たる裏づけとなる資料もあまり残っていない、突き詰めれば本当にいたのかどうかさえはっきりしない「まぼろし」の部分を強く秘めた人物であるのです。
 
 
…おそらく全くの「架空」と迄は言えないでしょうね。只「真相」がどうかも疑わしい。
そんな謎の存在・勘助の「真実」を求め、辿った先で「虚構」を知り、やがては「幻想」を生み出してゆく──。
作品を読み終えた後、「まぼろし」という言葉に含まれる真の意図を感じさせられた気がして、思わず唸らせられたです。
 
んー迂闊に語るとネタバレっぽくなっちゃうので、奥歯に物が挟まった様な表現にとどまってしまい恐縮なのですが。
只勘助云々抜きにしても、現実の程良い冷たさ、人間の心の内にある矛盾が結構短い中に凝縮されていて印象深い作品でありますね。
 
 
どちらかと言うと異聞記的な作品で(勘助の存在そのものがアレなのでそう呼ぶのも若干違うかもですが)。ですがその中にはちらちら、著者が強く抱く自身の武田史観が散りばめられている気がします。
 
 
『武田軍は、武を重んじて、口を重んじない』
『お館様(信玄)は軍師とか軍略家というような者を、ひどく嫌っておられた』
 
 
こういう武田家像、信玄像を土台にした上で、そこに「山本勘助」という苗木を植えてみた様な。素材に踊らされず過度にうがった見方もせずな筆致は、結構読んでいて良い印象を受けましたね。
 
 
勘助礼讃!!な世の風潮からはちとズレますが、文体がまっすぐなのでそうヒネた気持ちにならず読めると思いますよー。
他にも読み易くて面白い短編が揃ってますのでこの『武田三代』、今かなりハマり気味です!!
 
 
 
※文中の『』部は、新田次郎著『武田三代』(文春文庫)内収録「まぼろしの軍師」より抜粋致しました。
『武田三代』書籍情報はこちら→アマゾン bk1

2007年2月15日 (木)

せせ、切腹最中…!!

以前過去記事でもちらと触れました、切腹最中なる和菓子。
何でも浅野内匠頭の切腹跡地付近にある和菓子屋さんが、それにちなんで製作した最中だとかで。ざくろみたいにばっくりはみ出たあんこが特徴的な代物であります。
以前かなろう様のブログにてお父上の計らい(?)により、その全貌を私も目にする事が出来まして!!(有難うございます!!)以来是非現物を食したいな〜と思い続ける日々であります〜。
 
 
で、コレ。なんと夕方のニュース番組で取り上げられておりました…ッ!!
 
 
「新橋」がテーマとなってた特集コーナーの一コマでして。個性的な名物菓子、として紹介されていたんですね。
んでまぁ、菓子起案のきっかけとか名前の由来とかも併せて紹介されてたんですが。
 
 
その中で、どんなお客が買いに見えるのか…という調査もあり。
なな何と、「取引先への詫び菓子」として、新橋リーマン層に密かに(?)重用されているのだそうです…!!
 
 
…武士が身を持って自身の過失の責任を取る、「切腹」という行為。その名にあやかって…頭を下げるべき相手への「誠意」を表す為に、この最中が一役買ってくれるらしい!?そうです。
イメージとしては「腹切って詫びる心持ちです申し訳ありません!!…でも本当には切れないので、最中に切らせてみましたこれでご勘弁を!!」みたいなカンジだそうで。ほっほ〜。
 
 
流石サラリーマンの街ならではの発想だなぁ、と実に興味深く感じましたね〜。
店の主人もそこら辺察しているらしく!?手書きでの詫び状添付サービスも行っているそーです!!(爆)いやー至れり尽くせりですね!!
 
