2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年1月の2件の記事

2009年1月20日 (火)

大河「天地人」第3話

再び戦国に舞い戻ってきた今大河、漸くフルで見る事が出来ました!!
前回の第2話は、ラスト20分位からかな?見られまして。そこで出てきた子役ちゃんが予想以上にかわいらしかったので、非常にトキメいてしまいました(妙なイミではないです、念の為)。
なので自分としては、些か子供時代を見たりなかった気分にもー。むー、昨今の大河ではあまり感じなかった気持ちですな。気が早過ぎますが総集編に期待!!


さて、そんなこんなですくすくと成長しました与六、名前も与六から「兼続」となり、人相もぷっくり下膨れちゃんからやや甘めな顔立ちの青年へと変貌を遂げております〜。
でまぁ、今回は恐らく、大きくなった与六(笑)初の本格フル活動な回、となった様子ですね。
後に希代の人物として名を馳せる直江兼続、青年期からさぞかし頭角を現…し…て……。ん?
あや、どうやら事はまだまだそう簡単には運ばない気配です…。


状況を察知する力や、それらを材料として先を見通す力、この辺りは確かに輝くものを持っている様ではあります兼続。
しかしまぁー…、如何せん間が悪かったり、気持ちだけが先走っていたり…どうもなかなか熱意が実を結んでいない様ですねぇ。
忠義と情熱は人一倍、しかし割と粗忽者で、総合的には荒削りな若武者…こんな印象を受けた回でした。

で、この辺直江兼続像としてはどーなのよー、という声もちらちら耳に入って参りましたが。んーまだ3話目だしって気もあって、私はまだ今後を見守ろうかなという気持ちでおりまする。
一寸抜けたキャラを見て、もしかして昨年のおバカブームに乗っかる気か?なんて思いもちらと掠めはしましたが。すぐにそれとは違いそうな事を察しました…。ありゃあ決しておバカではないですな空回ってるだけで(率直過ぎる)。
寧ろ愛され系いじられキャラって感じで、かわいい演出に心が和みましたなー☆主君景勝の出陣前、皆が戦に向け気分を高揚させている所に、留守居役で景勝の傍にいられない己の不甲斐なさを涙乍らに詫びる兼続…コレ普通に見たら相当KYな家臣ですけど(ずけり)、そこで「何だ、与六の泣き虫は5歳の頃と変わっておらんのぅ〜!!」と笑いに変えてしまう人柄!!彼の日頃のドジや粗相が、「愛嬌」として皆に受け入れられている事が伝わるシーンだったと思います。
こんな調子で、揉まれて可愛がられて一人前の男になってゆく…という路線になるんでしょうかねー。爽やか風味の戦国大河になりそうな感じ。


ま、でもこういう傑物の生涯を描くタイプの大河は、どうしても匙加減が難しい所ですよね…。
あんまり人間らしさを前面に出しても、威厳が薄れるし。だからって大河でありがちな「●●殿は全てお見通しであったか…!!」みたいに、パーフェクト超人にされるのも何か冷めるしなぁ。
今大河もここら辺の描き方が、作品の出来を左右しそうな予感。現状では主役に落ち着きがないものの、ヨメ(予定)がかなりどっしり構えた御仁の様ですので、いずれ徐々に中和されていくのを期待〜。



しかし上杉家内の情勢としては、あんまり兼続ドジっ子かわいいねで済まされる感じでない現実も…。
現在謙信には、景勝・景虎という2人の養子がおりまして。当然ゆくゆくはいずれかが上杉家当主となる…事から、両者は日頃から何かと比較されてしまう立場にあります。
そしてどうやら、景虎の方が知性・品性・立居振舞い…割と器用にこなしており、現在景勝を1歩も2歩もリードしている状況。この現状を察している兼続が、家臣としてついつい背伸びしてでも景勝に花を…!!と力んでしまうのも、致し方ない事である様です。



と、何か兼続のキャラと取り巻く環境を語るだけで、かなりの文量になってしまいました…(汗)。後もうひとつ印象に残った、母お藤の話を。
前話で途中からしか見られなかったにも拘わらず、心を鬼にして与六を雪の中追い返すシーンに涙しました私…。今回も病患う身で息子に宛てた気丈な手紙、そして回想シーンに、兼続と一緒にぼろぼろ泣いてしまいましたよ…おいおいおい。
田中美佐子さんが演じる母親、気丈な姿が胸を衝く程に伝わってきて、個人的にとても好きなんです…。以前別のドラマでも泣いたなぁ、確か。
ああいう押しつけがましくない演技が出来る人って、努力に加えて天性のものもある気がします。今作品でも出来るだけ長く見ていたい役者さんですね…病弱な役なので心配ですけど;



あっそうそう今回登場したヨメ(予定)のあれこれについては、次週以降も存分に関わってきそうなので持ち越す事に致します〜。
とりあえず恋する景勝様が、どう不器用そうに見せてもムッツリに見えてしまうのは…先入観ってオソロシイ!!という話で片づける事にします(笑)。
しかし主従関係を巻き込む三角関係とは。鈍感兼続の空回りファイトをもっと見たいのですけど(酷)、大河的にはちゃっちゃとケリをつけてしまうのかしらー。

2009年1月 4日 (日)

謹賀新年とか3周年とか

ええあの、すっかりうっかり年が明けてしまいましたね…。
 
 
と言う訳で、皆様明けましておめでとうございます。
 
 
 
三が日も過ぎた頃に、昨年の話を蒸し返すのもアレなのですが。実は昨年12月下旬に3周年を迎えておりました~shine
だというのに、更新やレスが滞っている状態が続いてしまい…。本当に申し訳ありませんでしたsad
 
 
思えば2周年の時も、これからは初心を思い出して更新頻度アップを!!と意気込んでangryいたのですが、どうも上手くいかなかったですね……(涙)。
時間がないのが理由と言うより、やりたい事ばかり増えてる癖に時間の使い方が下手なままだった、っていうのが何よりの原因かも(更に始末に負えない)。うう。
昨年は読書もあまり出来なくて、故に2008年はマイ・ヒット本を選出する程振り返る事も出来なさそうですsweat01ハマった作品はあったので、まぁいずれ個別に紹介出来たら…と…。
 
なので…あの、4周年に向けての目標も、やはり更新を頑張るぞと言う事で……(滅)。
今年は必殺仕事人も始まるし、大河も戦国だしで、自分的に話題には事欠かないはずなので~fuji実際の流れについていく事も含め、ブログにマメに書き留めていく事を心掛けたいと思いますbearing
 
 
こんな虫の息ブログにも拘わらず、足を運んで下さった方々、コメントを残して下さった方々…本当に有難うございます!!crying
いつもいつも有難く感じると同時に、ひしひしと申し訳なくてsweat02今年はもう少し、ご覧になる方に優しく見甲斐のあるブログにしていかなくては、と痛感しておりますbearingsweat01
今年も細々と頑張って参りますので、又気が向いた時にチラ見して頂ければ有難く存じます…。
 
 
後昨年に引き続いてのデータ覚書を少々。
3周年目1年間のご来訪者様数は、締めて11,295でございました。皆様誠に有難うございましたheart04
更新は昨年より減っていたと思うのに、総数で5ケタにもなる方々に見て頂けた様でsweat01大変光栄ですがやはり心苦しいですねcoldsweats02今年こそは…頑張ります…!!



それでは。本年…こそはcoldsweats01地道に頑張って参りたいと思いますので。
何卒宜しくお願い申し上げます。

« 2008年10月 | トップページ | 2009年7月 »