2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の4件の記事

2007年9月18日 (火)

本日の衝動買い本

連休の最終日、いつもの様にふらふらと本屋に立ち寄ったりしまして。
何を買うでもなく、見るだけ〜のつもりが…いつもの様に、結局レジにてお買い上げってな顛末でした。あは。


やっぱり数多の表紙背表紙を眺めてる内、気付けば2、3気になって手に取っちゃってるんですよねぇ。
とりわけ文庫コーナーは、いつもファイナルラップはいつなんだって位にぐるぐる何周もしてしまいます。


でまぁ、今日手に取ったのは南原幹雄の『付き馬屋おえん 暗闇始末』
裏表紙あらすじに依ると、吉原遊女屋から依頼される代金取り立て屋稼業を受け継いだ器量よし、おえんの剛腕始末帳…といった流れの様で。目のつけ所が面白そうだなー、と興味を抱いた訳でした。

しかしこれだけじゃあ何か艶っぽいしなぁー。もひとつスッキリかスカッとか、後味さっぱり路線もセットでいこうか…とも思ったのです。
んで、又暫しうろうろうろ…。



……最終的に手にしたのは、梅田みか『愛人の掟2』でした。
……誘爆してどうする(滅)。


ちなみにこっちは、スミマセン完全に下世話な興味本位からで…す…(沈)。
未知なる禁断の領域を、そっと遠目から覗き見てみたい様な。悪趣味でスミマセン(汗)。


あーそれと、石月正広の結わえ師紋重郎も、続編が出ていたんですねぇ。
悩んだ挙句に結局は棚に戻しちゃいましたが、うーん読んでみたい様な気はしてます。
前作には、面白いは面白いけどもうひと息ー!!という印象を受けたので。今度はどんな展開にしてくれるのか、興味深い所です。



しかし結局、この連休に書くと言ってた記事はひとつも上げられませんでしたね…(凹)。
書きたいーといきむ程、何処からどうやれば良いのか悶々と考え込んでしまいます。
三国志は本当、早い内に上げたい…。次が次が!!(切実だ)

2007年9月15日 (土)

ブログパーツ初設置『おみくじかしわ』

さ、やっと本腰入れてブログのデザインを変更してみました。
今の今迄梅雨仕様で…(汗)。長梅雨でいつ切り替えよっかなー、とうだうだしてる内、今度は自分がネット落ちしちゃってここ迄ずるずるきてしまいました。はは。
今回は秋のお月見イメージです。昨年はタイミング逃しちゃいましたからリベンジ~。
 
 
んで、ついでに初☆ブログパーツ設置も試みてみました。
少し前に、niftyココログが力を入れ始めたこの分野。色々紹介されてくのを眺め乍ら気になるなー、沢山あって目移りしちゃうなー、でもどうやるんだろうなー、なんて事を思いつつ、今迄物陰からコソコソ様子伺ってただけでしたが。時間に余裕が出来たのを機に、やってみよう!!と一念発起(大袈裟な)してみた訳です。
そしたらばまぁ、思ってたより全然なんて事ない作業だったんですね…。ココログのブログパーツガーデンからだったので余計楽だったのかもしれませんが、導かれるまま促されるままにとことこ進んでいったらあっさり設置完了しました…。うーん正に案ずるより産むが易し。
 
 
で、早速つけてみたのがサイドバーにあります、あまいっしょ『おみくじかしわ』。
3つ並んだ柏餅ちゃんをどれかひとつクリックすると、もれなく吉凶が占える仕組みになっております~。
柏葉の陰よりぱかりともたげるなごみ顔。あぁ気が緩む。
そして軽くひと言発してくれるんですが、これがたまに深い事言ってくれたりするんで侮れません…この餅!!わわわ私の何を知っているのか(図星だったのか)。
 
 
…なんて、基本癒し系路線のキャラパーツでありますが。
ゆるゆるした風体でこのコら、平気で大凶とか突きつけてくれますので(爆)。どうぞ寛大な心で接して下さりませ……。
 
 
 
気が向いた折にでも、どうぞ戯れにポチリと遊んでみて下さい♪

さようなら私の3連休…。

分かってるつもりです、
「世の中には連休なんて貰えない人達が沢山いるんだ!!」って事は…。


それ考えれば、週末ほぼカレンダー通りに休める境遇は有難く思わなきゃいけないのに…。


なのに!!3日まるまるお休みだ♪と信じて疑わなかった身体には、それがたった1日潰れる事にすら軽くないショックを覚えてしまうみたいですね(滅)。
いつもの土日休みになったと思えばいーだけなのに。だけなのになぁ……。



…そういえば。前にも3連休を前に踊りださんばかりに喜んでいた私に対して。当時まだ学生の後輩に、

「…休み3日だけでも、そんなに嬉しいんスか」

と言われた事を思い出しました。
そうでしたね、学生さんは。……いいな(ぽつり)。


頑張って2日間で3日分休む様にします(え)。

2007年9月13日 (木)

東欧遠征と北京五輪予選(…と、ちょっぴり今後の更新予定)