 
…只ま、こういうシャレが通じる相手(若しくはミスの度合い)であるならば、まぁ腹切らんでも大抵の事は許されそうな気もしますが、ね(笑)。
 
 
うーやっぱ食べてみたいです、切腹最中。
でもホワイトデーのお返しにされるのは微妙かなぁ…。

2007年2月 7日 (水)

「遠山の金さん」第4話

んーと休んでた分の感想、順番に語ってこうかと思ってたのですけど…。まぁ一先ずは記憶に新しい方からにしていきますね(笑)。
 
 
で、今週の金さん。
いやぁ〜マツケンさんのマツケン的でしかない演技ぶりには、もうそろそろ食傷気味…な感もぶっちゃけし始めてますが。
けれど話はどんどん面白くなり始めてるんですよねぇ…。周辺キャラのつるや母子や実直同心君、チンピラ岡っ引きや甘党側近らにも程良く味が染み込み出していて、作中の世界が広がってきた様に思えます。むー悩む所ですな。
 
 
今回の見所は、金さん×盗賊×官民癒着の三つ巴構図!!互いに真相を探り合い、牽制し合う様子が興味深かったですー。
金さんがひょんな事から用心棒を務める事になった、ワケあり風の女…。本人の弁に違わず、程なくして金さんは穏やかでない人相の男達に命を狙われる…羽目になります。
しかし更に彼女の背後には、負けず劣らず凶悪な本性を剥き出しにする男の影があって!?そのどす黒い野心に手を貸す事を、心の底では拒んでいつつも…その関係を、断ち切れずにいる。そんな哀しい"女"の姿を、金さんは目にするのです…。
 
 
中盤迄は特に、悪人が悪人をハメる為の悪巧みを巡らす展開が上手く活かされていて。単純にどっちかに肩入れさせない作りが、見る側の興味を引き出してくれた気がしますねー。
欲を言えばこの気の抜けぬ関係、もう少し引っ張ってくれても面白かったかな。結局は悪同士が(結構唐突に)タッグを組んじゃった為、終盤はいつもの流れに落ち着いちゃったのが勿体ないと言えばそうも見えます。お白州でも悪同士、てめぇを棚上げて足引っ張ろうとする底意地の悪さがあっても面白かったんだけどなー(どんだけドロドロした話なんだ…)。
でもやはり、「情」の部分の描き方は良かったですねぇ。"腐れ縁"という表現…決め言葉の選び方が毎回巧いな〜、としみじみ感じます。
 
 
そして今回、潜入操作中の金さんと側近が街中でばったり!!遭遇&情報交換してましたね〜。
もしかしてこの様子、あの駆け出し同心君が見つけてどっきりとかしちゃうのかしらー!?なんて事も頭を掠めました…が、まだまだそんな方にはいかない様で。
さてこの同心君が、念願の御奉行様の御姿を拝める日は…果たしてやってくるのでしょうかね。そして待ち焦がれた相手が、時折つるやで顔を合わせる度に脱フリーターのススメを懇々と説いてきた正にその人だと知った時…の、彼の慌てぶりが今からとても楽しみです(性悪)。
 
 
何だか次回も又、つるや母子に真っ向反対されるいかがわしい場所への潜入☆作戦!!みたいでー。
来週はお休みみたいですね…。ではその次を、忘れぬ様にしまっす。

2007年2月 4日 (日)

今日のゴールデン帯…

ジャンクスポーツに我那覇が、あの我那覇が!!出るってんで、大河を再放送狙いに切り替えてチャンネルを回しました。
 
更に2時間SPだってんで、華麗なる方も録画に切り替えて臨んだのでしたが…。
 
 
…んー、我那覇的には後半部は華麗なる方にしちゃってても良かったかなー、って感じでしたかね。面白かったけど。
 
 
でも意外な話も色々聞けたので、かなり楽しめました。今度是非ビーチバレーの助っ人アスリートとして参上して頂きたいね!!
我那覇のビーチバレー姿…すっげぇ興味あります。ルックス的にはありありと鮮明な想像が出来るだけに、余計(笑)。
 
 
 
お陰様で何とか、体調の方は回復してきましたー。
長い事放置してしまってて本当申し訳ありません……。
今週辺りから又ぼちぼち、記事を綴って参りますね。地道に頑張ります。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »