2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の4件の記事

2007年6月30日 (土)

北方謙三著『三国志』 二の巻 参旗の星

北方三国志文庫版第2巻の副題は、「参旗の星」。その文字通り、精気と野心漲る武将達が家を、軍勢を、そして己自身を世に知らしめる為、戦場に各々の「旗」を翻す……そんなシーンが多く見られた巻でした。


天下情勢は幼君を手中にし我が物顔で暴政を敷く董卓、そして名家というブランド力を武器に大軍勢を擁する袁紹、辺りがまだまだ強い状態。ですが少しずつ着実に、新興勢力の胎動が目に見え始めてもいます。
とりわけこの巻で序盤の大きな転機を迎えたのは呂布、曹操、後は孫堅の嫡子孫策であったと言えそうですね。


まずは呂布。彼は又も…と言うか早くも…と言うかやはり…「父子の契り」を交わした主君・董卓をさらっ、と手にかけます。1度決めたら迷わず首をすぱっ、と殺ってしまうのが、どうも彼の無意識的スタンスである様。
お陰で後釜を狙う者達にとっては格好の好機。董卓の暴政に嫌悪を抱きつつも、戦をすれば滅法強い「目の上のたんこぶ」呂布を恐れていただけに、これを契機に都(長安)の覇権争いが表面化していきます。
しかし彼らの心根は、押し頂いている筈の帝や漢王室に対する忠義の心とは程遠く。その争いは、単に剥き出しの権力欲をぶつけあっているだけの様なものでした。

で、この件の立役者?どころか、その気になれば自ら董卓の座に身を置く事だって出来た筈…の呂布なのですが。そのどちらにも興味を示さず、これ又さっさと長安を去ってしまうんですね。
理由は単純、「居る意味がなくなった」――。元々董卓を手にかけたのは愛妻・瑶の心身衰弱を引き起こした事から始まる不信の結果であり、その瑶もやがて世を去ってからは…彼女が「いた」、故に「いない」事も痛感させられる長安の地に、これ以上止まりたくはなかったという事の様です。

呂布の他者に対する心情というのは、どうやら相当に二極化している様でして。敵か、敵じゃないか。常にこの2択を繰り返してきている気がしますね。
「敵じゃない」と判断すれば、害がないと同時に興味もない(笑)ので、やりたい様にやらせておく。しかし一たび「敵」と判定した途端に…身内だの主君だのという「肩書」は、彼の前では何の意味も持たなくなってきます。
単純な分類ではあるのですが彼の場合、多くの人が多かれ少なかれ見せる「執着」をどちらに対しても殆ど見せる事がない為に。何をしでかすか分からない、という危うさが常について回ってます。とはいえ憎めないキャラではあるのですが。


呂布にとって「味方」と呼べる存在は己自身と、自ら鍛え上げた麾下500騎の騎馬隊、そして愛馬赤兎と…想い出の中の瑶。それさえあれば他はいらぬ、とばかり、彼は誰に媚びへつらう事なく乱世に身を投じているのでした。


そして曹操は。誰もがその規模の大きさ故尻込みしていた青州黄巾軍・百万を、見事打ち破る事に成功致します!!
綿密な下調べを重ね、慎重さと豪胆さを併せ持った采配を行い…いかにも曹操らしい順を踏んだやり方で、途方もない数の敵を倒したのでした。


それにしてもいやぁー、流石は(?)広大な中国大陸!!宗教集団として集まったその数、何と百万でありますよ!?
老若男女含めてとはいえ、このスケールは桁外れですよね。何だか妙な所で感心させられてしまいました。
対する曹操の軍は、僅かに3万を超えるか…程度。とは言え大勢力として知られる袁紹の軍ですら、十余万を数えるに止まっているのを考えると…黄巾軍の結集力というのが、より浮き彫りになってくる感じです。

この圧倒的数的不利を打開するには、先ず敵の本質を知る事。
百万というぶ厚いヴェールの奥にある、黄巾軍の真の姿…それを見極める迄曹操は間者を放ち、熟考を重ね、小競り合いを繰り返し…辛抱強く「機」を待ち続けるんですね。
そして敵方大軍勢の内精鋭は一割足らず、更には大所帯故に彼らのアキレス腱は「兵糧調達」にあり――。っと見抜いた後でも尚、いざ決戦へとなる直前迄曹操は自問を繰り返します。この悶々と続く葛藤を熱い筆捌きで描く北方氏の手法、個人的には大好きですね。人間臭さが感じられて。

