2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 相棒元日スペシャル!! | トップページ | 2周年でした。 »

2008年1月 4日 (金)

新春ワイド時代劇「徳川風雲録」

結局最後迄見ちゃいました~、正月恒例のノンストップ10時間耐久時代劇(笑)。
見るつもりではなかったのでチャンネル合わせた時には父も兄もお亡くなりになっていたのですが(…)、そこから見続けてもぐいぐい引っ張り込まれてしまいましたよ…。原作柴錬の(色々な意味での)骨太さとマツケン主水之助の(色々な意味での)カッコ良さに思わずね!!(笑)


少し前迄はこの時代劇、宮本武蔵とか壬生義士伝とか…わりかし正統派な歴史劇をやっていたイメージがあったのですが。昨年の瑤泉院といい、ここにきてやや異聞録みたいな傾向になったのかな?っと思えるシナリオ路線になってますねぇ。
などと思ってちょいと調べてみましたら、過去にもそれ系統の異説風味な作品をやった事もあるみたいですけど…。
てな感じで今年の「徳川風雲録」も、架空設定が物語の主軸となっているお話。八代将軍吉宗が誕生する迄の紆余曲折を、吉宗自身の人間的成長と…彼が若かりし頃に想い合った女性との間にもうけた、故に将軍御落胤として「日陰」の道を歩まざるを得なくなった青年・天一坊との、切なくすれ違う父子の姿を絡めて描いています。
 
 
何だかんだ言っても、途中から見てものめり込む事が出来た位なので。物語全体に、最後迄引き込ませる勢いと力強さがあった良作だと思います。
原作未読なので比べてあれこれは言えませんけど(随所に柴錬らしさは漂ってる風でしたが)、こういう異聞話はなりきったもん勝ち!!と言うか、細かい事を四の五の言わせない位に作品世界へ引きずり込ますのが大切だと思うので。下手に綺麗事を並べず、異説活劇としての面白さを追求した作りは非常に良かったんじゃないでしょうか!!
実際あんなにうじうじした吉宗や、腹黒々しい越前守が見られるのもこれがフィクション上等作品だからこそ!!ですからね!!(笑)たーっぷりいつもと違う世界を堪能させて頂きました♪
 
 
中でも気になって気になってしょうがなかった……マ・ツ・ケ・ン主水…!!あ、のー、もうあの人ったら、どうしてこうして主人公より出しゃばりっ子なんでしょうか…!!
位置付けとしては元旗本で今はさすらいの風来坊、各地を勝手気ままに放浪し、たまにひょこりと顔を出しては吉宗らに二言三言いい事言ってまたさっと何処かへ去ってゆくという…。作品全体として傍観者的な役割が強いのですが、何だってあんなに出る度出る度殺陣シーンが用意されてるのアナタには!!(爆)名古屋城下に2度も顔出して、2度とも同じ顔触れに囲まれた時には思わず吹き出しそうになりましたよ(笑)。だから言ったじゃん!!言ったじゃん!!
ある意味、何かにつけて生き別れた息子を思いオイオイ泣いている吉宗よか、なんぼかオイシイ場面を貰っていってた気がします(爆)。それはそれでこちらがオイオイですが(滅)。
…あんまりにも堂々と見せ場をかっさらっていくモンで、一緒に見てた母と弟同時に「もしかして、こっちが真の吉宗になるんじゃ……」なぞという無駄な疑念を抱かせてしまいました(爆)。違うから!!暴れん坊上様が出来るまでじゃないから、これ!!
 
 
…なんてな楽しいツッコミもさせて頂きつつ(え?)。しかしラストは何とも物悲しい、しかしこうなるより他なかった、と思えるものでありました…。
松平館で天一が見た、親顕の壮絶な切腹作法。その生々しさを差し引いても、彼の中に最後迄あの所作が将軍一族「らしさ」を象徴するものとして残り続けていたのは…その身体に流れる、将軍家としての血が「共鳴」していた様に思えてなりませんね。
時折抑えられぬ迄にたぎる血を、天一は「おれが天性のワルだからだ」と思い込み続けていましたが…。春菜の言った、「貴方の中に流れる将軍の血が、五体に収まりきらないのです」という表現が、実に良く当てはまっていたと思います。その位天一が「悪行」を為している姿は苦痛にまみれていて、泣き乍ら自らを切り刻んでいる様に見えました。
そして見事な切腹を遂げた後…に、本当に最後の最後で父との対面を果たす事が出来たのは。こんな言い回しでは足りない位切ないですが、最期の餞になった…と言って良いのではないでしょうかね。自らも他者からも散々運命を歪め、歪まされてきた彼でしたが、この位の救いはあっても良かった気がします。
 
 
この後マツケン主水が最後の最後迄オイシイ所を独り占めしてましたけど!!(笑)とにかくも、気付けば12時間近…見事きっちり付き合わせて頂きました。
見る前は食わず嫌いしてましたけど、こんな調子で結構楽しませて貰ったですよ~。きっと変に歴史の方をいじってなかったのが良かったんだろうな。
 
 
 
こんな感じで。私の2008年時代劇初め☆は、こいつで迎えさせて貰いました~。
今年は前にも話した通り「鞍馬天狗」が面白そう!!なんで、1話でも多く見られる様に帰宅頑張りまっす!!(切実)1話完結ものだったら良いな~。
 
…あー、タッキー時代劇を見逃しました…(沈)。古代ローマ見ちゃってた。

« 相棒元日スペシャル!! | トップページ | 2周年でした。 »

「時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/9708423

この記事へのトラックバック一覧です: 新春ワイド時代劇「徳川風雲録」:

« 相棒元日スペシャル!! | トップページ | 2周年でした。 »