何やら急にめっきり涼しくなりましたね。日も随分短くなりました。


パンツの日から又も更新滞っててスミマセン、本当(汗)。


んー語りたい事は山程あるのですが、一先ずは記憶に新しいサッカー代表試合のミーハー感想から。

先ずはA代表の東欧遠征2試合。時差でどちらも深夜放送でしたが、一応やりくりして生観戦しました。


松井大輔と中村憲剛が入った途端、見違える様に眠気が吹き飛びましたネ☆(超正直なミーハー者)


いやいやスミマセン、最初から試合を見てはいたのですが、やはりこの2人が投入された瞬間にテンション急上昇するのを抑えられませんでした…(白状)。
特に松井は代表への久々復帰、本当嬉しかったです〜。
やはり彼のスタイルは、今の代表にはなかなかなかった貴重なもの…である様に思えましたねぇ。ああいう切り込み隊長?みたいなのが1人前線にいると、俊ちゃんも動き易そうでしたし遠藤のやらしいパス(え?)も上手い事生きていた気がします。
…オシムには「眼鏡を変えた方が良い」とずっぱり言われそうですけれど(ってこちらは別件かな…)。

初戦のオーストリア戦は、両者無得点のままPK戦へ。惜しくも外してしまい、敗北を喫しました…。
それでも勝ち点は貰えちゃうという、何とも摩訶不思議な今回の特別ルール。この妙な寛大さの意図は何だったのでしょうか…。
にーしても、遠藤のPKは本気でやらしかったですねー!!(笑)助走でじらして蹴り方迄…。あれ、GKには結構屈辱的だったのではないでしょーか。


続いてのスイス戦は、後半ロスタイムの逆転劇で4-3の勝ー利。両得点の内3点分がPKという、これ又あまり見られそうもない試合展開でした(因みに日本2、スイス1)。
最後の最後に中村憲剛を投入した辺りが、結果的には功を奏しましたネ♪(よっ!!贔屓の引き倒し☆)
しかしスイスの試合の運び方、かなりお手本にしたい部分…というか、そうそうこれがやりたいんだよ!!って形を結構見せつけられてて、これが今後の糧になってくれたらなーとふと思ったりしました。特に中盤での守備の仕方、あの位置できちんと時間かけられるやり方は見習いたいもんです…。何かすぐ最終ラインにどばどばボールがなだれ込む様を、良く目にしてはヒヤヒヤするので。

時に2点目を決めた巻の試合後コメントで、「中澤と闘莉王に相手DFの強いのがついてくれたので、自分は思い切って行けた」というのがありました、が……1トップFW(だったと思います確か)よりも優先的にマークされてる両CBって……(滅)。
んまぁ、過去の得点率からすると、妥当と言っちゃあそうなのかもしれませんが……。
つまりは日本のFW陣、もちっと奮起しちゃえば!?って事ですかネ!!ようし先ずはオシムの第1弾メンバー発表に名を連ねる所から〜♪(…って淋…)


続いて五輪予選。見ようかどうしようか悩んだのですが、まぁ一応チャンネル合わせてみました…。
何か肌合いが違う…と思ったら、そうそうこちらの解説は松木さんだったんですね〜。
確か前のホームでのベトナム戦は、直前のA代表カメルーン戦放送とバトンタッチする形で解説も松木OUT→セルジオINだった訳ですが(笑)。今回は終始松木節でっした…。
この方ね…人柄の良さと熱い魂は好きなのですけど、解説者に必須の"落ち着き"ってのが、どうも……ねぇ。自国の選手に少なからず肩入れしてしまうのはまぁ仕方ないにしても、特にどちらかに点が入って均衡が崩れた瞬間松木さんの均衡も崩れる辺りがどうしたものやらで(爆)。応援要員としては申し分ないのですよ、この上なく…。
寧ろ私は、ピッチ解説してる堀池さんの分析にいつも感心させられるんですけどねー。本解説で聞いたら又、感じ方が違ってくるんだろうか。


…解説の話に熱くなってしまいました(汗)。
試合の方は1-0で勝利、最低限の目標は達成したという所でしょうか。
はっきり言ってサウジ戦以外のホームでもちっと稼いどければそれに越した事ない…のが本音なんですけどね。まぁもう終わった事なので、見つめるのは先を先を。

でも。良く覇気がないとか緊張感に欠けるとか言われる五輪代表ですが、今回の退場劇からの必死に走る姿勢には、胸打たれるものがありました。
ホーム戦だからこそのしかかるプレッシャーが、良い形で後押ししてくれたのかもしれませんが。こうやって危機を乗り越える事で養える「闘志」が、経験と共に若い選手達に芽生えていくんだろうなぁ…としみじみ感じた試合でした。何だか精神論になってしまいますが…。
こうして得たものをもっと大きな舞台で発揮してくれる様、残りの試合も力を尽くして貰いたいです。


んーさて、涼しくなって体力も回復してきたので(単なる言い訳)、又ぼちぼちブログ更新に勤みたい所です…。
とりあえず備忘録がてら、これから書きたい事リストを。
・読書感想:北方版三国志(第3巻)
・読書感想:中国畸人伝(返却され次第)
・音楽レビュー:『green chord』/ACIDMAN(超今更ですけど!!)
・関連してWEB本棚、音楽棚も更新したいなぁ…。

連休に少しでも消化したい心持ちです〜。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »