2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の6件の記事

2007年5月28日 (月)

大河「風林火山」第20回(再)

…やー、恐る恐る再放送見てみましたら、もう20回なんですね!?うはぁ…その間丸々見過ごし続けていた、と知り、非常に勿体ない事をしたという思いで一杯です…。
今回の大河に漂う無骨なオーラ、すっごく私の好みにハマってたんでねぇ。種々の事情があったとは言え、も少し何とか出来んかったかと己を情けなく思うばかり…。
放送自体はまだ最初の5話位?迄見ておりましたけど。感想については、もう初回で止まっちゃってましたしねぇ…。

…っあー、さてくさくさとした自己弁護はこの位にしまして。
どうにかまだ出戻れそうと(勝手に)判断致しました為、どうせ観賞再開するなら感想も合わせて…と思い、又こそこそ記事を上げてみる事に致しました。
もうこうなった以上は知ったかこいても仕方ないので、展開や人物についての感想は本当に思ったままを書かせて頂きます…。ので、「何を今更?」な部分も多々見られるかと思いますが、何卒ご了承頂ければ幸いです。;


さ、今回のタイトルは「軍師誕生」。いよいよ勘助が、その姿ごと表舞台に現す時がやってきた様です!!
原作ではこの時点で勝率ほぼ10割、であった勘助の策ですが、大河でもそんな感じだったんですかね?ともかく読めば外さぬ山本勘助の実力を前にして、武田の家臣達からは「彼を『軍師』というきちんとした地位に就け、軍議の席にも顔を出して我々家臣とも意見を交わせる立場に置いて欲しい」との意見が上がる様になります。
単に信玄と2人でこそこそ相談してるのを快く思ってない者もいるみたいですが、だけではなく「言いっ放しの気楽な役は、ここ迄きたらなしにしようや」といった意味合いも強いみたいで。何かの時にはその「責任」を取れるだけの役目に就かせる――様々な意味で、武田家家臣達が彼の存在を受け入れ始めたのだと言える気がします。


当の勘助。は、「お味方に内応者がおらぬとも限らぬし…」と、あくまで慎重な姿勢を崩さず口を尖らせておりましたが。遂に"条件"とされた望月氏攻略を成し遂げ、皆の前で信玄直々に「軍師任命」の沙汰が下った時…勘助は、先の憎まれ口も口をつかずに、ただただ瞳を潤ませていましたね。
思えばその知略の鋭さ故、主君から疎まれたりと不遇の時を過ごした事もあった気がします…勘助。だけにやっと、「日陰者」であった己に光を照らしてくれる主君に巡り合えた事…つい普段は物事を斜に捉えてしまう彼の心に、素直に込み上げてくる感慨があったのではないでしょうか。
誠心誠意、自らの力を信玄その人に捧げる事を、力強く宣言した勘助。その瞳の輝きが、とても良い印象を残しました。


さて、周囲には村上やら真田やら、信玄に仇なす勢力がまだまだ控えておりますが。差し当たっての大きなぶつかりあいは今の所なく、為に信玄から与えられた目下の役目も、側室・由布姫の心を解く…という一寸「軍師」の名にはそぐわなそうな内容であります。
まぁそんな事をわざわざ勘助に申し付けるのには、やはりそれだけの事情がある様で。幾度体を重ねても、いつ迄も遠い由布姫の心…は、何処にあるのかと周囲は気に病んでおりました。それは信玄のみならず、彼の正室・三条の方をしても、又…。



…と、いう訳で。今回非常に意外に感じたのが、この三条の方の描き方について、だったです。
やはり今迄、あちらこちらで嫉妬深く気位の高い女性として描かれるのを多く見ていた故に…曰く「人の心に悪意が潜むとは思ってもみない」人物という今大河の描写は、とても斬新な印象を受けました。

ってこれ、もしかして最近の定説がこうなりつつあるんですかねー?昨年のねね様の逆版みたいな。
前作のは「司馬遼太郎版・ねね様」への個人的思い入れが強かった為に、つい色々苦言を呈してしまいました。今回は、そういう私怨めいた(!?)違和感は少なそうなので…まだ普通に先を見守っていたい気持ちでいます。
跡目争いの辺りでは、又変化があるのかなー?今が今だけに、今から気になる。



そして違和感と言えば、由布姫の方も原作とは若干雰囲気違うみたいですねー。
原作での印象は、常に心身に芯が一本通っている感じで。はじめは氷の様かと思われたそれは、やがて時と共に冷たい表面が解けてきても――尚、鉄の様に揺るがぬ形で彼女の中に在る。
心患う日もあれど、常にしゃんとした所がある彼女の姿勢。その凛々しさに、勘助は広い意味で心惹かれていたのだなと感じてます。