こうして黄巾軍との戦いに勝利を収めた曹操でした。が――間を置かずして部下の裏切りに遭い、この事が彼の心理にも暗いものを落としていく様な予感です。
今はまだ、それは些細な染み程のものではありますが…。元々有能な人材を登用するのが好きな人物でもあるので、何処かで軋みが生じてきそうな気も。気になる所です。


孫策の方はやっと天下に我らが旗を翻すぞー!!って所で終わったので、次巻以降漸く動き出すんでしょうね!!
にしても策兄…北方氏の描く猛将達の例に漏れず、凛としてカッコ良い若武者であるだけに!!何とかこの姿をもっとみっちりたっぷり見せて貰えんでしょうか…!!(何に対する交渉なのか)
まだどうしても曹操や劉備と比べ、孫兄弟の描写は少なめですね。まぁ事情も慌ただしいので仕方ないのかもですが、心なしか前述2者に比べ側近達のキャラ作りが薄い様…にも!?目立ってるのは周喩位な気もします。それもこれからかな。


時に劉備。今巻はそれほど話のメインには現れてきませんでしたが、見えてきちゃいましたよ…腹の奥の奥のトコロが!!(爆)
…「徳の人」との評判高まりつつある彼ですが、なかなかどうして腹の中身は黒い子ちゃんと申しますか、人並みの野心は持ち備えていると申しましょうか…。色々と頭の中では算段を巡らしている様子。
まぁその辺本人も何となく自覚があるらしく、「おれはそんな良いコちゃんなんかじゃないやいー!!」と関羽辺りに泣きついてる姿はそれで結構かわいいものもあるんですが(爆)…え?これも相手の思うツボ?



こんな感じの第2巻感想。結局好き勝手書かせて頂きました…。
さてそろそろ、各人物達のキャラも固まってきた所で気になるあの人☆の存在も出始めておるのですが。


……私、夏侯惇が好きかもしれませんです……(ポッ)。


読み始める前から気になってたのは張飛だったんですけどねー。や彼の事は勿論好きではあるのですが!!
ですが惇のいぶし銀的魅力っていうんですか…!?いつだって気付くと傍にいてくれる静かな男気っていうんですか…!?そんな彼に惹かれちゃってしょうがないです。
最近では本編でちらとでも惇が出てくる度、胸高鳴る自分がいるんですが…。えっ、これって。恋?(痛)



さてこれから3巻読みまっす。



北方謙三著『三国志』 二の巻 参旗の星 書籍情報はこちら→アマゾン bk1

2007年6月28日 (木)

アンコール「その時歴史が動いた」で真田

昌幸パパかっけぇ……ッ!!



今日の「その時」はアンコール放送だったそうですが、私にとっては初見だったので。
とっても新鮮な気持ちで、この真田昌幸&上田の人々の戦いを堪能致しました!!


番組のクライマックスは、関ケ原時の上田城攻防戦にて秀忠軍をさんざ痛めつけたあの場面。ですがここでは昌幸の家臣・領民に対する人身掌握術、又彼の真摯な姿勢によって結束する民衆の姿…に重点が置かれております。
よって普段慣れ親しんでいる「知略縦横なる真田父子」とはがらりと雰囲気違っていて、上田という土地全土が一丸となって「戦う」姿が実に力強く描かれていました。


武将追っかけ視点からだとつい真田父子の知謀に目がいきがちで、勿論その才覚あっての勝利であるのですが、そこに至る為にはやはり実際弓刀を握る者達にこの精神が息づいていなければ為し得ない訳で。領主昌幸の策をしっかり実行出来た指示系統や、圧倒的数的不利を前にしても挫けぬだけの信頼の構築と恩賞…「人使い」としての昌幸の姿にスポットを当ててくれたのは、個人的には好きなアプローチでしたね〜。
一寸だけ近い目線から天下分け目の戦を垣間見た様で、結構興味深いものがありました。


個人的には信幸(之)兄もかなりスキーなのですが…何か前にこの番組で取り上げられてた様な!?だったっけ!?
自信がないです…が、やってたならアンコール見たいです。やってないなら作って下さい(何でそんな強気なの)。
…彼と舅との絆とか、剛毅な嫁さんとかが非常に好きだったりします。えへ。

2007年6月17日 (日)

「蒼天航路」にも手を出してみる

北方版「三国志」は借り始めてから、順調にちびちびと読み進めております。
只今2巻の真ん中ら辺。董卓が呂布に殺されて、曹操が黄巾族制圧して劉備はまだぶらぶら渡り歩いてる所かなー。
結構のんびり構えてたのですが、近頃ふと全13巻という現実の意味を今更乍らに重く受け止める様になりました…。そうか!!ひと月に2冊ペースで進めてっても半年かかるのか…!!(……)うわ、もう一寸意識してピッチ上げてこう。
 
 
そんな中、こないだ一緒に飲んだ友人が話した「蒼天航路」の話、
 
 
 
「あの漫画の曹操は人間じゃねぇよ」
 
 
 
…この煽り文句に心惹かれ、ぷらっと5巻迄読んでみちゃったりしてみました(相変わらず唐突ですネ☆なるとサン!!)



