2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 木曜時代劇の新シリーズ… | トップページ | 「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」に挑戦します »

2007年10月20日 (土)

エジプト戦とカタール戦

先日お茶をしていた時に、今年もじき終わりますねぇ~と相手の方としみじみ語っていたものでしたが。サッカー日本代表は正に、今年もおしまいの総決算。年内最後の試合は、大阪にエジプト代表を迎えて行われましたー。
 
…しかし試合後、「今年最後の試合でしたが?」との記者の問いかけに対して、オシム監督のお答えは。
 
「今年最後だというのは大した問題ではない」
 
……はい、全く仰る通りでございます(深々)。
 
 
さてこの試合、てっきり親善試合かと思ってましたらどうやら公式戦扱いのマッチだったそうですねぇ(爆)。スミマセン不勉強者で…。
家に帰れた時にはもう前半30分位?過ぎていたのですが、途中からでもとチャンネル回して見ました。えぇ年内最後の代表憲剛を見ておく為に(大した問題でないって指揮官が言ってたってば…)。
 
 
その中村憲剛。いやいや結構良かったんじゃないでしょうか!!
いつもの素人目に加えての贔屓目加味にて好き勝手語らせて頂きますと(爆)。以前よりか、彼がピッチに残った時のチームのボール回しに安定感が出てきてる様な気がします。
アジアカップの時とかは、俊ちゃんや遠藤が抜けちゃうと徐々にボールが前に上手く運ばれなくなってしまって…。何となくそれが歯がゆくて、ジーコジャパンの時にいた「ヒデ&俊輔がいてこそ動ける選手」みたいなタイプになっちゃわないと良いなぁ…等と勝手に気を揉んでしまってましたが。この試合の感じでは、チーム全体としても段々誰とどう連携を取ってボールを運んだら良いのか…が、少しずつ確立され始めてる印象を受けました。
憲剛自身の動きも、持ち味のパスセンスが随所で光っていた気がして良かったんじゃないですかね!!3点目の前田のゴールで起点になったのは正に中村憲剛~(もう分かったから)。
そんな働きぶりもあって、思えば久々の代表フル出場。後半足をやられて立ち上がれなかった時に、スタジアムから「ケンゴ!!」コールが湧き起こった様子に彼の存在が着実に大きくなっているのを感じてじんときてしまいました…。
 
後これもアジアカップの頃から何となく想像しているのですが(妄想とも言う)、オシムは憲剛に彼自身もチームを切り盛り出来る立場になれる事を期待しているんじゃないかなぁ、とも思えてきてます。俊ちゃんや遠藤との密な連携プレーとは又別の立場というか。
と言っても絶対的な中心選手と言うよりは少し柔軟な位置付けで、上手い事立ち回れる役割を求められてる様な。ここ最近様々な時間帯での使われ方をしているのを見て(調子の良し悪しもあったのでしょうが)、オシムは彼なら出来るんじゃないかと思ってこそ色々やらせてみてるのかな~と感じたりしてました(超肩入れ)。
まぁ何となくなのですけど、憲剛の様な「慣れ方」の出来る選手、オシムは割と好んでそうな気がします。思考がしなやかな選手が好きみたいですし、ね。
 
 
さてすっかり憲剛の話に時間を費やしましたが、この試合の主役は別にいまして(爆)。
漸くの代表初ゴールを何と何と連続弾で飾った大久保嘉人君!!……ど、どうしちゃったんですか…!?(スミマセンスミマセン)。
思えば代表21試合目、ですかー。その間色々あったもののずっとノーゴールで、どうも運のない選手との印象があってか運が最大の武器となっていたジーコジャパンでは重用されずにいましたが(スミマセンスミマセン)。念願の初得点を早々に決め、その後は彼自身「一気に動き易くなった」との言葉通り終始溌剌としたプレーを見せてくれてました!!
1点目は生で見られなかったのですが、2点目はちっちゃいながらもヘディングでゴール。なにわのベッカムを自称する遠藤(昔何かの番組で言ってました…)がきっちり上げたクロスに、大久保のちっちゃい頭がばっちり当たりました。やー、ちっちゃいのに頑張って合わせてましたよ!!ちっちゃいのに!!(もうやめてあげませんか)
決めた土地は、図らずもC大阪の本拠地・長居で。あの移籍に正直Cサポは複雑だったんじゃないかと思うのですが…このゴールはどう受け入れられたのでしょうか。マスコミは運命的だ等と囃し立ててますが、大久保自身並々ならぬ思い入れがあるのは確かでしょうから、地元のファンにもそれが伝わってくれてたら良いなぁと思います。
 