大河ではどうも、そんなにいきなりその域迄達する訳ではない様で…。揺れ惑う己の心を隠す為に頑なな態度を取り、今はまだ自身の心が"揺れ"ている事にさえ気付けずにいる――そんな危うさを秘めた感じに見えました。
原作では自身の"意志"で、すぅーっといなくなってしまいそうな冷たい絶望感を感じたのですけど。大河では、流れに身を任せるのが怖くて口を結び踏み止どまってる感じ。
そしてこの硬く張り詰めた心に、三条の方の穏やかな目線が何か変化をもたらす…のかなと。成り行きを密かに見守りたいと思います…。



やーすみません、ドラマ観賞の間が開き過ぎちゃったもんで、つい話が原作との比較の方へ流れてしまいました。;
次回以降、少しずつドラマ本編に話を絞っていく様心掛けま…す。


っと、しかし今週も本放送観賞は難しそうなので…再放送を狙います。
次回は由布姫失踪事件!!いつぞやの北大路版新春時代劇では、演出がべとつき気味で申し訳ないが気持ち悪かった(スミマセン北大路さんが悪かった訳ではないんです…)、あのシーン。大河では果たして…!?

2007年5月27日 (日)

携帯からの投稿文字数…。[解決済]

前は確かほぼ無制限、だったと思うんですがねぇ。


今久々の大河感想(例によって長文)を携帯投稿しようとしたら、何でだか何遍やっても途中でぶっ切れてしまいます…。



設定が悪いのか?仕組みが変わったのか?単なる事故なのか?
ちと暫く原因が分かりそうもありません。
PC使える環境になったら、すぐ様調べてみたいと思いまーす!!



…しっかし困るよ…。うちみたいな長文ブログで、携帯投稿字数制限されちゃったら……。
ブログで長ったらしく語るなって事デスカ?そいつぁ無理だ!!(いや即答するのも)


5/28追記。

何度か試してみた所、無事全文投稿する事が出来ました☆
結局は単なる不具合だったみた…いですね。携帯のかココログのかは謎のままですが。
や、しかし一時はどーなる事かと焦りましたんで!!変わらずだらだら長文でも受け入れてくれるのにほっとしてます♪


どうもお騒がせ致しました〜。

2007年5月23日 (水)

サッカーの王子様は…?

野球の佑ちゃんがハンカチ王子、ゴルフの石川がハニカミ王子と言うならば。



サッカーはFマリノス・乾おじぎ王子でどうでしょうか…!!(夜の夜中にわざわざ何言うかと思ったら)



高校サッカーでのガッキーとの対面シーンとかこないだやべっちに飛び入り出演した時のぺこぺこ感、むっちゃかわいかったと思うんスけど!!
ひょこっと素早く体育会系の規律を保ったおじぎ姿、小動物っぽくてキュンっとするんだけどなー。



ガッキーとの対面の時は、後で「握手して下さい、って言いたかったけど言えませんでした…」と話してたとか何とか。うっっ、ますます胸キュンだ。



以上、眠れぬ夜のひとり言でありました…。
彼を見かけた時は、是非その挙動にも注目して見て下さい……☆

2007年5月20日 (日)

北方謙三著『三国志』 一の巻 天狼の星

本を読んだのもかなり久々なのですが…。
ひょんな事から貸して頂ける事となった、北方版『三国志』の感想をば少々。
 
 
『三国志』と言えば、中国歴史作品の代表格のひとつで。
正史や演義とは又別に、過去名だたる歴史小説作家が筆を執ってきたジャンルでもありますね。
北方版は、それらの中では新しい時代の作品に分類されるのでは?スミマセンうろ覚えですが、単行本が刊行された当初相当話題になっていたのを良く覚えています。
 
 
で、読んだのは文庫全13巻の内の第1巻。
まだなぁんも進んじゃいませんよー(笑)。
中核となる劉備・曹操・孫堅は、まだまだ筵織りや青年隊長や地方豪族な身分で。この巻では、まぁそこからそれぞれのペースで1歩か2歩、他を抜きんで始めた所かな…?といった具合です。
 
天下では宦官をはじめとした腐れ官僚達がはびこっており。帝とはいても名ばかりの存在、漢王朝は最早斜陽の時を迎えようとしていました。
さすれば国は傾き、世は乱れる。現在の地位に胡座を掻いてやりたい放題の役人達により、国はじわじわと荒廃への道を辿り始めます。
彼らの暴政に不平不満を抱くのは、被支配者の民衆ばかりではなくて。有能な人物を見出そうともせず、国を良くしようとも思わない国吏達を歯噛みして見ていた地方の有力者達――やがて彼らは「我こそが」と、大なり小なりの野心を抱いてその姿を世に現し始めるのです。
 
 
国でも会社でも何でもそうでしょうが、傾き始めた時に先ず試みるのはその建て直し。
現在の仕組みを保っていく事を前提として、問題点を修正・改正する方向で再建を図っていくと思います。
しかし最早、いよいよそれではどうにもならなくなった時…。欠陥部を塞ぎ続けるだけでは限界が見えてきた時、土台そのものからひっくり返して作り直そう――これが所謂「改革」の思想だと思うんですね。
この潮時の見極めはいつも肝心で難しく。先見する力や行動に移す時機の他、運や時勢や…あらゆる要素が瞬間に混じり合って「結果」を生み、又先へと歩みを進め今日迄続いてきた訳です。
 
 
作中に登場する人物達は、皆この「機」を見極める事に何より神経を注いでいるんですね。それぞれのやり方で、それぞれの考え方で。
「機を見逃さぬ事、それを掴み損ねぬ事」――文中幾度も形を変えて出てくるこの表現、自身にとっての「今だ」の瞬間を逃さぬ様、男達は常に目を光らせています。
中でも先に挙げた三傑の、「機」に対する向き合い方は三者三様で興味深いですね。何処かなるようになるさ感が残る劉備、いつかくる「今だ」の時に備え静かに足場を固めている曹操、訪れた「機」が「好機」であると見るやいなやそれにひらりと飛び乗っていく孫堅…。
それぞれのフットワークの違いがこの巻では如実に表れていて、序章としてなかなかに気をそそられる展開でありました。
 
逆にこの時点で、「今だ」と動いた董卓、動き出さんとしている袁紹…三傑が「待ち」の姿勢でいる中、彼らの動きがかなり作中で目立った印象を残しています。
この力関係の変化をこれからどう描いていくのか、今から楽しみですね。
 
 
文章のスタイルとしては、常に誰かしらの視点から話を描く三人称形式でありまして。その目線の元となる人物が様々入れ替わり、彼らの主観と時々の感情を多分に盛り込んで綴られる物語となってます。
三傑に加え、呂布や袁紹辺りも加わって、スクランブル乱世絵巻みたいな構成になってますねー。
そして彼ら個々の視点に立った時の、北方氏の筆が…ね。あっついんです、とにかく。
私は北方氏の作品を読んだのはこれが初めてなのですが、一字一句に魂が宿ってるかの様な勢いが感じられるんですよねー、この作品には。割と短めに区切られている文体も、その効果に一役買ってるのかもしれませんが。もう呂布視点の時なんか全力で呂布ってるのがありありと見て取れて、こちらも引き込まれちゃいます。曹操の時も凄かったなー。
これから登場人物も増えるにつれ、氏の筆捌きにも注目ですねー。
 
 
まぁ個人的見解を言うならば。おぼろげでも、三国志のメイン人物について多少知識がある方向け…な作品である気も致します。
かくいう私自身、三国志は本当に所々の聞きかじり知識しかないものでして…。故に結構、人物像を掴む上で描いて欲しいと感じた部分がさらっとなぞる程度だったりしてた印象も受けたので、なぁんとなくこういう人だっけなー位の認識はあった方が良いのかなぁとも思います。
性格なんかは読んでく内に分かりますけど、立場とか背景とかの描写量は結構波があったので…。これから出てくる部分なのかもしれませんが。
それと背中合わせみたいな格好で、三国志の知識が豊富な方や自分なりのこだわりを持ってる方なんかには、気になる所が見つかると結構引っかかっちゃうかも…。割と勢い重視で進んでいる感じもありますので、ね。細かい部分に目をやってみると…。
まだ1巻読了時点での印象なんで、この先筆が乗ってきたら又違って見えるかもしれませんー。
 
 
 
あいた、リハビリ感覚でさらっと書き流すつもりが…スミマセンいつもの爆盛りになっちまいました(苦)。
えぇとこの筆量で13巻分語れるかは何とも言えませんが(汗)、一先ずシリーズ読破に向けて、頑張りまっす!!




北方謙三著『三国志』 一の巻 天狼の星 書籍情報はこちら→アマゾン bk1

携帯からも閲覧可能に♪及び今後の時代劇観賞について

どうもお久し振りです。なるとです。
えぇ丸々2ヶ月も放ったらかしてまして…本当にすみませんでした。
 
 
色々考えたんですが、やっぱりブログ書くのは大好きなので続けていきたいと思います。
今迄の様にボリュームある記事を書くには…まだ時間がかかりそうですが。と言うよりこんだけ間が空いてしまって又元の様に戻れるのかどうか、非常に心配なのですけど(汗)。
少しずーつリハビリを重ねて、又こそこそ始めていこうと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
で、暫くブログ管理から遠ざかっている間に、何やら便利な機能が色々追加されてましたよー!!
遂に遂に、ココログが携帯閲覧可能になりました☆
 
見たいココログのURLを入力すると、そのまま閲覧用ページへ飛んでくれるそうで。
記事の閲覧の他、コメント投稿キーワード検索も可能であるみたいです!!
先程早速試してみたんですが、おぉ~確かに見事閲覧出来る様になってまして♪過去10件分より以前の記事迄一覧表示出来る辺りは、PC閲覧より便利かもしれません(爆)。
 
今迄諸事情によりブログの夜チェックが出来なかった私ですが…。これからは、この機能を利用してこまめに管理していこうと思いまっす。
 
 
 
さてそれから、タイトルにあるもうひとつの件。
最近の時代劇観賞具合についてですが…最初威勢が良かったものの、最近とんと失速気味になってます(苦)。
 
 
や、もうとにかくね、鑑賞出来る時間にTVの前にいられんかったんですこの2ヶ月間(汗)。
録画機能には恵まれていない環境な為、見たい作品はあるもののチェック&フォローがままならぬ状態が続いておりました…。申し訳ないです。
一先ず今クールのダブル十兵衛(って何か違)は、最近ようやっと見る事が出来ました。どちらも大きな一連の流れはあるものの1話完結型なので、どうにか入り込めそうですー。
まぁ時期が時期なので、これから感想綴るのは難しそうですけれど…。そっと見守る事に致します。
 
 
で、今悩み中なのが、大河「風林火山」についてなのですよ…。
 
 
ここん所は、再放送も見逃す状態でしてねぇ。久々におっとこムサくて、アツいソウルが伝わってきそうな大河であるだけに、今からでも乗っかっていきたい心持ちなんですが!!
…只これだけ間すっぽ抜けてるとなぁ(尻込み)。出戻りに躊躇っている自分がおります…。
一応原作は読んでますし、又大河本編も必ずしも原作通り…という訳でもなさそうですので。まだ今の時期からならどうにか滑り込めるだろうか…!?と、僅かに希望を抱いている状態なのです…が…。
…ある時ぽろっと感想復活した暁には…どうぞ生暖かい目で迎えてやって下さい……(正に出戻り女の心境)。
 
 
 
これからいきなり本調子で!!とはなかなか参りませんが、ちまちま書きたい事書いていきますんで又宜しくお願い致しますー!!

2007年5月11日 (金)

5月10日ははつのり記念日

どうも長らくご無沙汰しておりました。
ほったらかしててすみません…生きてますよ。
 
 
まだ一寸かつての筆量を取り戻す迄には時間がかかってしまいそうです。ので、手短に。
 
 
ビバ☆はつのり!!川崎フロンターレ…!!
 
 
始まる迄は正直、不安ばかりが頭をもたげていたACLリーグ戦。あの強豪やあの古豪が毎年この壁に跳ね返される様を見ていただけに、まだ新興勢力とも言えるフロンターレが何処迄戦えるのか…期待以上に心配の方が大きかったです。
けれど皆、本当に良く頑張ってた。決して厚くはない選手層の中で、Jリーグとのかけもちの中で常に彼らは全力でひとつひとつの試合に臨んでいました。 

初めてづくしの環境で、それでも彼らが初心を忘れぬ姿勢を見せ続けてくれた事。それが、たまらなく嬉しかったです。
 
 
「何処が一番乗りでも構わなかった。只、このホームで決めたいという想いだった」
 
 
中村憲剛のこの言葉。
ずっとずっとこのチームでやってきて、苦しい時でも支えてきてくれた彼がこう言った時…胸の奥が熱くなるのを感じました。
 
 
しかし一番乗りは、あくまで単なる順番の話。
今後の展開に、何ら影響を及ぼす訳ではありません。
だから、変わらずに又、目の前ひとつひとつの試合を乗り越える事を大切にして。暫し歓喜の余韻に浸った後は、次を見据えて仕切り直し!!と参りましょう。
まぁ今夜位迄はもう少し浮かれていても良いかな…。
 
 
 
 
いや今週末位迄浸ってても良いかな……(意志が弱い)。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »