2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

カテゴリー「スポーツ」の8件の記事

2007年10月27日 (土)

素人目にみる亀田問題

いやぁ、随分と長い事世間で騒がれてました、次兄の反則行為に端を発するこの亀田問題。
昨日長兄が単独で謝罪会見を開き、漸く収拾がつきそうな感じになってきた様ですね。


まぁそうはいっても、騒いでいたのはマスコミの側に依るのが大部分だった気がしますが…。
もう今の時期なら結構な数の人達が、内藤選手の言葉通り「もう終わった事」と捉えていたんじゃないのかな?

私も試合自体を見てはいなかった為(長兄の世界戦での引き伸ばしにうんざりしたので……)、この問題も場面場面で思う所はありつつ、成り行きだけを眺めていた訳でありますが。
今回の謝罪会見が、なな何とNHKの夜ニュース(しかもスポーツ枠じゃない通常トピックス)で取り上げられていたので、ちょいとびっくりして少し書き記してみようかと思いました。
ボクシングに精通していない、素人のワイドショー目線で大変恐縮なのですが…。


とにかく、これだけ言いたいです。
「亀田一家」として世間の注目を集め(本人達の意図するしないは別として)、息子達の若さと勢いを持ち上げる様に父自身も振る舞ってきて…今回の不祥事。
1度謝罪を試みたものの誠意が足りない、と批判を浴び、そうしたら齢20そこそこの息子に長兄と言う理由で再会見に臨ませる。更なる批判や追及が容易に想像出来る場に。


親父よ、これで良いんかい?と。


恐らくは、会見で言った「父が出てくると余計こじれる」というのがかなり本当の所なんだとは思います。
又本人達より何より、ジム側の方がそれを危惧しての措置なのかもしれない。
けれどね、味方は殆どいない所へたったひとりで臨んだ兄の姿を見て…やはり思う訳です。親父よ、これで良いんかい?と。
リングにひとりで立たすのとは訳が違うでしょ、と。


今迄父自身が豪語してきた通り、彼ら兄弟が父にとっても「誇り」であるのならば。
その道を閉ざす様な事だけはしちゃいけない。
その道を死守する為ならば、どんな非難も自身で受けきる「盾」となる覚悟があって然るべきだと思うのです。
目先の処分に不平をたれるのではなくて、先々の事を見据えて息子に「今やるべき事」を伝える存在。
口下手を理由に姿を見せないのではなくて、口下手だからこそ今迄散々見せてきた彼流の「魂」を、こういう場でこそ示せる存在。
そんな「家長」の姿を見せる事こそが、一家の「誇り」を守る事にならないでしょうか。


息子に甘えるのは、もう少し先にしてからでも良いんじゃないでしょうか。
それこそ、彼らが「立派な」ボクサーとなってからで。「あの時から親父、本当不器用だよなぁ」と、茶飲み話に笑って言って貰うのはもっと後で良いでしょう。
今はそういう彼らの夢を守る為に、親父が踏ん張るべき場面の筈です。


会見で兄は「どんなに思われてても、おれらにとっては世界一のオヤジ」と震える声で言い、瞳を潤ませていました。
これがきっと、彼のいかにも20歳の青年らしい本来の部分なのだと思います。
しかしその姿に対して「かわいそう」と同情めいた気持ちを寄せるのは、決して彼の望む所ではないのでしょう。
だからこそ、息子のあんな姿迄世間に晒させて父はどう思っているのか。問い掛けたい気持ちで一杯です。



まぁでも、父がジムを辞めた今となっては。兄弟には新しいやり方の下、身も心も磨いていって貰いたいものですね。
今回発した言葉が心からのものである事を、これからの振る舞いで証明して欲しいと思っています。

2007年7月 3日 (火)

NHKのアジア杯テーマソングが

少し前の話でしたが、NHKのアジア杯テーマソングが決まったそうですね〜。
全試合をBSで放送するという、天下のNHKが選んだのは!!



天下一の脱力系アーティスト・奥田民生でありまする……!!



えー民生さんは大好きです。大好き。これだけは先に言っときますね。
なので嬉しさを心底噛み締めつつ、も、どーしても一言。



……何でまた?(真顔)



確かにからっとした心地良いノリの曲、民生さん結構作ってます。
でもさこう、大舞台を引き締める緊張感や!!気持ち高ぶらす闘志や!!時にはっちゃけたくなる様な勢いや!!
そう言った路線と民生さんとはどうも微妙にこう……。



はっ、これは。

NHK、
がんばらない宣言!?



ホラ、勿論最高に重要で有意義な大会であるのですがだからこそ変に肩の力入れたりせずにって言いますか?絶対に負けられない戦いであるのは間違いないんだけど、そこに目をやり過ぎて思う様な力が出せなくっては勿体ないって言いますか?
…んな心意気が込められた人選、だったりなんかしたら面白いんだけどなぁ(仮定法希望形)。



まぁ真意はともかくも、今回のNHKの起用にはそっとエールを贈りたいと思います(悦)。



この知らせを聞いた弟(筋金入りの民生スキー)、やはりこれに似た動揺の後に「…ジーコとオシムの差!?」と漏らしました。
成程〜イケイケジーコに対して(因みにこの時は某レンジ)、どっしり構えるオシムのイメージね…。





……って……民生さんの場合、どっしりって言うよかだるー…(以下略)。



んま、曲はまだ聞けてないんで!!民生さんもこの時ばかりはちょびっと位、頑張ってくれますよ…ね!!ちょびっと位…(望)。

2006年9月16日 (土)

新庄の政界進出!?

今季限りの引退を表明している日ハムの新庄。引退後の進路について、ななななんと参院選出馬のオファーが届いているそうですねー。
しっかしそれを出しているのが自民党と民主党、という反目し合う2大政党って…そこら辺ポリシーとかどうなってんのさ、と毒突いてましたら父の一言。

「あー良いんだよアイツは、アレだから。スポーツ枠だから」

聞いた事ねぇですよ政界のスポーツ枠なんて。入学制度ですかい…。
しっかし確かに、知名度ってだけでもう通常の立候補者よりいくらかのリードが約束されている訳ですから…枠っちゃ枠、なのかな。ある意味。

んーそれでも、新庄と国会…イメージ結びつかないですね…。
や、寧ろ、選挙カーから生き生きと手を振るサービスマン新庄の姿はまだ鮮明に思い浮かぶのですが(笑)。その先は弁舌や討論の世界ですからね。如何ともし難く。
どっちか言うと、根っからのイベント野郎なウデを生かして選挙戦全般の企画担当☆とかの方が…断然面白く盛り上がりそうな気も。でもだったらそのネタプロ野球に回してくれー(笑)。

とかって先走ってますが。実はあっさり辞退しそうな気もしてます。

2006年8月 4日 (金)

真価が問われるのは防衛戦か

夕べの亀田興毅世界タイトル戦…普段ボクシングを見る事はあまりないのですが、噂の世界挑戦ってのにミーハー心をくすぐられチャンネル合わせてみましたでっす。どーでも良いですがこの番組で初めて彼と誕生日が同じである事を知りました(笑)。実は「同じ誕生日の有名人は?」てな話の時には常々ベルント・シュナイダーと答えてみたくてたまらなかったのですが、今度亀田って言ってみようかな(笑)。

んが。試合の方は…賛否両論、意見の分かれる結末となってしまった様ですね。放送局だったTBSには「贔屓だろ」「判定ありえねぇ」「前振り長過ぎ」等の抗議の電話が殺到したそう。…前振りについては非常ーに同感(笑)。そういえばやたらと放送時間前目に設定して、ひたすら煽るのが民放の手口だった…と久々実感しちゃいましたね、色々な意味で…。ひねくれ者の私は「そーか、ここで亀田が負けたら暫くお蔵入りになっちゃいそうなのまとめて出してんだな」なぁんて不謹慎な目で見てしまいました…ゴメンナサイ(汗)。

で、判定の方。…つまり私この延々続く扇情効果の為、先に睡魔にノックアウトしてしまった人でして。起きたら12R残り30秒(爆)。なんで1Rダウンと言う実況の情報と、いつにない亀田の虚ろな表情で激戦だったのを漠然と感じた位です…。それでも負けるかなと思ってたらあの判定でビックリしましたけど、まぁこんな事もあるんだなって位で後は普通にボロ泣きさせて貰いました(笑)。
後でこそいつもの憎まれ口で濁していた彼ですが、やっぱりあの時全てから解放されこみ上げてきたものは…本物だった気がしますけどね。リプレイで見せられる度「もう(泣き顔は)ええやん」と反応するのがその証、じゃないかと。
ふらふらした足取りで、自分で巻くより先に親父さんの腰にベルトを巻こうとしてたのは印象的です。

しかし相当アヤシイ勝利だったのは間違いない様で…ベルト返上の声も上がる位、物議を醸しているようですねぇ。
返上については、1度手にしたものを亀田が「人に言われて」返したりするタマなのかどうか…あんま行いを撤回するタイプには見えないけどなぁ。やるなら「文句あるなら力ずくで奪いに来い」位言いそうな(笑)。
寧ろ思うのは、防衛戦(…と、なるのかも今は白紙状態みたいですが)こそが本当の正念場になるんだろうなぁ、と。今回事が皆に焼き付いている以上、次こそは一目瞭然の「圧倒」する勝利を見せないと、今度は周りも納得しないでしょうね。KOでないにしても「亀田勝ったな」と思わせるだけの勝負。それが彼自身の手で為される迄、この黒い疑惑はいつ迄もついて回る事となる気がします。
勿論負ければ「マグレ王者陥落」の烙印を押される訳で…そういう意味では、今回の結果は負ける以上に重い十字架を背負う羽目になった、のかもしれませんよ。

…何て事をチマチマ語ってる内に、亀田のインタビュー映像が飛び込んできました…言いましたねー、やっぱり(笑)。予定されていた大晦日「防衛戦」はランダエタとの「再戦」になるかもという話もあって、はてさてどうなる事やらです。
どちらにしても、もし大晦日に次の試合が行われるのなら…いつもは迷わず紅白!!音楽!!を選択する我が家ですけど、今年は格闘技に走っちゃうかも…。

2006年3月18日 (土)

日本準決勝進出…。

現在開催中のWBC。いやはや奇跡と言うか因果応報と言うか。
 
先の韓国戦で敗れてしまった為、日本の自力準決勝進出はなくなってしまった訳でしたが。まさかと思われていた「アメリカがメキシコに敗ける」事、そのまさかが起こってくれた為に首の皮一枚繋がり日本準決勝進出です…!!いやぁ正直メキシコに勝った日本に勝ったアメリカがここで負けるとは思ってなかったので…驚いたのなんの。
このリーグから勝ち抜けたのは韓国と日本、共にアジアから参加のチームとなった訳ですね。
 
あいにくと舞台が米国に移って以来、生での試合観戦は出来なかったのですが。ニュース等で見た所に依ると、まーたあったみたいですね審判の肩入れ判定。当事国の審判ってだけで周りの見る目は十分厳しくなるってのに、あんなゴリ押し続けるなんて図太いのか何なのか…。
しかし痛快だったのがそこでめげないメキシカン!!節穴審判にぐうの音も出させぬタイムリーを浴びせ、見事勝ー利☆何とも小気味良かったですねぇ。
お陰で審判の野望?は贔屓の引倒しに終わりましたー。
 
この問題で印象的だったのが、静かな怒りを見せた王監督の姿だったんですよね…。球団再編問題の時も、遡ればダイエー時代チーム成績不振続きで罵声を浴びせられた時も、只黙して実直に自身の仕事に専念してきた王さん。あんな風に感情を露わにするというのは…やはりよっぽど腹に据えかねたものがあったんだと思います。
野球一筋で生きてきた監督にとって、アメリカのベースボールはいつだって大きな存在だった訳で。憧憬の念を抱き、そして強い敬意を払っていたんだと思うんですよね。そのアメリカの審判にあんな不誠実な対応をされたというのは…かなりショックだったんじゃないかなぁと。
普段温厚な監督が、熱を込めつつも何とか感情を抑えようとして話す姿が胸をつきました…。
 
メキシコ勢の奮闘により、疑惑の判定も見事大規模なアメリカンジョークとなって幕を閉じました(閉じてねーよ)。小細工めいた事はしない方が良いよねーとしみじみ。
…所であらゆる手段を講じて勝ちを手に入れようとする姿勢に対し、フェアプレーで果敢に挑むというこの構図…非常にハリウッド映画向きな気がするのですがどうですかねいっちょこの際(嫌がらせですか)。
 
そんなこんなで準決勝。日本の相手は三たび韓国…。2度ある事は3度あるのか、3度目の正直なるのか!?

2006年2月25日 (土)

フィギュアで金メダル!!

トリノ五輪のクライマックスを飾った女子フィギュア。最後位生で見てみようかなーと思い、眠い目擦り乍ら起きて眠気覚ましにとコーヒー煎れて飲みました。
 
爆睡しました。
 

…いつからカフェイン効かなくなったんだろう私…。W杯イヤーの今になって、思わぬ課題に直面してしまった様です…。
 
そんな訳で途中から楽しんだ女子フリーでしたが。最終組のハイクオリティな演技はばっちり堪能出来ました☆(おいしい所取り)荒川静香の演技…見ていて涙が出てくる位素晴らしかったです。ミスが少なかったってだけじゃなくて、何よりも生き生きしていたと言うか…晴れの舞台で思いっきり滑れる事への喜びが、はっきりと伝わってきた気がします。一番のびのびと滑ってた様に見えましたね。この純粋な気持ちが、プレッシャーや緊張をはねのける強さ…ひいてはあの最高の演技に結びついたのかもしれません。
「物事を楽しむ事が大事」とは様々な分野で耳にする言葉ですが、あの時の彼女は正にそれだなぁ…としみじみ思いました。
 
その後の村主さんの演技も見事でしたね。ジャンプのシーンはもーはらはらして見てましたが見事に決まって!!そして見る者を演技の世界観へ引き込む様な深みある表現…全体通しての"芸術"って言うんですかね。彼女のコレが何とも言えず大好きです。ずっと応援していた選手なので、全てを出し切った演技は本当感動でした♪
惜しむらくは、大技不足で点が伸びなかった事ですか…今迄みたく演技全体からの評価ではなくて、技ひとつひとつをつぶさに採点するシステムなんですよねぇ今は。何だか小姑みたいだな…と思ってしまいましたが、しかし今回金とった荒川さんの様に、表現力に加えレベルの高い技術を持っている選手には向いてる採点方法なのかなぁとも。
 
ミキティの4回転チャレンジ…は。巷で賛否両論あるみたいですけど…ね。挑戦した事自体については、今後の糧になるのなら良かったんじゃないかなと個人的には思いますね。
勿論やるからには成功させる気構えで挑んだんでしょうが、練習時の成功率からみて望みは決して高くないという自覚はあったでしょうし…。あの大舞台での挑戦というのはそうそう出来る事ではないんで、それが経験出来ただけでも良かったのかなとは思います(まぁ貴重な代表枠使っての、という問題はあるんですけど…)。
只問題なのは、その後の演技のガタ崩れ様ではないかと…。4回転転倒直後は意外とさっぱりした表情に見えたので、原因は失敗の精神的ダメージだけじゃないのだろうか…スタミナ切れ?いずれにしても、4回転云々を抜きにして安定したパフォーマンスを見せてくれればなーと思いました…。
 