存在自体は知っていて、結構な巻数出てるよな~…ってのも認識してたのですが。果たして30巻超えの長編シリーズでありましたか~。
…でもどうやらいずれ揃えてしまいそうな予感(又ですか!!なるとサン!!)


何だかいつの間にやら作品世界に引きずり込まれてますね。曹操ってばカリスマ含有量∞のパーフェクト超人なんだからもう。確かに英雄通り越してあれはもう人間離れしている…。
先の事はぜーんぶお見通し(にしか見えないよあれは)、でやる事為す事天下取りへの着実なステップ。んな様を、いっそ清々しい位堂々と描いておりますね。
勢いの良さも、色々な意味でそんじょそこらの話じゃありんせん。のっけから鮮血ドビュッシーで「イヤ保たん!!こりゃあ私保たん!!」と相当に引きが入りましたが、まぁそっちは休み休みな描写でしたので…どうにかまだお付き合いは出来そうです。
 
 
まだ5巻目ですが、目についたのはとにかくこの曹操のエネルギッシュっぷりですかー。
北方版で石橋を叩きまくっても尚渡る直前迄熟考、な曹操を見てるばっかだけに余計、思うがままに暴れまくる姿が印象深いです。
劉備も随分飄々としていて、面白いですねぇー。野心は抱きつつ気ままに世を渡る3人衆の様子がすごく楽しそうで…!!関羽を「関さん」と呼んでるのも、何か新鮮!!(笑)
後特筆すべきは董卓の三つ編み&呂布のドレッド頭でしょうか(爆)。最早これ見たお陰でこの漫画をファンタジーと割り切る腹が決まりました(笑)。
それにしてもどもる呂布が想像以上に母性をくすぐるんですがどうしたら良いですか(しっかりして!!)。
 
 
 
この先の読破予定…は、どうも丁度読み終えた辺りが今北方版で読んでる辺りと良い具合に並んでいるので。小説の方を優先するかもしれませんー。
それが落ち着いたら、一気に買い進めてしまう可能性も…あるかも。
仮にやったとしたら、巻数的には「沈黙の艦隊」以来の大物買いになりそうですよ…!?(その経歴もどうなのか…)

2007年6月 1日 (金)

カロリーメイトのポテト味。

本日朝の一風景。


今朝は時間が押してまして、朝食は家で取れずに自分の机に着いてからに致しました。
そこにやってきた後輩君。いつもの感じでおはよう〜と、互いに挨拶交わしまして。
で、私の机に広がっていた以下の朝食風景を見て一言。


・クリスタルガイザー 500mmペット
・カロリーメイト(ポテト味/ブロック2本入)
・ウィダーインゼリー(エネルギーイン)



不健康ですよ。その無敵の3点セット」





返す言葉がありませんでした。





ま、無論これにて日頃の不摂生を補おうなんてのは虫の良い話な訳なのですが…。どうせならってんで、出たばっかりの噂のポテト味を手に取ってみたんです、カロリーメイト。
んで、お味の方…は。ポテト系のポタージュスープを固形にした様な味ですね。

まぁ正直な所、よっぽどこのテの食品が好きでない限りは努めて食べる代物でもない気がしますが。
しかし従来品と真っ向異なる「脱・甘味」路線は、ひそりと評価したい心持ちです☆

今迄のチョコ、フルーツ…当然ですけど甘めでしたからね。チーズは食べた事ないんですけど、これはそうでもないのかな?
ともかくも、何となくお菓子っぽくて朝食代わりには出来んなー、と感じてたので。…ってお菓子っぽいのはまぁそうですけど(笑)、このポテト味は思ってたよりアリなのかもなーとも感じました。



…しかし上記の朝食ラインナップはちと失敗…。ウィダーのエネルギーインがなな何との200kcalで、メイトと合わせ計400kcalの摂取に!!
…これが軽めの朝に慣れた体には響き、どうも胃が張って息苦しい午前でした…。
エネルギー補給って、こういう意味だったのか…。ぬかった。次はカロリー低めのビタミン系のにしとこう。



ってその感覚が不健康なんですねー(自省)。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »