2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 036 「雨」からイメージする本は? | トップページ | チェルシー監督の解任 »

2008年5月24日 (土)

B型とA型の説明書

今あちこちの本屋で見ますよねー、この『B型自分の説明書』『A型自分の説明書』(共にJamais Jamais著)。
3月頃に会った知人さん(B型)が、これのB型の本をご丁寧に自身のチェック入りで紹介してくれまして存在を知りました(笑)。まぁその時は面白いやー、位に見ていたのですが、それから本屋や新聞の広告で目にしていく内。……面白いかも、読んじゃおう。と2冊併せて手に取ってみたでス。


私はA型。で、先にA型の本を無造作にめくった所、目に飛び込んできたのがこの項目。

□ 流行が主流になると手を出す。
  たくさん見かけた翌日に買いました。みたく。




…さくっ(マス目にチェックを入れた音)。



とまぁ終始こんな感じで、「あるある〜☆」「いるいる〜!!」とほくそ笑みつつ読破した2冊です!!
全体に口語調の、かなーりライトな特徴データ羅列本でして。表題に血液型を謳ってはいますが、そんな押しつける感じもなく「あるっしょ?こんな時」って程度の笑える分析本になってまっす。

分析の傾向も、何と言うか世の共通認識?の範囲ガチガチに収まってるのではなく、もっと現代風にゆる〜く見ている所が既出の「血液型論」と違ってからっと楽しめた要因じゃないかなーと。結構広まっていったのも、この脱力スタイルによる所があるんじゃないかなぁ。
例えばA型だと「真面目でコツコツ几帳面」が良く持たれてる印象だけど、実はそれ「他人に迷惑かけたくない為で自分の事なら割とずぼら」だったり(←モロに当てはまってる人)。B型はマイペースって思われてるけど、とっても親身に相手の事を考えてるんだよー!!ってのが良く伝わってきたり。
この曖昧さが、結構現代社会の人間関係を良く反映しているなーと思うので。時世に合ってる作りなんじゃないかと思いますね。
'00s風の血液型考、といった新鮮な感覚で見させて貰いました。


血液型…って耳にしただけで「ムキーッ!!」と拒絶反応示してしまう人には、流石にオススメ出来ませんけど…。人並みにテキトーな血液型遊びを楽しめるならば、多分読んでて「ぶはっ」と吹けると思います(笑)。
そして私はコレ読んでて、B型が愛しくてたまりませんでした(笑)。
ピュアだ。ピュアだよー。



あ。超蛇足なのですが、B型の本で歴史上の人物でB型っぽい人の例に「信長」「坂本龍馬」「土方歳三」「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が挙げられてたんですけどー。
坂本龍馬…も、世間ではBっぽく思われてるんですねぇ?へぇー。私はOの印象がありましたよ…(どうでも良いです☆)。
他の3人は、何となーく同意。歳さんはAに思えなくもないけど。



他にも最近はこの血液型面白おかしく分析☆系の本が色々並んでますけど、ぱーっと見てみた限りではやっぱこの本が一番楽しめそうです。「笑える感」と「あるある感」両方備わってたので。
この方のだったら、他の血液型についての語りも見てみたいなぁー。



※文中の引用部は、Jamais Jamais著『A型私の説明書』より抜粋しました。

« 036 「雨」からイメージする本は? | トップページ | チェルシー監督の解任 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お久し振りで~す。
この本、めっちゃ面白いですよね~!! 私もA型とB型買いました。書いてある文章も面白いですよね。結構いい所突いてる気がします。ええ、そりゃあもう(笑)
そして、今度この方のAB型の本も出ますよ~。家族全員違う血液型の我が家としては、是非ともO型まで出して頂きたいものですが…!

遙さん

こんにちは!!いや本当お久し振りですー、オンでは(笑)。
こちらもいつもROMらせて貰ってます(へこへこ)。

流石、遙さんもチェック済本でしたかー☆面白くてクセになっちゃいますね、あの文章は!!
挿絵もなかなか的を射ていて楽しいですし♪
…そう言えば遙さん家は全血液型制覇(!?)のお宅でしたね。わー互いにチェックし合えて面白そうですー☆

次はAB型ですか!!わー、何か一番この型が本1冊分もの統計データを集めるの困難そうに思ってたので、出るとはスゴいです!!
AB迄出たなら是非Oも…!!ですよね。
私もコンプする気満々でっす。うしし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15527/21137841

この記事へのトラックバック一覧です: B型とA型の説明書:

« 036 「雨」からイメージする本は? | トップページ | チェルシー監督の解任 »