この感動冷めやらぬまま、見ちゃいましたよエキシビション。いやぁ見事でした…天下のNHKアナウンサーでさえ、最後の方はすげーすげーしか言ってませんでした(笑)。ミュージカルみたいな遊び心ある演技にすっかり魅せられましたよー。
荒川さんの滑りも素敵でしたね…うっとり。そしてその選曲が「You Raise me up」…長野から苦節8年の悲願を成し遂げた彼女と照らし合わせ、又涙…。

2006年1月17日 (火)

選抜の行進曲〜。

決まったみたいですね、春の選抜野球の行進曲。昨年唯一のミリオンを叩き出した「青春アミーゴ」(修二と彰)だそうで。まだまだ彼らの勢いは止まらないみたいですね…。

演奏は吹奏楽ですから、当然歌詞は関係ないのですが。でもこの曲と知った時、歌詞もなかなか合ってるんじゃないかな〜と思ったりしました。青春だし!!アミーゴだし!!「地元じゃ負け知らず」のフレーズも、上手く当てはまりそうな気がするんですがね〜。まぁ意味は違いますけど…。

…って、多分そこ迄意図しての選曲ではないと思いますけどね…だって前宇多田ヒカルの「first love」だった年もありましたし…。切ない悲恋バラードで私も好きな名曲ですが、歌詞だけ見れば「最後のキスはタバコのflavorがした」ですからね…当時は驚いたモンです。

そんな宇多田やサザンのバラードも、蓋を開ければきっちり軽快な行進曲に仕上がっているので毎回密かに楽しみです!!アミーゴは割とアレンジし易そうな気がするので結構期待ですね〜。

2005年12月26日 (月)

フィギュア選考…。

今回携帯から送ってみました。 テストで試した事はあったけどまともな記事送るのは初めてです…。 思ってたより気楽に出来そうなんで、こっちも活用したいと思います☆目指せ毎日更新!!

さてさて。トリノ五輪男女フィギュアの代表がようやく決まりましたね。 女子は村主さん、ミキティ、荒川さんだそうで。それぞれ持ち味の異なる方々で、バランス取れてて良いんじゃないでしょうか。個人的には中野さんも楽しみにしてたので、少し残念でした〜。
村主さんの優美な演技は大好きで応援してたんで、とっても期待してます♪
ミキティもやっと念願叶って、久々に自然体の笑顔を見せてくれた気がします。彼女はパワフルさとキュートさ両方持ち合わせているので、トリノでどんなスタイルを見せてくれるのか楽しみですね。

驚いたのが男子の採点。織田君なぁ…あまりにもかわいそうだよなぁ…。要は新システムに移行してれば起こらない(筈)という採点ミスがそれをしてなかった為に起きてしまった訳ですか?よりにもよって代表かかった大舞台で起こるとは。んで導入してなかった理由が「マニュアルが英語だから」って、言い訳が「横文字苦手なんだよね〜」とボケるデーブ・スペクターレベルですよ。トリプルアクセルだのダブルループだのいう言葉が使いこなせるんだからその気になれば理解出来そうな気がするんですけどねぇ。語学に秀でた人たち集めて翻訳部隊結成するとか、システム関係の業者にお願いするとか手はありそうですけど、出来ない事情があるんでしょうか。何とも後味が悪い結果となってしまいました。

とにかく、すったもんだあっても国の代表として選ばれたからには悔いのない演技を見せて貰いたいと思います。選手は悪くないしね。
本番は是非ともリアルタイムで応援したいです…が、トリノって時差どの位なんだろ?ドイツ位?(もう気持ちがW杯にとんでる)だとしたら又コンフェデ杯以来の寝不足な日々が続く事になるなぁ…。