2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生存確認兼本・音楽置場


  • Instagram
  • 音楽
フォト

_

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

感想一覧(随時更新)

現在挑戦中

リスペクト

  • 川の果ての更に果てに
    北欧サッカーを中核に、幅広くスポーツ話や時事問題について語ってらっしゃるブログ様。親しみ易くて思慮深さも感じる語り口が気に入っています♪
  • 千之道(未舗装)
    歴史系の本やゲーム、時代劇等について書いてらっしゃるブログ様。取り上げる作品達が揃ってセンス抜群で、毎回ツボ突かれてますよ~。

最近のトラックバック

通算カウンタ

無料ブログはココログ

カテゴリー「感想記事一覧」の5件の記事

2012年2月12日 (日)

2011年に読んだ本一覧

大変大変ご無沙汰しております。なるとです。
久々に読書状況をまとめがてら、ブログを更新したくなりました~。
昨年読んだ本、読書メーターから一気にまとめちゃおうと思いますshine
 
感想等々は下記の通りでー。
これ見ると、何だかんだで平均月1冊弱は本を読んでた事に驚きました。もっと少ないと思ってたもんでcatface
今年は平均月1冊超えしたいなー。2冊に出来たら良い(大変弱気)

2011年の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3697ページ
ナイス:99ナイス
感想・レビュー:11件
月間平均冊数:0.9冊
月間平均ページ:308ページ

しゃばけ (新潮文庫)しゃばけ (新潮文庫)
序盤は若だんなの身の程を弁えない様に思える振る舞いや、周囲の作中で揶揄されるのも仕方ない位の激甘過保護ぶりにイラついたりしましたが。実は若だんななりに悩みもがいてる部分もあって、それが皆が注いでいる愛情と時折すれ違っていたりして…なんて部分で見直したーと思っている内、物語は尻上がりで盛り上がり面白くなっていき!!後半は一気に読み駆けていきました。続編も読んでみたいな。
読了日:01月06日 著者:畠中 恵
吉原手引草 (幻冬舎文庫)吉原手引草 (幻冬舎文庫)
謎が謎を呼ぶ展開から始まり、あぁこれは全てが明らかになってから評価する内容の作品だなーと思ってましたら。それだけの描き方をしただけある、納得で圧巻のラストでした。ミステリ解決編のすっきりした味わいに、人間の志や哀愁を織り交ぜた終盤の展開は見事です。吉原の世界そのものの描写も綿密で脱帽。
読了日:01月11日 著者:松井 今朝子
KAGEROUKAGEROU
全体的に粗が目立つけど、伝えたい事が伝わってくるだけ物語としては良く作られていると思う。個人的には2/3辺り迄は割と面白く読めた、でも終盤の流れは何か安っぽいドラマめいていて少々残念だったかな。落とし所はキレイだったと思うけど。
読了日:01月22日 著者:齋藤 智裕
玻璃の天 (文春文庫)玻璃の天 (文春文庫)
ベッキーさんシリーズ第2弾。短編3本がゆる〜くつながっていて、最後に「謎」と「真相」が明かされた時アッと思わされます。「幻の橋」で英子と語らった若月少尉との関係も気になるなぁ、次巻も楽しみ。
読了日:01月22日 著者:北村 薫
アイドライジング! (電撃文庫)アイドライジング! (電撃文庫)
かわいい女の子を堪能するつもりで読んだら、それ以上に熱くてじんとくる熱血青春アイドルバトル小説でした!登場人物は女の子だらけだけど、中身は少年漫画並みに熱いです。そして読んでて元気を貰える、勇気がわいてくる、力強くて優しい作品。ヒロインが天真爛漫な頑張り屋さんなんだけど、こういうキャラを嫌味なくかわいく描けてるのも素敵だな~。モモちゃんかわいいよモモちゃん。
読了日:02月24日 著者:広沢 サカキ
スタジアムの感動を!J's GOALの熱き挑戦スタジアムの感動を!J's GOALの熱き挑戦
Jリーグが好きになる1冊。Jリーグ公認のファンサイトとしてJ's Goalがどの様な姿勢で取り組んでいるか、が書かれているのですが、その光景はJリーグの楽しさと切り離せない関係。情熱的で愉快なサポーター、趣向を凝らしたイベント、そして観客を一気に沸かせる熱い試合…こんなに楽しい事があるならもっと色んなスタジアムに行ってみたい!と読んでいて思いました。個人的にはゲーフラ企画とACLの異文化サポ交流が好き。
読了日:04月03日 著者:Jリーグメディアプロモーション編著
平成お徒歩日記 (新潮文庫)平成お徒歩日記 (新潮文庫)
忠臣蔵や東海道や市中引き回し(!)や、時代物好きには馴染み深い舞台を平成の世に歩いて進ぜよう!ってな調子でのんびりわいわい歩いてみせる旅エッセイ。純粋な旅日記と言うよりは「企画もの」としての立ち位置を隠してませんが、こういう場所も実際に歩けるんだ!というとっかかりになって興味深かったです。東海道の現存する松並木は是非歩いてみたいなぁ。
読了日:04月17日 著者:宮部 みゆき
風が強く吹いている (新潮文庫)風が強く吹いている (新潮文庫)
気になってたけど何となく触れずにいた本でしたが、読みだしたら嘘の様に一気読みでした。文字通り爽やかな青春小説。メンバーの8割が陸上素人で大学陸上最高峰の箱根駅伝を目指す!と書くと突拍子なさそうですが、実際は陸上経験者の主人公が最初懐疑的だったりと、わりかし堅実なペースで進んでいきます。やがて深まる絆、好敵手の登場など、ぐんぐん引き込まれていきますね。箱根駅伝好きとしては、箱根路が目に浮かぶ描写もとても楽しめました。
読了日:04月23日 著者:三浦 しをん
夢のような幸福 (新潮文庫)夢のような幸福 (新潮文庫)
オタク女子(所謂BLを好む”腐女子”的な)の赤裸々な日常と妄想を、脳内での高揚感が手に取る様に伝わるテンションで軽妙に綴ったエッセイ集。同じオタク趣味を持つ者としては非常に共感し、また非常に身につまされる内容でした(笑)。好きなものを好き!と開き直、もとい胸を張る姿勢もさる事ながら、それを語り合える友人に囲まれているのが良いものだなぁ~と感じたり。何でも話せる友達は大切にしなくちゃな。
読了日:05月07日 著者:三浦 しをん
秀吉と武吉―目を上げれば海 (新潮文庫)秀吉と武吉―目を上げれば海 (新潮文庫)
瀬戸内の水軍武将・村上武吉が、やがて押し寄せる「天下統一」という大波の中で苦悩し、もがき、意地を見せつつも時代に翻弄されていく様を淡々と描いた良作。内容的に武吉の壮年~老年時代が中心なので、雄々しい海賊衆の活劇というよりも、一国の、宗家の頭領として乱世をどう生きるか―という内面描写に重きが置かれていると思います。それでも序盤の三島団結した力強い海戦や、関ヶ原でもう一花咲かせようと奮起する姿には乱世の武将としての凛々しさを感じます。
読了日:06月05日 著者:城山 三郎
清水次郎長―物語と史蹟をたずねて (成美文庫)清水次郎長―物語と史蹟をたずねて (成美文庫)
再読本。
読了日:06月22日 著者:竹内 勇太郎

2011年に読んだ本まとめ
読書メーター

2007年10月21日 (日)

「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」に挑戦します

バトンとか質問に答えるのが大好きな私。
これ迄も色々あちこちから、面白そうなバトンをかっさらっては1人楽しんでおりましたが(爆)。
 
 
今回も面白そうなので是非ともチャレンジしたい!!と思える質問を見つけました!!
その名も「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」
100の言葉から連想される作品を答えていく、という内容です。
 
量もたっぷりなので、きっと長期戦になるであろう事は予想がつきますが…(汗)。
それでも答えたい!!という気持ちの方が勝りましたので、頑張ってみたいと思います☆
 
 
で、時間がかかる上に順番通りにイメージが湧くかも少々心許なかったもので(苦)。この記事にて質問一式を羅列させて頂こうと思います。
質問に回答した記事はここに随時リンクを貼って参りますので、一覧出来る仕組みになるかと。
記事としては作品名等の紹介に加え、自分なりのひとこと感想も加えたいと思っております。例によって悪い癖が出て長くなったらゴメンナサイ(笑)。
 
 
では、以下に質問の内容を記載しておきます。
この質問に興味持たれた方は、企画元のKUMA様の所よりお持ち頂ければと思います☆
 
 
イメージが結ぶ100の言葉と100の本

001 「初恋」からイメージする本は?
002 「爆笑」からイメージする本は?
003 「待ち合わせ」からイメージする本は?
004 「勝負」からイメージする本は?
005 「手紙」からイメージする本は?
006 「出会い」からイメージする本は?
007 「休日」からイメージする本は?
008 「二人三脚」からイメージする本は?
009 「切ない」からイメージする本は?
010 「もどかしい」からイメージする本は?
011 「公園」からイメージする本は?
012 「学校」からイメージする本は?
013 「双子」からイメージする本は?
014 「友情」からイメージする本は?
015 「日記」からイメージする本は?
016 「秘密」からイメージする本は?
017 「涙」からイメージする本は?
018 「たばこ」からイメージする本は?
019 「お酒」からイメージする本は?
020 「知的好奇心」からイメージする本は?
021 「懐かしい」からイメージする本は?
022 「大迷惑 」からイメージする本は?
023 「ルール」からイメージする本は?
024 「図書館」からイメージする本は?
025 「おいしい」からイメージする本は?
026 「旅」からイメージする本は?
027 「天然キャラ」からイメージする本は?
028 「贈り物」からイメージする本は?
029 「映画」からイメージする本は?
030 「いとおしい」からイメージする本は?
031 「海」からイメージする本は?
032 「空」からイメージする本は?
033 「山」からイメージする本は?
034 「月」からイメージする本は?
035 「虹」からイメージする本は?
036 「雨」からイメージする本は?
037 「雪」からイメージする本は?
038 「光」からイメージする本は?
039 「闇」からイメージする本は?
040 「宝石」からイメージする本は?
041 「森」からイメージする本は?
042 「さくら」からイメージする本は?
043 「猫」からイメージする本は?
044 「命」からイメージする本は?
045 「時間」からイメージする本は?
046 「色」からイメージする本は?
047 「名探偵」からイメージする本は?
048 「連続殺人」からイメージする本は?
049 「館」からイメージする本は?
050 「密室」からイメージする本は?
051 「復讐」からイメージする本は?
052 「毒」からイメージする本は?
053 「無人島」からイメージする本は?
054 「異国」からイメージする本は?
055 「戦記」からイメージする本は?
056 「教授・助教授」からイメージする本は?
057 「中国」からイメージする本は?
058 「医者」からイメージする本は?
059 「宇宙」からイメージする本は?
060 「超能力」からイメージする本は?
061 「魔法」からイメージする本は?
062 「ロボット」からイメージする本は?
063 「神」からイメージする本は?
064 「幽霊・妖怪」からイメージする本は?
065 「絵画」からイメージする本は?
066 「音楽」からイメージする本は?
067 「パソコン」からイメージする本は?
068 「遺伝子」からイメージする本は?
069 「進化」からイメージする本は?
070 「証明」からイメージする本は?
071 「未来」からイメージする本は?
072 「歴史」からイメージする本は?
073 「王」からイメージする本は?
074 「義理と人情」からイメージする本は?
075 「階段」からイメージする本は?
076 「扉」からイメージする本は?
077 「塔」からイメージする本は?
078 「記念日」からイメージする本は?
079 「クリスマス」からイメージする本は?
080 「飛ぶ」からイメージする本は?
081 「スター」からイメージする本は?
082 「田舎」からイメージする本は?
083 「紅茶」からイメージする本は?
084 「手品・マジック」からイメージする本は?
085 「乗り物」からイメージする本は?
086 「約束」からイメージする本は?
087 「人形」からイメージする本は?
088 「バッサリ 」からイメージする本は?
089 「辛辣」からイメージする本は?
090 「艶っぽい」からイメージする本は?
091 「眠る」からイメージする本は?
092 「青春」からイメージする本は?
093 「スポーツ」からイメージする本は?
094 「家族」からイメージする本は?
095 「夢」からイメージする本は?
096 「希望」からイメージする本は?
097 「運命」からイメージする本は?
098 「蘊蓄」からイメージする本は?
099 「読めないってこんなの!」からイメージする本は?
100 「本」からイメージする本は?

 
企画元様→「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」
 
 
 
…ささ、これから回答楽しみまっす!!

2006年10月29日 (日)

作品別ドラマ感想リスト・他ドラマ編(随時更新)

こちらは時代劇以外、のドラマ感想です。
…なんという偏り方でしょうか(爆)。
 
 
全て作品名50音順にてリストアップしています。
 
●連続ドラマ
・「相棒 seasonⅤ」 (2006年・テレビ朝日系)
 第3話「犯人はスズキ」
 第5話「悪魔への復讐殺人」
 第7話「剣聖」
 第9話「殺人ワインセラー」
   
・「華麗なる一族」 (2007年・TBS系)
 第1話
 
・「たったひとつの恋」 (2006年・日本テレビ系)
 第1話「上流と下流の恋」 
 
●単発ドラマ
「おとり捜査官・北見志穂」 (2006年5月放送・テレビ朝日系)
「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い 第1部」 (2006年・日本テレビ系)
「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い 第2部」 (2006年・日本テレビ系) 
「古畑任三郎ファイナル よみがえる死」 (2006年・フジテレビ系)
「弁護士 灰島秀樹」 (2006年・フジテレビ系)
ドラマスペシャル「味いちもんめ」 (2011年・テレビ朝日系)

●海外ドラマ
・米ドラマ「SUPERNATURAL」
 第1話「悪夢のはじまり」 
 
●その他
Mステ恋うたランキング (2006/1)
「俊輔+10」&「デルピエロ+10」のCM!! (2006/2)
「歴史ミステリー 龍馬の黒幕」 (2006/2)
・サラリーマンNEO (2006/4)

作品別ドラマ感想リスト・時代劇編(随時更新)

ドラマ感想リストも増えてきたので、ここらで作品別にリストアップし始める事にしました。
記事が上がる毎に、随時こちらのリストにも反映させていきます。
 
「ドラマ」で一括りにしようかと思ったのですが…連続して観ているのは時代劇が圧倒的に多かったので(汗)。リストも分けます。
只、諸事情で抜けてる回も多々ありますので…(不親切)。申し訳ない。
 
先ずは連続・単発の時代劇作品。作品名50音順です。
●連続時代劇作品
【慶次郎縁側日記3】 (2006年・NHK)
 第1回「峠」
 第3回「三姉妹」
 第5回「可愛い女」
 
【次郎長 背負い富士】 (2006年・NHK)
 第2回「涙の別れ」
 第7回「石松代参」
  
【新・はんなり菊太郎~京・公事宿事件帳~】 (2007年・NHK)
 第1回「三年ぶりの京」
 
【新桃太郎侍】 (2006年・テレビ朝日系)
 第1話「天に代って鬼退治!! 鬼より恐い母の愛」

【太閤記 天下を獲った男・秀吉】 (2006年・テレビ朝日系)
 第1話「藤吉郎…信長が愛でた最高の“道具”」
 第2話「美濃攻略~墨俣築城~竹中半兵衛との出会い」
 第3話「お市の輿入れ~信長、上洛の野望~浅井長政の裏切り」
 第4話「金ヶ崎の退き口~浅井攻め・お市の救出~羽柴秀吉へ…」
 最終話「本能寺の変~光秀討伐~清洲会議~賤ヶ岳の戦い」
 
【ちいさこべ】 (2006年・NHK)
 第1回「大工魂」
 第2回「大吉」
 第3回「願い事」
 第4回「絆」
 第5回「明日への夢」<終>
 
【八丁堀の七人 最終シリーズ】(2006年・テレビ朝日系) 参考:<カテゴリ>八丁堀の七人
始まる前にシリーズについて語る
 第1話「八兵衛左遷!鬼与力が北町を分断!?」
 第2話「消えた七人!? 妖艶な女将が仕掛けた罠!!」
 第3話「紫頭巾の人妻!乱れた調書に殺しの爪痕」
 第4話「張り込まれた女!? 過去からきた脅迫者!!」
 第5話「浴槽の死美人!左門に連続殺人の疑い!?」
 第6話「黒沢左門死す!! 江戸を火の海にせよ!」
 最終回直前スペシャル「隠密同心と賊の娘」
 第7話「ついに完結!さらば七人!!江戸城乗込み」<終>
 
【名奉行!大岡越前 第2部】 (2006年放送分・テレビ朝日系)
 第1話「五つの顔を持つ女」
 第2話「夢裁き」
 第4話
 第5話 
 
●単発時代劇作品
【明智光秀~神に愛されなかった男~】 (2007年・フジテレビ系)
【鬼平犯科帳スペシャル 兇賊】 (2006年・フジテレビ系)
【河合継之助~駆け抜けた蒼龍・北国にいたもう一人の坂本龍馬】 (2005年・日本テレビ系)
【白虎隊】第一夜(2007年・テレビ朝日系)
【風林火山】 (2006年・テレビ朝日系)

 
●その他
大江戸捜査網とお助け信兵衛と銭形平次の話!!
07年新春時代劇について(観賞前)

 
 
続いてNHK大河ドラマ感想。こちらは放送年の新しい順です。
●大河ドラマ   参考:<カテゴリ>大河ドラマ
 
【風林火山】 (2007年)
 第1回「隻眼の男」
 
【功名が辻】 (2006年)
 第1回「桶狭間」
 第2回「決別の河」
 第3回「運命の再会」
 第4回「炎の中の抱擁」
 第5回「新妻の誓い」
 第6回「山内家旗揚げ」
 第7回「妻の覚悟」
 第8回「命懸けの功名」
 第9回「初めての浮気」
 第10回「戦場に消えた夫」
 第11回「仏法の敵」
 第12回「信玄の影」
 第13回「小谷落城」
 第15回「妻対女」
 第16回「長篠の悲劇」
 第17回「新しきいのち」
 第18回「秀吉謀反」
 第19回「天魔信長」
 第20回「迷うが人」
 第21回「開運の馬」
 第22回「光秀転落」
 第25回「吉兵衛の恋」(記事タイトルの「24回」は誤り)
 第26回「功名の旗」
 第32回「家康の花嫁」
  >>32回迄の内容から今大河の女性像について語る
 第35回「北条攻め」
 第36回「豊臣の子」
 第37回「太閤対関白」
 第38回「関白切腹」
 第39回「秀吉死す」
 第41回「大乱の予感」
 第42回「ガラシャの魂」
 第43回「決戦へ」
 第47回「種崎浜の悲劇」
 第48回「功名の果て」
 最終回「永遠の夫婦」
  >>総括
 
 

2006年10月14日 (土)

作家別・読了本感想リスト(随時更新)

いつの間にやら読書記事、それなりにたまって参りましたので。同時に自分の頭も整理し切れなくなり始めましたので…(汗)。
今後は読書記事が上がる毎に随時、こちらのリストにも反映させていきたいと思っております。
著者&作品名が、そのまま感想記事にリンクしておりますので。「長文レビュー予定」とあるのは、いずれ長々語りたい注目本マークです…!!(言ってからかなりの月日が経ってるのも多いですが…気持ちだけは…!!)
<「○月に読んだ本」内収録>と脇に書いてある本は、月別読書録にて書き上げた短文感想のみのアップです。ご面倒ですが記事内スクロールでご覧下さい…(汗)。
 
 
頭に★のついている作品は、個人的オススメ本です♪
●国内作品
【あ行】
池波正太郎著「決闘高田の馬場」(『武士の紋章』収録)新潮文庫
石月正広著『笑う花魁 結わえ師・紋重郎始末記』講談社文庫 <「2006年10月に読んだ本」内収録>
宇江佐真理著『卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし』講談社文庫
宇江佐真理著『室の梅 おろく医者覚え帖』講談社文庫 <「2006年3月に読んだ本」内収録>
内田康夫著『後鳥羽伝説殺人事件』角川文庫 <「2006年5月に読んだ本」内収録>
内田康夫著『幸福の手紙』新潮文庫 <「2006年4月に読んだ本」内収録>
内海慶一著『ピクトさんの本』BNN新社
遠藤周作著『宿敵(上・下)』 角川文庫 <「2007年6月に読んだ本」内収録>
遠藤周作著『沈黙』新潮文庫 <「2006年3月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…
大崎梢著『配達あかずきん』東京創元社 <「2007年5月に読んだ本」内収録>
恩田陸著『ドミノ』角川文庫

【か行】
海音寺潮五郎著『剣と笛』文春文庫 <「2006年1~2月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…
北方謙三著『三国志』 一の巻 天狼の星 角川時代小説文庫
北方謙三著『三国志』 二の巻 参旗の星 角川時代小説文庫
北方謙三著『三国志』 三の巻 玄戈の星 角川時代小説文庫
北方謙三著『三国志』 四の巻 列肆の星 角川時代小説文庫
北村薫著『空飛ぶ馬』創元推理文庫 <「2007年5月に読んだ本」内収録>
木村元彦著『オシムの言葉-フィールドの向こうに人生が見える』集英社インターナショナル <「2006年6~8月に読んだ本」内収録>

【さ行】
佐々木譲著『黒頭巾旋風録』新潮文庫 <「2006年3月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…
佐藤大輔著『皇国の守護者(1) 反逆の戦場』中央公論新社 <「2007年下半期に読んだ本」内収録>
司馬遼太郎著『功名が辻(一)』文春文庫 <「2006年1~2月に読んだ本」内収録>
司馬遼太郎著『功名が辻(二)』文春文庫 <「2006年3月に読んだ本」内収録>
司馬遼太郎著『功名が辻(三)』文春文庫 <「2006年4月に読んだ本」内収録>
司馬遼太郎著『功名が辻(四)』文春文庫 <「2006年11月に読んだ本」内収録>
・Jamais Jamais著『B型私の説明書』『A型私の説明書』 文芸社
 →B型とA型の説明書として一括感想

【た行】
田中啓文著『ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺』集英社文庫
田中啓文著『ハナシにならん! 笑酔亭梅寿謎解噺2』集英社
陳舜臣著『中国畸人伝』 新潮文庫 <「2007年6月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…

【な行】
永井路子著『一豊の妻』文春文庫
新田次郎著「まぼろしの軍師」(『武田三代』収録)文春文庫

【は行】
帚木蓬生著『国銅(上)』新潮文庫 <「2006年9月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…
帚木蓬生著『閉鎖病棟』新潮文庫
坂東眞砂子著『善魂宿』新潮文庫
半村良著『戦国自衛隊』角川文庫 <「2006年1~2月に読んだ本」内収録>
藤沢周平著『消えた女 彫師伊之助捕物覚え』新潮文庫 <「2006年4月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…
・藤沢周平著『春秋の檻 獄医立花登手控え(一)』講談社文庫
        『風雪の檻 獄医立花登手控え(二)』講談社文庫
        『愛憎の檻 獄医立花登手控え(三)』講談社文庫
        『人間の檻 獄医立花登手控え(四)』講談社文庫
 →「檻」シリーズとして一括感想
藤沢周平著『橋ものがたり』新潮文庫 <「2006年5月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…
藤沢周平著『驟り雨』新潮文庫 <「2007年5月に読んだ本」内収録> ※長文レビュー予定…
藤沢周平著『本所しぐれ町物語』新潮文庫
藤原眞莉著『夢の痕 美濃姫異伝』コバルト文庫 <「2006年3月に読んだ本」内収録>

【ま行】
町田康著『パンク侍、斬られて候』角川文庫
松岡圭祐著『催眠』小学館文庫 <「2006年6~8月に読んだ本」内収録>
松岡圭祐著『千里眼』小学館文庫 <「2006年5月に読んだ本」内収録>
峰隆一郎著『虚陰十郎必殺剣』廣済堂文庫 <「2006年11月に読んだ本」内収録>
諸田玲子著『お鳥見女房』新潮文庫

【や行】
山本一力著『背負い富士』文藝春秋 <「2006年5月に読んだ本」内収録>
山本一力著『深川駕籠』祥伝社文庫 <「2006年6~8月に読んだ本」内収録>
山本一力著『お神酒徳利―深川駕篭』 祥伝社
 
【その他】
『お江戸探訪 「忠臣蔵」を歩く』実業之日本社
 
 
◆海外作品
【B】
Burclay, Patrick/中島英述訳『ジョゼ・モウリーニョ 勝者の解剖学』宝島社 <「2006年6~8月に読んだ本」内収録>

【C】
Caioli, Luca/堤康徳監訳『ロナウジーニョ The Smiling Champion』ゴマブックス <「2006年6~8月に読んだ本」内収録>

【D】
Doyle, Sir Arthur Conan/延原謙訳「青いガーネット」(『シャーロック・ホームズの冒険』収録)新潮文庫
Doyle, Sir Arthur Conan/延原謙訳 「オレンジの種五つ」(『シャーロック・ホームズの冒険』収録)新潮文庫 ネタバレ有!!
Doyle, Sir Arthur Conan/延原謙訳「ボヘミアの醜聞」(『シャーロック・ホームズの冒険』収録)新潮文庫
Doyle, Sir Arthur Conan/延原謙訳「白面の兵士」(『シャーロック・ホームズの事件簿』収録)新潮文庫

【M】
Meyer, Stephenie/小原亜美著『トワイライト1 愛した人はヴァンパイア』ソニー・マガジンズ <「2006年11月に読んだ本』内収録>
 
 
◎年間マイヒット本
2006年
2007年