2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 「遠山の金さん」第4話 | トップページ | 新田次郎著「まぼろしの軍師」 (『武田三代』内収録) »

2007年2月15日 (木)

せせ、切腹最中…!!

以前過去記事でもちらと触れました、切腹最中なる和菓子。
何でも浅野内匠頭の切腹跡地付近にある和菓子屋さんが、それにちなんで製作した最中だとかで。ざくろみたいにばっくりはみ出たあんこが特徴的な代物であります。
以前かなろう様のブログにてお父上の計らい(?)により、その全貌を私も目にする事が出来まして!!(有難うございます!!)以来是非現物を食したいな〜と思い続ける日々であります〜。
 
 
で、コレ。なんと夕方のニュース番組で取り上げられておりました…ッ!!
 
 
「新橋」がテーマとなってた特集コーナーの一コマでして。個性的な名物菓子、として紹介されていたんですね。
んでまぁ、菓子起案のきっかけとか名前の由来とかも併せて紹介されてたんですが。
 
 
その中で、どんなお客が買いに見えるのか…という調査もあり。
なな何と、「取引先への詫び菓子」として、新橋リーマン層に密かに(?)重用されているのだそうです…!!
 
 
…武士が身を持って自身の過失の責任を取る、「切腹」という行為。その名にあやかって…頭を下げるべき相手への「誠意」を表す為に、この最中が一役買ってくれるらしい!?そうです。
イメージとしては「腹切って詫びる心持ちです申し訳ありません!!…でも本当には切れないので、最中に切らせてみましたこれでご勘弁を!!」みたいなカンジだそうで。ほっほ〜。
 
 
流石サラリーマンの街ならではの発想だなぁ、と実に興味深く感じましたね〜。
店の主人もそこら辺察しているらしく!?手書きでの詫び状添付サービスも行っているそーです!!(爆)いやー至れり尽くせりですね!!
 
 
…只ま、こういうシャレが通じる相手(若しくはミスの度合い)であるならば、まぁ腹切らんでも大抵の事は許されそうな気もしますが、ね(笑)。
 
 
うーやっぱ食べてみたいです、切腹最中。
でもホワイトデーのお返しにされるのは微妙かなぁ…。

« 「遠山の金さん」第4話 | トップページ | 新田次郎著「まぼろしの軍師」 (『武田三代』内収録) »

「歴史散策」カテゴリの記事

コメント

毎度おじゃまさせて頂いています!
体調は如何でしょうか?
寒かったり暖かかったり忙しい季節になってきましたので、お互い気をつけましょう。

それにしても、切腹最中を手土産にお詫びに行くなんて…名案!!
さすが新橋のお父さん達は、寒いギャグだけを考えているわけではないのですね!
でも詫び状は自分で書いた方がいいかもしれません(笑)

ホワイトデーにもらったら、それはどんな意味になるんでしょうね~…意味深!

かなろう様

わわ、いつも有難うございます~!!レス遅れてごめんなさい!!
お陰様で体調は大分回復してきました☆
どうも又寒さがぶり返してる…みたいなんで、かなろう様もどうぞお気を付け下さいまし!!

まさか切腹最中に斯様な利用価値があるとは想像も出来ませんでしたね(笑)。
全く、お父さん達の磨き上げられたギャグセンス(…?)が、こんな所で活用されているとは…!!
真心とシャレっ気を摺り合わせたアイディアに、リーマン族の悲哀もそこはかとなく漂って参りますね…。

詫び状…は、確かに言われてみれば人に書かせるってのは(笑)。
ホワイトデーにこの形式で返されたらちと凹みそうです(笑)。やっぱりお返しにねだるのはよそうかな…(素直に買いに行きなさいって話)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/5346440

この記事へのトラックバック一覧です: せせ、切腹最中…!!:

« 「遠山の金さん」第4話 | トップページ | 新田次郎著「まぼろしの軍師」 (『武田三代』内収録) »