2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 北方謙三著『三国志』 三の巻 玄戈の星 | トップページ | 094 「家族」からイメージする本は? »

2007年11月 1日 (木)

ドラマ「相棒」シーズン6 第2話

新シーズン第2話は、前回とは随分違ったノリ。やや、事件そのものは変わらず深刻であるのですが…彼ですよ、あの「第3の男」陣川君が出て来るとあっちゃあ話もこじれまさぁ(笑)。


以前特命係にほんの一瞬(笑)在籍していたこの陣川君。流石、かような地に飛ばされるだけあって…その空回り様は、かなりのものであります(流石なの!?)
気合十分、正義感抜群。であるのに、一向に彼の行動や推理が実を結ぶ事はなく…それはもはや彼の星回りなんじゃと疑いたくなる程の天然もの(爆)。同じ熱血タイプでも、きちんと決めるトコ決めて右京さんの信頼を得ている亀山君とは似て非なる存在…です。うはぁ。
そのくせ妙な事に巻き込まれる才能だけは備わっていて(!?)、それはあのヒマ課長をして避けさせるだけの圧倒的パワー。そんな彼が今回持ってきちゃった騒動は…自分自身への殺人容疑!?です。


最初は訳あって口を噤んでいた彼でしたが、調べが進むにつれ真相を語り始め。それによると、どうやらさる投資コンサルティングの女社長とそのストーカーを巡る事件…が背景にある様です。
先日階段から落ちて死亡した男が、直前に陣川と揉み合っている姿を目撃されており、それが今回の容疑者騒動に発展してしまった訳なのですが。この死んだ男が、実は女社長のストーカーだった可能性が高いという新事実がわき起こってきたのです。
そして陣川は、これ又彼のいつもの空回りがきっかけでこの女社長と知り合いになっていて。彼女からストーカー被害の相談を受け、張り込みしていた所で男と出くわしたという事の様。
つまりはこの転落死、全く偶発的な「事故」だったのでは?という見方に事態は傾いてゆきますが。ここで右京さんはひとり、首を傾げます。そう片付けてしまうには、どうもあの女社長の頭がキレ過ぎている――と。


流石身ひとつで会社を興し、成長させてきただけあって、彼女の聡明さは少し話をしただけで即座に分かろうもの。
そんな機転の利く彼女が「彼ならば」と頼みにしたのが…あの天然トラブル屋の陣川。しかも出会いのきっかけだって、彼自身がストーカーに間違えられそうになるというお世辞にも「頼れる」男とは言い難い展開で…。
これはどうも、「彼ならば上手くいく」様な"何か"があったのではないか―。右京さん達は、そもそものストーカー問題の真相と女社長の身辺を洗い始めるのです…。


検死結果や遺留品のチェックから、ストーカー男と女社長の真の関係が暴かれていく所はやはり巧い☆携帯の履歴の見方を変える事で、事件の様相ががらり180°変わり始めました〜。
その先へ進んで女社長の行動の推理、陣川の騙し方や犯行の作戦…の中には、やや偶然に過ぎる感じや結果を先走ってる様なのも混じってる風ではありましたが。最後の「ツメの一手」が実に見事だったと思います!!
個人的にはコレひとつで、その他の細かなツッコミ所が一気にチャラになる位の鮮やかなものでないかと。彼女の仕事への「誇り」あってこその解決、というのも、皮肉めいているのに何処か余韻は涼やかでしたね。
網の目からするり抜け出ようとする刹那、首根っこをがっと押えつける様な「切り札」。こいつの切れ味が、今回はばっちりだった気がしてます〜。


ところで神川君、作中でちゃっかり自分の名札を用意して(持ち出して?)いたみたいですが。
まさか彼、凖レギュラーの座狙ってますか…!?(あ、それでも"凖"なんだ…)
ああいう色の濃さを持ったキャラは、たまに出てくる方が面白み薄れないですからねぇ。1シーズンに1話位の方が有難みあるんじゃないでしょうか(七夕かい)。



さて。来週は推理作家との対決だそうー!!
作家特有の勿体つけた振舞いと、右京さんのじわじわ追い詰める心理戦…。七面倒臭そうな展開を今から期待してます!!(えー)

« 北方謙三著『三国志』 三の巻 玄戈の星 | トップページ | 094 「家族」からイメージする本は? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私は陣川君、「おいしいキャラ」で
結構好きなんですが、賛否両論みたいですね。

「超天然」だし「一昔前の主人公」みたいな
感じがいいんですけども。

お話は「王道」って感じの展開で、見やすかったです。
才女と右京さんの対決は、やっぱり
見ごたえがありました。

私もあの名札のシーンは好きです!!
それでは、またお邪魔します

おくにとらプー様

こんにちは!!
ご来訪頂き誠に有難うございます♪

そうそう正に!!陣川君には「一昔前」という表現が
しっくりきてしまいますね~(笑)
憎めない突っ走り様が、私も見ていて微笑ましいです。
毎回ああ掻き回されるのは右京さんも辟易…かも
ですが、たまには元気な姿を見たいキャラですね☆
って、何だろうこの
親戚の子供でも見つめる様な視線は(笑)

こっそりと名札を用意してたシーン、かわいかったですね。
あの名札がいつか役に立つ時はくるのでしょうか…!?

それでは、コメントどうも有難うございましたー!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/8704685

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「相棒」シーズン6 第2話:

» 相棒6 (水谷豊さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆水谷豊さん(のつもり)水谷豊さんは毎週水曜よる9時テレビ朝日系列にて放送されている連続ドラマ『相棒Season 6』に杉下右京役で出演しています。2008年のゴールデンウィークには映画『相棒 ─劇場版─』の上映が予定されています。... [続きを読む]

« 北方謙三著『三国志』 三の巻 玄戈の星 | トップページ | 094 「家族」からイメージする本は? »