 
時にこの試合は、全部で4得点という割と一杯点の取れた戦いだったのですが。
後日友人達と話していた時、皆どういう訳かどうしても4点目の得点選手が誰だか思い出せなかったんですよね…!!(滅)
私もきっちり最後迄見ていた筈なのに、「そういえば誰だっけ…!?」状態で(コラ)。…ごめんなさい加地君……(平謝)。
 
 
 
さぁ勝利の余韻に浸りつつも、同日未明には五輪代表のカタール戦が放送される予定でしたので。気持ち切り替えて仮眠を取る事に致しました(笑)。
この試合は正真正銘の真剣勝負、しかもアウェイのドーハで激突…。TVもかの「ドーハの悲劇」を引き合いに出し、この試合の緊張感を高めさせていましたが…。
…まさかその「悲劇」が再度現実になろうとは、思ってもいなかったでしょうね(汗)。
 
 
先制点は日本。しかし後半に一瞬の不意を衝かれて同点とされ…そのロスタイム、よりにもよってPKからの逆転劇を許してしまいました。
元々やけに不用意なプレーだとかミスが目立つなぁとは感じていましたが…。A代表の試合の後だし比べて見ちゃうからかな、とも思ってたんですよね。それが同点になり出した辺りから、特に良からぬ方向に加速していってしまった様で…。終盤余計なカードをぽこぽこ貰い始めた頃に、何か嫌な雰囲気になっている気がしました。
あの時間帯の同点弾で勢いづいたカタール、対して最後のツメに欠け自分達のスタンスを見出しきれずにいた日本…。正直負けたのは悔しいですけどさもありなんという気も致しております。
 
しかしやはりせめて引き分けて欲しかった試合だけに、一寸精神的に答える結果であるのは間違いなく。次のベトナム戦では本当の本気で、試合に臨んで欲しいと思ってます。
又今度もアウェイですからね…。ベトナムの地も先のアジアカップのイメージが記憶に新しく、決して楽観出来る相手ではないので気を引き締めねばと思います!!実力差はさておき、もう後がないのは事実でしょうから…。
何ならオシムも帯同しようか、なんて話もあるみたいですしね。ここは踏ん張り所みたいですよ~。
 
 
…五輪代表でも気になるプレーや選手があった筈なのですが、あの結果と時の流れですっかり頭から吹っ飛んでしまったみたいです(汗)。
こちらも次のベトナム戦では、もっと集中して応援に臨まないと…。
 
 
応援と言えば、今回もA代表→五輪代表の流れに伴い、解説も松木OUT→セルジオINでしたか(爆)。
この試合のセルジオ氏は、何だか妙に目線があたたかかった気がします…。何でだろ?アンダー世代だから多めに見てる…なんて事もなさそうな…。
それにしてもセルジオ氏相手だと、堀池さんのピッチ解説がちゃんと生かされてますね…!!(そっと涙を拭う)やー松木さんは、堀池さんが何を言っても自分の言いたい事言う迄聞いてない時あるからなぁ(笑)。
 
 
 
こんな感じで、相変わらずのミーハー目線でのサッカー感想でございました。
近々夜中のCL放送も見たいと思ってるんですが…どうも上手い事自分の予定と合わないんですよね。うーん残念。

« 木曜時代劇の新シリーズ… | トップページ | 「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」に挑戦します »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/8531681

この記事へのトラックバック一覧です: エジプト戦とカタール戦:

« 木曜時代劇の新シリーズ… | トップページ | 「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」に挑戦します »